日本に戻ってなつかしいのは、このHugs & kissesです。アメリカにいれば近い距離の友人たちとは、常にできる挨拶なのですが、日本ではあまり一般的でもない・・・。しかも生徒さんと距離をそこまで縮められるようになるには、けっこうな時間がかかるのです。一部、長い生徒さんたちでやってくれる人はいますけども、みんなってわけにはいかず、ちょっとしたスキンシップでも日本ではあまり普及しないものですね。

カードや手紙、メールなどで表記するときには、

Hugs and kisses 
O=Hug 
X=Kiss 
If you look at each letter like it was representing two people from a bird’s eye view, the “O” represents the arms of those persons hugging each other while the “X” is evocative of two people kissing each other.

で表します。

でもわからないのが順番で、みんなはXOXOって表記するんですよねぇ。私はOXOXってこの順番通りにしちゃうんです。が、誰にも間違いだと指摘されることはなく、That is a natural orderなどと言われたこともあります。

ここのところ、神戸在住のGhanaian(ガーナ)の友人が東京の東京医科歯科大&東京外語大で教鞭を取っているので、毎週2泊するのです。彼が定期的に来るようになって、Hugs & Kissesが復活し、とても満足しています。ついでにそれを見た母まで、彼とはHugはするようになりました。慣れってすごいですよね(笑)。が、彼女は私とはするものではない、と思い込んでいます。

人間とできない時期には、猫たちとやっていましたが、やっぱり大きさも違うし、相手からSqueezeされる感もないので物足りないですよね(笑)。5匹いた猫が1匹になってしまい、この8年の歳月の流れも感じています。

sweet-love-hugs-and-kisses

Hugだけでもいいので、みなさんの廻りで流行らせていただけないでしょうか?なぜならば、心と身体にとってもいいのですよ。日本は大人になると性的なスキンシップ以外のものは、握手やその他に限定されてしまうのですが、すごい効用なのでやっていただけたら、と思うのです。

http://matome.naver.jp/odai/2141179361973696901 

すごくないですか?ぜひとも生活に取り入れてくだされませ。