物事を冷静に振り返る「機会」にそのチャンスをきちんと前向きにつかみ取るのか?それとも何やら都合が悪いーたとえば時間がない・自分の過去に嫌な思い出がある・必要ないと思い込んでいる&思い込んでいたいーなどの理由で、振り返りをあまりしないことも多いのかもしれません。

生き方として、「あたし/オレの人生に後悔なしっ!振り返りは時間の無駄!」という潔さならば、それはそれでアッパレなのですが、あまり有効ではないので、たまには振り返ってもらいたいです、ええ。

Precious One English Schoolは英語スクールなので、英語についての振り返りをうーんとしてもらいます。そして、実際に受講してもらうことになって、心理でいろいろと質問をしまくるのですが、そのときに、「なぜに考えてこなかったの?」と改めて聞きなおすことも多いのです。たとえば、語彙/Vocabularyは必須課題と思い込んでおり、イチバン最初に語彙を増やす目標を立ててしまい、英語学習をしている方々はたくさんいらっしゃいます。が、そんな不自然なこと・・・(汗)と解説すると、みなさんよく理解してくださるのですが、なぜ、中学や高校時点でそのことに気づかなかったのでしょうか?そうした「間違った思い込み」は、英語だけでも相当数あり、Precious One English Schoolでは、中高で学んだことや、その後、英語スクールで正々堂々と語られていることの、約半分くらいの認知(脳で理解し、正しく入れ込んである情報)を変更していただいております。さらに、「ええええ!まったく考えたことがない」というたくさんの遭遇もしていただいております。みなさんのびっくりマーク顔をお見せしたいくらいです。

繰り返し、フツー・上等・極上だと思い込んでやり続けてきたことが、実はまったく明後日の方向だったことが、あったら怖い、よね?

なので、振り返りはとっても重要なのです。

当たり前・フツー・常識と受け止めていたことをひっくり返すのは、とても難しいです。なぜならば、ヒトとしてしっかり生きてきたはずの自分の「部分」を「ごめん!間違っていました!」と認めなければならぬプロセスだからです。そのメカニズムも含め、英語スクールなのに、丸ごとレッスン展開しています。

そして私自身、気づきも多く、自分の人生を振り返る機会も多く、みなさまといっしょにまたもや成長機会をいただいております。昨今の緊迫したテーマになってしまったものは、「エクササイズ」です。肩こりや腰痛などをどのように予防するか?というのが緊急テーマなのでした(笑)。他の健康課題に関しても優先順位がつきましたが、宴会の季節に突入するので、またも振り返り、順番が変わる可能性もあります。

2016年に向けて、そろそろ振り返りの準備を!

fate