あなたは自問自答が癖になっていますか?脳を発達させることにより、心躍る瞬間を多くすることにより、いつまでも若く生きていけることを昨日書いてみました。それに有効なのは、自分に質問を投げかけ、それにしっかり答えること。途中でやめてしまってはいけませぬ。

問題は、好奇心レベルがそもそも低いと、疑問を持つことがないので、そこはハードルが高いです。好奇心のテストは、きちんとした心理学に基づいたものがいいのですが、なければちょいとオンラインで探して試してみてください。性格テストでも出てくるものがあります。Big Fiveというのが主流です(私が実際にUC Berkeleyで教わったDr. Oliver Johnの作ったやつがいいと思います)。

http://psychology.berkeley.edu/people/oliver-p-john 英語版

http://www.sinritest.com/bigfive01.html 日本語版

今見てみると、やはり日本語版は短いので、あまり正確なものが出ない可能性もありますが、だいたい大丈夫だと思われます。

人の自己実現の中の重要なひとつに、「問題解決能力」が高いというものがあります。問題を問題として受け止めず、そのまま放置している傾向が強い場合、いつかそのコンビネーションが襲い掛かり、大問題となって表象化することがあり、病気・離婚・失職や転職・人間関係などなどで、躓いてしまう原因となるわけです。なので、ちょいとでも???と思ったことは、考え抜くことにより、一石二鳥な結果となるわけです。

問題解決能力を教えている講座もたくさんあります:http://www.lt-empower.com/solution/ 方向性はとっても正しいと思うんだけど、高い(汗)。しかも3講座もある・・・。

http://www.lifehacker.jp/2014/09/140916problem_solvers.html

なんだかとっても難しく書いてある・・・。

子どもの頃からしょっちゅうやってたことを、まず再開してみてください。「なんで?」に気づき、それに自分で答える。わからなくても投げ出さないで、百科事典やらネットで調べるか、人に訊いてみる。でも、自分の考えもしっかり持つ。答え合わせになるような調べ方にしておくことです。予測することが当たっていくことにどんどん気づいていくのです。

1日1個?を解決したら、365個の進歩。5個解決しちゃったらすごくないですか?と言いながら、私も毎日やっています♪

curiosity-killed-the-catCAT