昨日のぬり絵の極意で書いたように、すべてに共通することとして、「目の前にある作品に対峙して楽しむこと」は、当然英語にも当てはまります。もう少し言い直すと、「目の前にある英語に関連することに対峙して楽しむこと」です。

日曜日(13日)に体験レッスンをしてくださった方がいらして、すぐにその場で入っていただくことになったのですが、多くのみなさんの参考になるかもしれないので、ぜひとも書かせていただきます。

  • 英語が話せるようになりたい!という気持は人一倍あったので、いろいろな学校に行ったり、カフェレッスンをしたりした
  • それでも、まったく進歩しているとは思えないまま、英語ができるようになった人の本をたくさん読んだ
  • 英語は難しすぎて、自分なんかには出来る気がしないと思っている
  • やればやるほど、何が正しい英語勉強法なのかわからない
  • 日本語を書いて、英語に直す
  • Nativeではない人とメール交換。が、とても時間がかかるので1ヶ月に1回程度になってしまっている
  • なぜ自分が、英語が好きで、英語にこだわっているのか、はっきり明確になっている答えはない
  • すでに本気になってから5年経っている
  • 物事を深く考えてきたつもりでいたが、実際にはあまり考えてきていなかった
  • とりあえずは、とても易しい中学レベルの本を1冊こなそうと決めて、買ったが、まだ手をつけていない

などなどということを、レッスンの冒頭でいろいろ話していただきました。その後、無料体験レッスン開始。上記のことに関する細かい事象や、心持ちなどは、さらに付け加えられていったのです。みなさんは、この中で当てはまることはありますか?

Precious One English Schoolは、すべて解決いたします。独学の準備というのが、心理レッスンの最初にあるのですが、そこでそもそも、「価値のないものにお金を出すな!」ということを学んでいただいております。なぜこんなことが言えてしまうのか?というと、方法論に自信があるからです。実際、通っていただいている生徒さんから、伸びないという理由は、自分の工夫が足りない、時間が調整できない、意志が弱い、疲れているから、英語とは別のところで問題が起きている、等以外にはなく、そのノウハウはいろいろ披露しているので、みなさん通い続けて進化し続けております。

何度でも取り放題!ということにより、レベル設定をせずとも、同じことを学ぶ中で、どの程度の進化なのか?で、誰かと激過酷な競争心を燃やす必要もないですし、心理レッスンで、他者を羨むことや、他者と自己の距離感なども学びますので、楽しいことやポジティブなことに着目していけるようになります。

TOEICや英検レッスンなどでも教えるのですが、選択肢が多いものから選ぶことができないまま、たくさんのものを雑多に読み、知識を得て、真逆のことについてどう処理していくのか?という技術や経験がないまま、大金を投入し、時間を掛けていくのは無駄が多すぎます。ですので、その知識をどのように眺め、どのように分類し、どのように評価し、どのように自分に合わせていくか?を、心理レッスンで学んでいただいています。

日本語は日本語で、英語は英語で、という態度を貫いていけるような方法を最初から採用しているので、時間が大幅に短縮され、脳の形状すら変わってきます。物事を深く考え、細部最深まで行き届くような状態に持っていける道筋を、しっかりと知識として植えていただき、その後、行動化して応用の幅をどんどん広げていただいています。

レベルが違う人を分けなければ教えられないことがあるか?と問われたら、英語のレベルはあまり関係ないです。興味対象や活用法などにより、少し変わることはあっても、ABCさえわかっており、義務教育内で英語を学んできた場合においては(でなければ現代の日本においては法律違反でもあるので)、すべて英語基礎コースでカバーできます。その後、どのように英語を使いたいのか?という個体差が出るため、道が分かれますが、究極目標は、今の自分の日本語の80%ほどの英語が使えるようになる!です。

通学していただき、お金・時間・情熱を傾けていただいて英語を学ぶのは、2年以下とさせていただき、その後の個体差が大きいところは、みなさんに独学で生活圏内に英語を潤沢に入れていただけるようになったら、OGやOBとして、高度なものや新しいことでご活用していただければ、と考えています。

最も速い人は、8ヶ月半の英語基礎コースが終わったところで、OG&OBになっていただけ、英語圏で実際に生活していきたい!という方々であっても、3年を超えることはほぼありません。私と友だちでいたい、という方は除きます(笑)。英語スクールには、3年も5年も10年も通う必要はないんですよっ!正しい独学法さえ身につければ、あとは自力で生活の中に自然に英語が入っているはずです。

暗記や根性や気合、問題集を数こなす、休日返上をして週に最低10時間ほど、など、要るはずがないのです。ヒトという生物に最も適した自然な形で、それにちょいとした工夫を施すことにより、いつしか英語がSecond Natureになるように、必ずなれます。

新しく入っていただいた生徒さんがどのくらい進化したか、ご報告できるのを楽しみにしています♪

同じように体験したい方はこちらから:無料体験レッスンお申し込み4koma お待ちしております!