私は時間に追われる生活がイヤでイヤでたまらず、それでも、キリや際限なく、時間がない世界に生きるわけにもいかないことには気づいており、どうしたものか?と考えながら、心理レッスンでは、13個目に「時間管理」という項目を入れています。時間管理は、心理レッスンで学ぶほぼすべての意識・認知・成長段階での躾や、信念などが入り混じったもので、あらゆるスキルを必要とし、実現するのはなかなか難しいわけです。なので、15番目中、13番目という遅いところに位置しています。

私の場合、かなり早い時期に、物事を素早くパパっとやる、ということがマスターできたようで、今もやること満載になったときに、「簡単に片付くもの、でも量が多いもの」からやっつけることにより、負担感がごっそり減り、やる気が充実してきて、成功体験が割りとすんなり得られます。

とはいえ、時間が掛かるのは、写真素材を探すことや、それを貼り付けたり加工することで、たぶん、デザインや美術に関しての不得意意識がそれを助長している気がします。なので、最近では、Blogに添える写真は、2つか3つが英語の言い回し、としており、アイキャッチ(Wordpressを使っているのがバレますね・・・笑)は象徴的なイメージ画、と決めてしまったら、けっこう時間が短縮できています。とはいえ、問題はHP用のトップや表紙に使うもので、Blogよりも重みがあって、コレはとても負担感があります。

本日はこのあと、名刺のオーダーをせねばならず、この名刺づくりが面倒(笑)。細かい仕事がダメなんでしょうねぇ・・・。色・フォントくらいならなんとかなるんですが、合わせたり、揃えたり、厳密さを要求されるものがとっても苦手です。遅延したくなります:Procrastinationと呼びます。でも、がんばるよ (・・;)

レッスンは60分なのですが、トイレは自由に行っていいことになっています。飲み物もまったくOKです。むしろ、1日に2リットル以上の水分を摂取していただきたいので、歓迎です。ノートの取り方等にも決まりはないですし、制限はないかな・・・。とはいえ、てんこ盛りの内容を60分で、披露するだけではなく、理解していただくようにする、というのが、最初のうちは慣れませぬでした。どこかにやたらと時間を費やしてしまったり、そのためにこっちのほうが大切だと誤解を与えてしまったり、思わず端折ってしまったり、などなど、毎日この60分で反省していました。

2016年3月現在、最も教えた回数の多いレッスンは、おそらく時制で、これについてはもう100回は超えていますが、未だに楽しい(笑)。が、楽しんでいるだけの場合ではなく、時間に追われぬようにして、内容を濃く、グラデーションをつけて、メリハリをもたせ、重要ポイントの繰り返しやら、体感を確かめる術などを入れ込み、きっちりとした時間に終わる、というのが肝心なのです。

特にまずいのは、心理レッスンでは、相談や具体例が出てきたときに、それをナシ、と切るわけにはいかないので、それについてちょいと発展版を考えてしまうと、なかなか伝わらず、時間が掛かってしまうことも大ありなのです。

とはいえ、今は自分の時間の使い方はかなり好きですね。お休みがまとめて取れればもっといいのですが、今のところはこの時間の使い方で、しばらくやっていこうと思っています。土日は朝の8時から10時にスタートして、18時か19時まで、お休みはほぼなくやっているのですが(たまにお休みが入るとものすごくラッキーな気分で、それはとってもうれしいのです♪)、平日が疎らで、テキストづくりや事務仕事、Blog記事保存に追われており、なかなかぐだーぁぁぁっと休めないですが、今のところはとってもいい感じです。

みなさんは、時間に追われておりませんか?時間をちょちょいとうまく使えるようになるといいです!

time1 time2 time3