自分の大切なものもわからないほどに忙しい暮らしはしていませんか?やるべきことに追われ、ちょっと空いた時間には、身体や心を休めることで手一杯。リラックスするために飲んだり、出かけたり、買い物をしたり、と思いきや、実はそれがさらにストレスや健康のために、あまり大改善にはなっていない・・・というような暮らしでは、健康貯金は目減りします。

健康かどうか、ゆとりがあるかどうか、を確かめるには;

  1. 自分の大切なものを大切にできている状態かどうかチェック
  2. 自分の大切な人の大切なものを、自分も大切に扱っているかどうかチェック

気になっていて仕方がなかったゲームや本、洋服など、買っても使っていなかったり、しばらく使って飽きてしまったとしたならば、それは、実はあまり大切なものではないのでしょう。

私の物欲は、ここ20年ほどでほぼZEROに等しくなってきており、もしも引っ越すとなったらスーツケースには入ってしまう感じでしょうか。いや、ダンボールで旅行するのでダンボール1箱くらいでしょうか?(笑)メモリスティックやKindle本の他、印鑑やらATMカード等のID関連以外では、気づくとステンレスの耳かきとシャーペン(1.3mmの太いやつ)くらいなもんでしょうか (・・;) メンタムリップなどの消耗品は、消耗目的なので移動した場所になければ準備しますが、そうでなければいいか・・・。

そして、私の大切な人の大切なものを、しっかり胸に受け止めて大切に扱えているかどうか?をチェックしています。難しいのは母ですね・・・。彼女は物品が多すぎてどれが彼女にとって大切なものなのか、非常にわかりづらい(笑)。なので、タッチしないことにしており、それがせめてもの尊重です。食器などもどれを愛おしく思っているのかまったく、さっぱりわからないので、my mugやmy glass以外はあまり触らないようにしており、お箸・茶碗など以外は、量産品の廉価品をわざと使うようにしています(笑)。

どうやら彼女が大切にしているのは、私との時間なようで、なるべく話したいとは思うのですが、ここのところ累積し続けている Things to do(やらねばならぬこと)が膨大すぎて、あまり話ができていません。いっしょにごはんを1食は食べるように心がけてはいるのですが、それもままならぬときには、彼女が隣にちょこんと座っているのに気づきます。一生懸命、丹念に作ってくれたごはんの内容物について話すと、彼女はとっても上機嫌になります。自分のしたことをこれほど歓んでくれる、という実感が、今の彼女の大切なものなのだということがわかります。そこでくっついてくるのは、ネコのさくらの悪態報告(笑)。多頭飼いしていたのにやはり最終的にひとりになってしまった彼女は、ここのところわがまま三昧で、食べない・振り向かない、そのくせにまたもや要求、鳴きまくり、が多いらしく、それも毎日数分報告があります(笑)。このレポートは私のそのあとのさくらの扱いにも影響があるので、とっても助かっています。

配偶者とは離れて暮らしていますが、ここのところ老いた義両親の介護問題で心を傷めています。物理的な時間が足りないことなどもあり、それについてしっかり対峙することは、ゆとりがないように見えるスケジュールでも心がけています。彼の健康がイチバンの懸念ですが、その次がコレですね。

人としてダメダメにならないように、このチェックだけは日々怠らないようにしています。みなさんはいかがですか?

 

大切2 ハートの贈り物 大切3