ここでは、ラーメンを差別するものではないのですが、ちょいと横にいてもらいます。和風という出汁で、似たメニューなので、麺選びで、うどんにするか、そばにするか、という悶絶加減について(笑)。

私個人は、調布市深大寺のすぐそばで育ったので、自然とそば派なのですが、日本に戻ってきて、全般的に日本人の味が甘くなっていることに気づき、たまに食す深大寺そばも、よそよりは甘さ抑えめにせよ、甘くなったなーと感じます。

うどんは噛みごたえがある讃岐うどんを、そのままぶっかけスタイルで食べると確かにおいしいんですが、そして、あの炭水化物の多さに関して、たいへんな罪悪感を伴いつつも食すのが、醍醐味といえば醍醐味なんですが、やはりおそばのほうがいいかなと思いつつ、おそばを選んでも、心が少しだけうどんに残ってしまうようなこともアリ(笑)。

やっぱりうどん好きのほうがこのサイトは多い N=100名

ダイエットや栄養面でいくと、おそばに軍配があがるようです:

うどんとそばの栄養価

けれども、このサイトでは「茹で上がりの量でのカロリーを重視」 うどんのほうが1人前の量はカロリーが少ないらしい (・・;) http://news.selfdoctor.net/2014/03/25/1965/ 

1500名調査でもうどん派のほうが多い。割合はやっぱりこのへんで定着するのかも。

USで、ひとりでうどんを作ることはできたのですが、そば打ちはできなかった・・・。ゆえに、この滞在中に(って、すっかり帰る気持でいる・爆)、そば打ち修行をするべきだ!と自分に課しているのです。少数側のそば好きとしては、やはり自力で作るしかない。でないとUSでは乾麺・ゆで麺・生麺タイプは食べられても、生麺そのものはきっと食べられない、と観念しているわけです。

しかも、私は、おそばは断然冷たい派なのです。冬でも、年越しでも、すべて冷たいものを食す。たまーに、温かいおそばを食べるときには、カレー南蛮かな・・・。だから塩味は鈍化するんだけど、質感や味そのものは鋭敏化するんでしょうね。

おうどんは、けっこうどっちでもいい派(笑)。しかもお鍋のあとに入れるんだったら、勝手にして派なのです。書いていたら食べたくなってきた(笑)。このへんで♪→ きっとこのあと食べる(笑)。そして結果は食べた(笑)。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

udonsoba4 udonsoba3 udonsoba2