当初12名の予定だったのですが、9名にしました。クラスルームのレイアウトやカメラワークなどを考え、まんべんなく撮れたほうがいいためや、12名がみな話すとなると1時間のレッスンがかなり伸びてしまうという理由などがあって、さらにインタビューをそれぞれの方に問いかけたときに見ている方々が親近感や、自分に似た考えを見いだせるといいなという願いを込めたため、あまり多いとよろしくないのかなぁとも。まぁ、3名の差なのですが・・・。

個人的な理由ではあるのですが、私は3という数字がかなり好きなことと、グループワークするのに3名ずつ3グループというのが、かなりいい感じなのです。

4か月という短い期間で、1年分を学んでいただくわけで、それなりの体力と気力の消耗もあるでしょうが、カメラマン(Steve)が危惧しているのが、Drop out の割合です。「どんなスクールでも途中で脱落してしまう人がいるのではないか?というのも撮れてしまうけどいいの?」と、先日打ち合わせの際に質問があったのですが、私個人はいいと考えています。丸ごとドキュメンタリーです。家族に何かがあったら、残念でも脱落するのはアリですし、気力や時間管理ができなくなって継続が無理!となってもアリですし、心理レッスンを入れている醍醐味を入れてもらえるのはいいと思うのでした。

そもそも英語だけに限らず、どんな学習でも、心が整っていることや、生活そのものにどのように取り組んでいるか?というのが土台になっており、それらをがっつりしっかりとした上で学ぶことを進めたほうが、成果は確実に上がります。時間はかなりTricky(手ぎわを要する、扱いにくい)もので、生きている限りこの時間との闘い?は続くので、この法則性やコツを身に着けてもらえれば、英語だけではなく、今後何にでも使っていただけるので、コレが大切だと考えているのですね。

それが撮れたらすごいじゃないですかー。そして、参加してくれる生徒さんみんなが、自信を以って突き進めていけて、開始前よりも倖せ♪と思えたら、そんなにすごいDVDはないですから。宗教などの心と頭の中だけではなく、成果物と共に見ていただけたら、本当にいいことだと思えるのです。

すでに参加者の生徒さんたちのことがかなり楽しみで、ひとりひとりがどのくらい伸びていくのか、Anticipationでドキドキです。あと1週間ほどで開始されます。私にはまだまだやること・準備がたんまりありますが、Blogも毎日アップしないとね (・・;) しかもご新規の生徒さんも入られたり、別会社の仕事もあったり、夏休みのため小学生が来てレッスンをしたりして、Hecticすぎる日々です。Dropoff dropoff2 dropoff3 dropoff4 dropoff5

ああああ、ジムに通えぬ・・・。この撮影と共に徐々に見た目がすっきりする予定なんですが、ここを整備できるようにがんばらないとね (・・;)