私が生きている中、やることで一番好きなのは眠ることなのです。その中でも最も好きなのが、あの眠りに落ちる瞬間で、戦ってみたとしても抗えず、ひょんと寝ている感じ。あれ、すごくいいです。眠りの質が悪く、浅すぎる時間が続くと、すこーんと深くならないのですが、そうでなければ、まぁ、あの瞬間の無防備なこと(笑)。

自分のその瞬間が好きすぎて、猫たちが眠る瞬間を見るのも好きですねぇ・・・。今はもう1匹しかいませんけども。赤ちゃんが眠くて眠くて、それでも抗っているような瞬間を見るのもとても好きです。ものすごい共感度合いで、どうしてよぉぉぉ!と想いながら眺めてしまいます。

毎日1回、昼寝をするときには最近ではマッサージチェアで1回、合計2回ほど、あの瞬間が訪れるのですが(4.5時間や6時間では足りないときには、肩こり緩和のためにマッサージチェアを職権乱用しているので)、あんなに気持ちいいことってあんまり他にないかも(笑)。

眠りのヨロコビ

これをじっくり読むとわかるのが、ぐんぐん落ちる感じが好きなんでしょうねぇ。その入り口では、これからトロッコに乗って、インディジョーンズ張りの冒険に出るよ、ってな感じでしょうか?しかも、自分ひとりの独占的な体験ってところがまたいいのですよねぇ。いっしょに眠るってできるわけじゃないから、負け惜しみなところもあるんでしょうけども(笑)。

ここのところ、運動を規則的にやることができなくなっているのですが、まだ健康貯金があるようで、歯痛やら肩こりやらに悩まされていても、解決方向に動いていることが自信になっているのか、睡眠の質が格段に落ちているという査定ではないです。とはいえ、基に戻してもっと深い眠りで、質をよくして、夢をシリーズ化して、とはもがいていますねぇ。

他にも、身体と髪を洗ったあとの爽快感がとても好きなのですが、拭いたりまとめたりまた着たりという行為が続くのが、とても面倒なことに思えたりもします。なんて怠惰なんだ!とは思いますが、眠りに落ちる瞬間がダントツですね。その後、全般的に眠りで嫌いなことは何もなく、目覚ましも使っていませんし、せいぜい、ひとりだけ残った猫に、明け方にごはんの請求をされて鳴き声で起きてしまうことがあるくらいでしょうか・・・。のんびりと平和です。

そのためにも寝具は少し気を使ってみたり、シーツや枕カバーも洗濯は念入りに、と母にお願いしてあります。極上の睡眠が、起きている時間の充実に繋がりますね。

KC3X0061

KC3X0061

neochi2 neochi3 neochi4 neochi5