映画 Casablancaの中で使われた Louis ArmstrongのTime goes byをSinatraが歌っています。

 

 

その後、Casablancaという曲が出ちゃいましたね。映画カサブランカを見ながら恋に落ちた相手に戻ってきておくれ、と嘆いている歌詞なのです。

日本ではこの曲を郷ひろみがカバーしました。正確には「哀愁のカサブランカ」という曲で、歌詞は少し違うのです。アレンジバージョンですね♪ 

 でも、英語よりも日本語のほうが内容はとっても繊細。わかるーって感じになっています。

 

ただ、映画を見てしまうと、やっぱりCasablancaという映画のストーリーそのものは不滅だよね♪ 見ていないかたはぜひどうぞ♪ 

映画カサブランカストーリー

これが臨場感のあるあらすじです。読むだけで泣けてしまう私はちょいとちょろすぎる(笑)。

やっぱり私は男脳を持つ男前の女だからこそ、きっと生きづらいのだ。とはいえ、この人生なかなか満足しております。私はやっぱりRickと同じことをしてしまうヤツだと思うのだ。

あ!ついでだから、Time goes byの歌詞も♪ 

 

そして私の大好きな Love and Gloryという本に行くのです: 愛と名誉のために   もう絶版なんだろうな。

英語版はこちら:英語版Love and Glory

 

この物語は、再生の物語なのですが、どん底まで行く必要がある人とそうでない人がいたとしても、一度は読んでおくといいのではないかと思うのです。『華麗なるギャッツビー』に大影響されています。

私はハードボイルドが好きなのですが、それらから得たものは自分のIdentityになっています。CasablancaのBoggy/Rickも同じですし、あらゆる探偵小説の主人公たちもまた同じです。孤独であることの中から、共生共存していくための道しるべを探して、それでも自分を見失わないで生き続けるのって、なかなか難しい。

ゆえに、Kiss is just a kissと言えるようになるまでには、長い長い道のりが必要で、もしかするとまだ頭や心の片隅で、そんなふうには思えないままでいるのに、言葉にしちゃっているのかもしれません。

casablanca%ef%bc%91 casablanca2 casablanca3 casablanca4 casablanca5