母が入院したので、女がひとりもいないキッチンにしておくのももったいなく、料理を再開してみました。これまでも土曜日に、母がボーイフレンドの家に泊まりに行くときに作ることはたまーにあったんですが、たいてい、母が作って置いていってくれたのです。おそらく、私にごちゃごちゃにされたくなかったことと、私がやりつけないためと、母が位置をすぐに変えてしまうために、モノがどこに置いてあるかわからなかった、という実際の問題があったのです。

買い物が家事の中でイチバン嫌いなので、ここが問題です(笑)。まずしてみたのは、母が買っていたものをすべて整理すること。野菜室から手を付けて、その後、タッパー類やビン類の中身。きれいになりましたよ(・・;) その後、調味料やら香辛料なども含め、冷凍庫の中にも手を伸ばし、それが終わったからゆえに買い物!ということにしました。でなければ、またもやあの恐怖の詰め詰め冷蔵庫の出来上がりになっちゃいますからね。二人暮らしで、引っ越し前は西友、引っ越し後は東急から徒歩2分以内だというのに、ものすごい買いだめしちゃう人なのですよ、母。

そして、困るのは、最近食に関しての興味が減りつつあり、日本にも慣れてしまって日本食への関心も減ってしまっているので、「何が食べたいか?」というのが思いつかないところがミソなのですよ (・・;) そこさえあれば、私はUSでは死ぬほど苦心して作っていましたね。体調まで万端にして、どのように消費して、どれくらい節約するか、どの程度の満足感を得るか、なども全部計画して作るほどだったのです。

ええ、それはしゃけのおにぎりだって、真剣勝負でしたわよ ♡

私が今住んでいるところの近所には、武蔵野市場というのがあるのです。市場価格で買えるため、昆布も利尻・羅臼などが揃えられたりもします。自転車を買ったら、行こうと思っています!

ひとりのために茶碗蒸しは作りたくないもんなー。

むしろ、私はイタリアンとか、日本人がエスニックと呼ぶ範囲の料理を、母がいないあいだに再現してみようかとも思うのです。母は連れていけば作れるし、レシピを渡せば作れるんですが、私自身が食に興味を失いつつあるので、リクエストをしない傾向にあるのですね。

あ!ロシア料理やろう!そうだ、そうだ☆彡

こうしてひとりごちているあいだに、面倒くさくなってやらなくなってしまうかもしれず(笑)。すぐに母が退院して戻ってきてしまったりして (・・;)

ネコのごはんも1日2-3回くらいは家に戻ってあげないといけないので、自分のごはんは後回しかな???

housework4 housework3 housework2 housework1