せっかく新年になったので、ぜひともトライしていただきたいことがあります。わりと冷静で忙しくない日を選び、1日の喜怒哀楽を見てもらえたら、と思うのです。記録につけておくと尚正確です。喜怒哀楽を4分割して、正の字をつけてみてもいいですし、内容までを1行書いてみるのもいいですし、その感情の強さを%や☆印で記号化や数値化してもいいですしね。

そして、さらにゆとりがあれば、それを表象化→行動に移したかどうか?というのも記録につけておくと、とってもいいのですよ。

ヒトは限りなく主観的ですから、自分の性格も行動も知っていると思い込んでいます。ところが、あまりそうでもなく、穴はあちこちに転がっています。そうした意味では、感情として湧き上がる喜怒哀楽を、行動に移せていない人や、行動に移すとNGなときに移してしまっていたりとか、相手を選べていなかったり、タイミングが悪かったり、などなど、いろいろなことが見えてくるのです。

私の喜怒哀楽は、すでにけっこう何度も何度も繰り返し分析されており、ひまなヤツだなぁと自分でも思いますが、ここのところやってみていないので、ちょいとやってみてもいいなーと思っています。

ポジティブな感情である喜ぶといううれしい感情は食事のたび、お風呂に入るたび、おひさまを見るたび、などとても多いです。生徒さんが理解を示してくれた態度や言葉、表情を見るだけでも得られちゃいます。猫がよく食べてくれたり、すんなり寝てくれたりしてもすぐに得られます。それを行動化する率もけっこう高いですが、レッスン中は自粛ぎみです(笑)。うれしすぎるくらいにうれしいことも毎日あって、なんだかとても満足です。

楽しい感情も相当に多く、ひとり行動をするときに楽しいことがやたらと多いのも謎すぎます(笑)。こうしてBlogを毎日書くことにしていることも、やる前はけっこうハードルが高く、「うはー、やらないと・・・」と感じているのですが、実際は「自分が書くこと、続けることを決めたのだから」と自分を御して開始してみると、タイトルが決まるだけでも相当に楽しいし、書き始めてすんなりいろいろな考えが出てくるのも楽しい。さらにアップするために写真を選ぶのも、確かに時間がかかって面倒くさいのだけれども、いいやつを見つけるとたいへんに楽しい♪アップするテクニカルな感じの単調作業はとってもつまらない(笑)。

しかも他者と関わることによって楽しい感情が生まれると、やたらとほんわかしてしまい、しわが増えるほどに笑ってしまいます。DVDのための動画編集をしていて思うのですが、教えている使命感がある割には、やたらと笑っているので、エンジョイしまくりなんでしょうねぇ (・・;)

怒りという感情は、ニュースやその他社会問題で多く感じていますが、コントロールすることができるようになり、なるべく地上波は見ない・ニュースは1日2回のみ、と決めているので、さほど噴火級のものはないです。怒りに関しては、他者にあまり感じなくなりました。自分のために怒ることはやめようと決めたのです。全般的にあまり不満や不快に思うことが少なくなってきて、解脱に一歩一歩近づいている気がしているのですが、気のせいかもしれません(笑)。怒りを笑いに変化させることを身に着けた気もします。自分が失敗したことなども、ごまかして笑いに変えることも多くなってしまったりする場面に、たまに反省しております (・・;)

哀しい・悲しいという感情は、映画や小説でよく起きますが、泣くことが1日1回の習慣になっていて、浄化作用をもたらしてくれるのでOKです。引き受けております。最近、朝焼けや夕焼け、雨や風など、風景ですら泣けることがあり、歳を食ったなぁと思わないでもない (・・;) まずいですかね?それとも脅威と感じる悲しみがなくなったゆとりなのでしょうか??

こんなふうに日々を感情とまみれて暮らしていることは、しっかり自覚しています。みなさんはいかがですか?