05/25/2006 にアップした文章です。

 

中学校のときに合唱団(部とは呼ばないで団と呼んでいたのは、顧問の先生のこだわり)に入っていたのですが、そのモットーがコレでした。なぜなのか?身体を楽器にすることが必要とされていたので、とにかく身体を変化させるために、腹筋・背筋・腹式呼吸・発声練習の基礎などを、毎日持ち帰りの宿題として課題にしていたのです。12歳から15歳までの中学生にとっては、身体が変化する時期で、癖にしてしまえば、かなりのスピードで身体が変化します。続けることで成果が出る、というのは、わかっているようで、大人になってもわからない、身につかないものなのかもしれません。

さて、私は日本に11ヶ月の駐在をすることになり、第一目標だった『TVなしで入眠し、目覚ましなしで起きる』を達成したあと、今度はエクササイズを目標にしています。有酸素運動と無酸素運動の混合で、ハリウッドスターたちのトレーナーだった人が市販用に開発した、The Coreというボールを使ったものなのですが、それをDVDで見て、真似っこしつつエクササイズを1回につき45分ほどするものです。

いやー、続けるのは難しいよ(爆)。

西さんのおかげで、我が家にあるダンベルは9パウンド(4キロ)もあります。片手で4キロなので、両手で8キロ。筋肉痛に苛まれています。1キロではまったく役に立っていないので、重いほうがいいのではありますが、ちょっと重過ぎます・・・。日本に戻るので、ビニールダンベルに水を入れるものを購入検討中です。

日本のエクササイズが難しいのは、部屋が狭いっていうのがまず最初の難関。さらに、マンションやアパートだと隣近所への振動が伝わることが2個目。それだけでも私はこれまで贅沢環境にありながら、まともに打ち込んでこなかったなぁ、と思うのです。

母にも膝への負担を軽減してもらうために、もう少し体重を減らしてもらいたいと思っているのですが、それにはまず私が劇的に真剣に、彼女のそばで取り組むことです。いっしょに歩いたりするとものすごいプレッシャーになるので、それはやらないようにしようと思っています。そもそも歩くスピードが違うので、彼女には負担でしょう。

こちらに戻ってきて1週間経ったというのに(アップが季節外れぎみでごめんなさい。書き溜めをするのが必須なのですよ。仕事の忙しさが読めないので)、私はまだ時差ボケをしています。時差ボケだけではなく、母が持たせてくれた、日本のインスタントコーヒーとコーヒークリームがうれしくて、大量にあって、ケチらなくてもいいから、とたくさん飲んでしまっていることにあります。

月経前緊張症(PMS; Premenstrural Syndrome)がひどかった20代の頃、3年コーヒーを見事に断ったことがあるのですが、最近の文献で、糖尿病にならないようにするには、コーヒーを1日3杯、日本茶ならば6杯だとかいうのがあり、ならばコーヒーだな、と続けているせいもあります。特に、糖尿病予備軍の兆候は出ていないのですが、アル中にいつならないとも限らず、お餅が好きだったり、パンよりごはんが好きだったりするので、そのときのための準備ですね・・・。これも続けなければ意味がないのでしょうが・・・。

私が苦痛なく続けられることの最たるものは、読書です。むしろ、活字がないと苦痛です。すべての物事がこれくらいになってくれるといいのにな、と思いながら、毎日癖にしようと心がけているのですが、こんないい歳になってもなかなか続けることは難しいです。

私としては合理的な理由があるのですが、母は、私と違い、キッチンシンクにお皿類を貯めて置きません。お茶を飲み終わったらさっさか片付けます。私は一人暮らしになってからというもの、貯まってから洗わないと、水も洗剤も時間も無駄だと思っているし、食器洗い機に入るものと分けてしまうと、さらにそれが募るので、放置型なのです。浸け置きをしておかないと気がすまないというか・・・。が、今度お世話になるのは母がキッチンの女王なので、彼女の方式に従わねばならぬことでしょう。マメマメしくならないとな・・・。

エッセイを書き続けることはまだ続いているのですが、以前2年弱やったことがあるので、まだまだです。まだ1年も経っていないのです。楽天で開始したのが、8月20日なので、まだたったの9ヶ月に満たないところです。それでもネタがないだのどうだのとひーひーしているので、2年続くのかどうか、心配ではあります。最悪な終わり方は、会社がつぶれてBlogが必要ではなくなったときです。それだけはぜひ避けたい。

人は時間の制約がないほうが、時間通りに生活してしまう、という傾向があります。私は、学校に行っていた頃のほうがフレキシブルでした。疲れる原因がけっこうあちこちに転がっていたので、臨機応変にディナーに出かけたり、友だちに会ったりしていました。映画館にもささっと金曜日の昼にでかけて、全米1発目を見たぞ!と歓んでいたし、買い物も今よりずっとマメマメしく小出しにやっていました。

現在、まったくのプーではないので、日本時間に寄って仕事をしており、開始は、アメリカ時間の夕方5時(夏時間)。昼間、特に何もすることがなくとも、朝、コーヒーを飲みながら新聞代わりにネットを一通り読み(けっこうな量なのね。お気に入りに入れてある項目の数すごいです)、投稿欄などに目を通し、朝の部のメールをやっつけてしまいます。電話が必要であれば、朝の10時から正午前に済ます。その後、エクササイズを軽くし(始めたばかりなのでまだ軽いのよん)、読書やエッセイ書きをします。買い物などがあるときは、仕事が始まる前にまとめて行ったり、お鮨やさんに行く日に工夫してくっつけます。今、水もまとめて5ガロンを3缶買っているので、車が沈むほどの重さになります。

学校に行っていた頃のほうが、予期しない出来事がたくさんあったなぁ、と振り返ります。継続性は学校以外にはなかったような・・・。

ということは、今、大いなるチャンスに位置しているわけですね・・・。継続できることを開始したほうがいい時期なわけです。日本に戻ることも同じです。リサーチのためのバイトも、資格が取れるものはバンバン取ったほうがいいし、失効してしまった日本の運転免許も回復させたほうがいいのだろう・・・。府中の試験場での実技試験のときに、試験官の前でタバコを吸わないようにしないと(コレ、弟がやったのよ・・・笑。落ちた・・・)。バイクは借りることができたら、そっちの免許も復活させておいたほうがいいでしょうね・・・。

継続することを心がけると、油をしっかり注してあるマシンのように、すべての物事が滑らかにいくかもしれません。特に、筋肉系のことは確かです。次が脳みそ系なのか?5月だけですでに2キロ減ったので、日本での11ヶ月で、部分痩せも含めてがんばろうと思います。詐欺師の汚名は返上しないとね・・・。その次が禁煙なのですが、コレは今はまだ考えられない(爆)。

継続は力なり、なのでがんばりましょ。