06/01/2006 にアップした文章です

 

ネコも杓子もダイエット、という風潮がとても嫌いなのですが、いよいよ健康のために、私もダイエットすることを決意しました。今まで、まずは、PTSDを再発させないために薄氷を踏むようにしてきたせいもあり、さらに起業をしてそれにかまけていたせいもあり、さらに時間が経っても日本とUSを行ったり来たりしていたせいもあり、なんとなく、言い訳だらけで延期になっていたのです。が、もうエクササイズも開始してしまったし、これ以上後回しにはできないぞ、ということで、観念しました。四捨五入して45歳になる前に、ぜひぜひ24歳の頃の体型に戻っておこうと思います・・・←可能なのか?(爆)

まずは、食事を徹底させることにしました。母が作ってくれる料理はどれもなじんだものでおいしいのですが、彼女の出したものを食べていたら太る。なんて説明したらいいんだろう・・・。貧乏だからおかずをけちった炭水化物でおなかを膨らませるごはん?(爆)だから、その名残で私はすいとんが好きだし、白いごはんも好きで、お餅が大好きなのですが、それじゃーいけませんや・・・。

質のいい炭水化物を決められた量だけ摂り、塩分をぐんと低くし、さらにお水(あるいは糖分と脂質の入らない水分全般)を毎日2リットル以上(これは今でもできているのですが、日本でもできるのか?特に湿気があるときに無理やり飲むのはできるのかなぁ・・・)、たんぱく質を1日現在の体重分をグラムに変換したものを摂る、というもの。案外、炭水化物が含まれる野菜があるので、そのへんはチェックし、サラダにはドレッシングが必要なので、すべてレモンジュースか温野菜に替え、しばらくがんばってみます。

当然、今までの1日摂取量の大半だった、アルコールは控えます。えっと、ここで思い切って宣言しておきましょう。週に1回!うーん、できるのかなぁ・・・。やりましょう(笑)。日本に戻ったり、仕事がらみだったり、友だちに会ったりすると、どうしても毎日のようになってしまいいけません。しかも、飲めてしまうからいけないのです・・・。しかも、コレがクリアできないと、その後に来る禁煙ができないじゃんね・・・。だから苦しくてもやるしかないわけです。

行き着けのお鮨やさんにもいつも言われるのですよね・・・;「食べないのに体重減らないねぇ」と(爆)。だってねぇ、あんだけ飲んでたら・・・(汗)。コレでも10年前に比べればとても減ったのですが、さらに20歳の頃に比べるともう半分しか飲めないのですが・・・。私を21歳のときから知っているハワイの親友は、「飲み代全部貯金してたら、家が3軒は建ってたね・・・」と言いますが、誇張ではありません。ちなみに、西さんも同じくらい飲みましたが、最近めっきり酒量は減ったものの、たぶん3軒は同じことかと思います・・・。ふたりで6軒かよ、とちょっとぞっとする気分です・・・。

もうねぇ・・・、西さんの前で詐欺師を開始してからはや14年ですか(笑)。渡米して1年はよかったのよ。気持ち増えただけ・・・。飛行機学校に行っている頃もまだよかったわけ。飛行機学校というのは、シンプルな型のヘリに乗るので、毎回、ガソリンや乗客やパイロットの重さを計算せねばならず、フライトスケジュールを提出するので、けっこう体重は劇的に増えることはなかったのよね・・・。ブランドにより28から30インチのジーンズを履いていたので、問題なかったのです。ウエストが60cmとか63cmというのは、身長が自称168cmの私にはいい塩梅だったのです。骨組みがしっかりした体格なので、あまりに細くなりすぎるとへとへとになってしまうのですね。が、西さんといっしょに住み始めてからは、ほぼ毎日飲んでいたので、少しずつ体重は増えていきました(汗)。西さんはいいのよ、ものすごい新陳代謝率と、運動をしなければ気がすまないメンタリティと生活習慣を持っていた人だからね・・・。

日本の人は、モデル並みの体重を目指すようですが、私は60キロでいいな。63キロでもいい。筋肉があれば、それだけ重いし、問題は体重よりもサイズと小回りが利くかどうかの体力だと思われます。渡米したばかりの頃は、がっちりしてると思われた私でも、お尻が小さいので、パンティーはSサイズだったのです。今は、Mがきつくて、Lにするとラクすぎてどうしよう、もっと太るよ・・・ってところです・・・。だいたい、私の体型だと、ウエストと体重が同じくらいになるのが理想です。筋肉と脂肪の混合具合なのでしょうが・・・。問題はおっぱいがどれくらい重力に抵抗してくれるかで、胸筋を鍛えたらちゃんと数センチアップするのか?という謎にチャレンジすることです。

やはり日本で1年アル中を続けたのが、決定的な体重増加の引き金でしたね・・・。父の看病や葬儀の頃はやつれていた私ですが、毎日だいたい1本を365日以上飲み続けましたから。ええ、ええ、1日1本です・・・。ビールを1杯飲んで、そのあとウォッカをだいたい1本。残ったのを足しても、毎回のようにボトル入れていた気がする・・・。カロリーにすると、1本だいたい720mlなので、1700キロカロリー超えちゃってましたね・・・。さらにビールもあったし、昼食はよほどの二日酔いではない限り食べていたし・・・。が、私は飲むとほとんど食べません。飲んだあとも、よっぽどのことがないと食べません。しかもデザート類は一切食べないので、コレだけが原因かもしれないです。成人女子の1日の摂取量目安は、だいたい1800キロカロリーくらいらしいので、こうして毎日500から1000キロカロリーが蓄積されていったわけです。365で掛け算すると、すごいことになるのでやめます。気が遠くなりそうだ・・・。

その後、何かイヤなことがあるとアル中傾向を続けることは定着してしまったし、西さんとまたアメリカに住んで、学校に支障がない程度に飲んでいたことは確かです。年齢が行くと共に、重力に抵抗できなくなったし、西さんと比べると代謝も運動量も確実に減っていきました。さらに、トドメはPTSDです。薬を飲んでるってーのに、まだアルコール飲んでいた時期も長く、今は、週に2・3回ほどに減ったにしろ、まだまだ多いです。もう日本人平均の生涯摂取量の4倍から6倍くらいは飲んでいると思われるので、いい加減にやめたほうがいいのです。

そのためのダンベルなのですが、もうUSにいなくなるので、水泳に通いアクアサイズすることはかなわないので(フルに仕事をするため、ジムがまん前にあっても通えないし、社員のみなさまに福利厚生としてジムの会員権を出せないのに、私だけが通うのは罪悪感120%ですから)、ひたすらDVDですね。歩くのは、たまに、弟のわんちゃんJackを借りることにします。

ここのところに来て、健康についてとても意識せざるを得ないのは、私の年齢を超えるとみな、「簡単にモノが思い出せなくなる」だの、「走れない」だのと言い始めることです。私は、記憶力がかなり平均よりはいいので、いくつになっても大丈夫でありたいと思っているのですが、身体は全体的バランスがあるので、心臓や循環器が滞っていたり、酒で肝臓が悪かったりしたら、どうなるのかわからないので、責任を持とう、もう逃げていられないや、と、久々に、しかも、とても真剣に考えた挙句の決意です。

とりあえず、外見を見て、40代に突入したとは誰も言わないのですが、このしわがない顔だっていつ崩れるかわからず、準備をすることにこしたことはないでしょう。この前の帰国のときにも、パチンコやでストーカー的おじさんに遭遇し、缶コーヒーをいただいてしまい、用もないのに、パチンコも打たないのに、私の隣に座り、長々話してしまう50代の人に、なぜか私は小娘風に思われていたようです・・・。そこで歳をバラしたら、パチンコやの椅子からひっくり返って落ちてくれました。光栄でした(笑)。

いやー、普段は「ダイエット」なんて言葉をクチにするのもイヤなのですが、もうここまで来たらしょうがない。やるしかないですよ・・・。がんばりまーす。

__________________________

そしてここから10年以上経ち、アルコール摂取量・エクササイズ不足は続いており、習慣化できる材料はそろえたものの、仕事の量が減りません。が、先日1年後にボルダリングを開始する宣言をしたため、上半身の筋肉を鍛えざるを得なくなりました。追い込んでみます(笑)。