ブログ

お出かけ前の準備時間

カテゴリー:ブログ

02/19/2007 にアップした文章です。

 

ネタとしては、個人差のでっかい問題だとは思うのですが、みんなはどうしているのだろう?と、誰かといっしょに暮らし始めてからびっくりする項目のひとつでもあり・・・。男女の不和のひとつでもあるのかもしれず、これについては学習が必要な項目なのかもしれません。特に、イベント的お出かけで、待ち合わせではなく、いっしょに出て行くときには、かなり不和の元になるのかも・・・。旅行などでも、身支度に時間がかかると、せっかくその地にいてしかできないこと、が目減りするかもしれないです。

どのへんまでが、「身支度:身なりを整えること」なのかについては、個人の見解の差がでかすぎる。他のお題でも言及しましたが、自然体を他人に見せることが「絶対に!」イヤだという人は実在します。いつだったか、TVを見ていて、いっしょに暮らしているのに「素顔をパートナーに見せたことがない」という人が、100人中20人くらいいたことにびっくらこきました。そんなんで、温泉やプールやその他にいっしょに行けるのかい?どうやって睡眠時間を確保してんだか、と、悩みぬきそうになってしまいました(笑)。

私は、ご他聞に漏れず早いです(笑)。なんたって化粧をしませんから。補正下着もつけていませんし、冬場でも薄着です。持ち物は最低限ですし、こだわりの少ない生活をしていますので。が、自分についてよーく知っているはずの私は、髪にどうも匂いがついていると感じているので、出かける直前にシャワーを浴びます。が、シャワーそのものもとても速く、10分未満なので、ヘタをすると平均的女性の化粧時間より短いわけです。バスローブを使っているので、バス近辺に留まる時間も短く、着たらささっと室内で用事と準備は続けます。そうそう。ここで大きく生かされるのは、ドライヤーを使わない人間だということ。ドライヤーを使うだけで、10分以上は軽く費やされることでしょう。私は冬場でも、濡れた髪で出かけます。なのに、寝込む風邪は10年に一度しか引かないので、両親に感謝しています。

きちんとしたところでお勤めをしている人々は、ワードローブの前に立っている時間も長いんだろうなぁ・・・。私の場合は;
1. 清潔であるもの
2. つい最近着たばかりではないもの
3. 色がちぐはぐではないこと
4. 気候にマッチしていること
以外の基準があまりないのです。なので、とっても速い(笑)。こんなものを選ぶのに、私の決断力エナジーを無駄に使ってはならないのだ・・・。汚れて哀しいものは身につけていても、自由に動けないし、食べてはまずいものが増えたり、踏み入れてはいけない場所が増えたり、してはいけないことが増えたり、と、あんまりいいことはないので、カジュアルにまとめています。

うーん、こういう基準からOLをはじめとする会社勤めをしないことを選んだ、というのは、あまりにバチ当たりだろうか?毎朝2時間前に起きて、念入りに洋服を選び、それに合った化粧をし、髪型を整え、靴とバッグを選び、などとやっていたら、人生の相当な割合の時間が、「他人に自分をプレゼンテーションするための時間」に費やされていくのである。モデルや芸能人やその他、人気商売の人たちってそれが宿命で、職業にくっついてくるであろうTaskなのですが、私はそれがイヤすぎるから、そんな職業に就きたいと思ったことも一度もなければ、人々がごく自然にやっている会社員すらまともにできない、という状況なんだな・・・。

が、オペラやタンゴを見に行ったり、Biz dinnerなどのときには、けっこう時間をかけて準備をします。そんなときにしかTPOに化粧やドレスを要求されないので、そんなときには上記のように、念入りに洋服を選び、それに合った化粧をし、髪型を整え、ピアスなどの装身具を選び、バッグも靴もコーディネートし、最後にトワレをつけるのだ。けっこう時間かかる。普段やってないから(笑)。

ああああ、思うに、私のパッキングがへたくそな理由もここにあり、旅行に行くときに、仕事がらみで行くときには、遊び服(普段着)の割合と、仕事服の割合で、頭の中で予測が立てづらくごっちゃになるので、「ええい!コレも詰めてしまえ!」と荷物が増えるのである。出先では買い物ができるかどうか、保証がないので、ついついもって行くことになってしまうのだった。でも、たいていの場合は、遊び服で済んでしまうほうが断然多く(90%)、持って行ったことに「ちきしょー!」くらいの気持ちにはなるのである。特に、靴を持っていくのは苦痛です。私の足はでかいのよ。25.5cmか26cmなので、けっこうな荷物になる。あれ一組があるかないかで、スペース食いのバッグの空きには、大きな違いが出ます。

さらに、旅行となると、私はパジャマ代わりになる部屋着がないとどうもいけない・・・。浴衣の合う体型ではないからなのだった・・・。肩はハンガーのようにいかり肩だし、背があるせいでつんつるてんなのはみっともないし、おっぱいが大きいので浴衣ははだけてしまうのを気にしなければならないのでイヤすぎる。ま、テロテロのジャージー地の上下ではあるのですが、コレは必須です。部屋にいるときはこんなカッコウなので、出かける前の準備もここから始まるのだった。

バッグにしても、特別なOccasion以外で、私が持つバッグはひとつ。いつも、黒い皮製のもので、ちょろっと余分にポケットがついているもので、マチがけっこうあるもの、と決めています。A4 かレターサイズがしっかり入ること、というのも条件です。その中にいつも私が使うものは詰められているので、夜帰ってから次に出かけるまで、足したり引いたりするものがそんなに多いわけではありません。携帯も、今は母のを使っているので、母に出してもらう状態です(笑)。ネコたちが来て引っ越したら、Auの家族割引に入る予定にしていますが、それまでに弊社の売り上げも花開きますように♪

何かを渡すと誰かに約束したときなどは、西さんと母のチェックが入ることになっています。小さい頃からの癖ですが、私はかなり習慣の奴隷なところがあるので(黙っていても歯磨きをしたり、本を読んだり、掃除をしながらトイレやお風呂に入るなど)、習慣を破るときにはどうも宣言する傾向にあるらしい。なので、その習慣ロボットのままでいないよう、玄関先に荷物を出しておくとか、母や西さんにあらかじめ「言ってね」と念押しをしておくらしいのだった(爆)。自分の能力が足りないときには、親でも配偶者でも使うこの根性は見上げてほしいです(笑)。

横田基地のバイトのときには、4時半起きをして、コーヒーを飲みながらエッセイを1本書き、(朝ごはんらしきものを食べながら書く)、時間とにらめっこしながらシャワーを浴びて、ポットとお弁当を受け取り荷物に詰めて出かけるのが、6時10分。19分の電車なので、玄関チェックをしても充分間に合うのだ。駅までは徒歩で3分ほどだし、そのあとホームまで階段を登っても大したロスなし。15時までなので、しかも仕事内容はあってないようなものなので(だって、ただ話すだけだし、いつも米人がいるわけじゃないから、待機が多いんだもん)、ラクしたまままた調布へたどり着きます。

なので、家庭教師や英会話教師の仕事もしたいのですが、いつまでこの工事があるのか、見えてきてから探してもいいかなと思う・・・。どこかに出かける用事がないと、どうも私は部屋着の上に半纏をまとい、1日中、タバコさえ切れなければ家にいる感じだし、充分家からだけで仕事ができる日が続くとヤバイ。営業に出るときには、それなりのカッコウをしますが、基本はあまり変わらず。化粧はわざとしないようにしています。うどちゃんたちを迎えに行ったあと、生活ががらっと変わったら考えることにしましょう(笑)。

というわけで、私の事情ばかりをつらつら書きましたが、きっと私がこうであるように、人それぞれに身支度にはいろいろあることでしょう。西さんは私より時間がかかります(笑)。彼は歯磨き大好きな人であるし、髭剃りやデオドラントで時間がかかってる気がする・・・。が、平均的なカップルより、ずっと早く玄関に立てるし、しかも揃って立てるので、いいかな、と思うのです。