そろそろ限界に近づいているかも

01/30/2008 にアップした文章です。

1月2日から完全休日がなく、朝から晩まで働いてきており、たまに昼間に3時間ほど息抜きができる程度の暮らしをしてきました。その空いた時間には、無料で知り合いの英語カウンセリングをしたり、添削や翻訳や調べ物をしたり、と、過酷な日々です。あと何日このままで暮らしていくのか?と考えたところ、Xデーが設定できそうなので、「それまではなんとか・・・」と思いつつやっているところです。が、そんなときだからこそなのか、タイミング悪く、追加仕事は入るものなのねぇ・・・。ありがたいことですが、そろそろ限界かな、と思っているところです。

昨日も、朝の10時から夜の7時半まで、あいだの休み時間はたったの5分なので、トイレに行くくらいしか時間がなく、ビルの喫煙室まで到達することもできず、私の禁煙時間は、ちょっとした海外旅行に行ったときくらいに長いものでした。9時間と45分くらい(爆)。それくらい開けると、もう吸ったときにはクラクラしますね(笑)。それっきり止めておけばいいのですが、そうもいかず・・・。中毒性の高いタバコの悲しいところです。

朝ごはんを食べないと、いつか糖尿病になるよ、と医者のDouglasには警告してもらったものの、夜遅く帰宅してから食べているので、朝はまったく食べる気持ちにも体調にもなっておらず、ますますこれじゃー、糖尿病まっしぐらだろう、と思えています。バナナやみかんといったものが好きではないし、カカオ95%のチョコレートがあるにしても、私はやはり積極的にはチョコレートは食べられない。でも、先日、2日続けて、生徒さんが心配して、プライベートレッスンのあいだに、チョコレートをくれました。食べました(笑)。

授業中に疲労感を覚えることはまったくないのです。立ちっぱなしになったら座るとか、酸素が足りないようなら欠伸をするとか、ストレッチを取り入れたりするとか、いつもとそうは変わらない。何が決定的に違うか?と言えば、「ひとりの時間」。自分で気持ちのゆとりがなくなるはずはないと思ってきたのですが、さすがに「いつも誰かに見られている状態」がこれほど長く続くと、相当にきつい。やはり1日に数時間、起きているあいだに、誰にも見られていないネコのような時間が必要なのである。母がいつも居るとはいえども、寝る30分くらい前には引き揚げてくれるので、ひとりにはなれるのですが、昼間がまったくそういう時間がないのです。朝9時から仕事を開始して、それから夜の11時までずっとない・・・。街中に出ていることが多く、そうでなければ、生徒さんの前。みんなのことは大好きですが、どうもひとりになりたい・・・。

山の中に隠遁したくなるのは、こういうときなのだろうなぁ・・・。

でも、2月3日は完全休日になると踏んでおり、それがダメであると、次は2月10日へと希望を繋がねばならぬのですが、受験日、あるいは中日にあたるので、きっと大丈夫だろうと思っているのです。まさか、前日に3時間お願いします、という依頼が来るとは思っておらず←甘いのか?

とても現金な私は、2月2日がビルの定期点検のため、英語学校のほうも午後4時の授業でおしまいなので、みんなとごはんを食べに行く約束を、すでに取り付けてしまいました。もー、誰かとごはんを食べに行くなんて日が来るなんて思わなかったよ・・・ってくらい長かった。去年の年末、看護婦さんたちと忘年会をした、12月28日以来ですから。それでも、10時から16時まで働くわけで、6時間労働後、というのと、それまでの疲労の蓄積があるので、飲酒にはくれぐれも気をつけなければなりません。希望としては中華です(笑)。今のところは、生徒さん4人と私なのですが、増えると思います。幹事は、大学生の女の子にお願いしたので、きっとアレンジしてくれることでしょう♪

自分のサービス(教える)の質が落ちているのではないか?と心配していたところ、生徒さんからの苦情はなく、むしろ、次々とプライベートレッスンの申込みが入っているところで、月曜日はいつもは行かないのですが、プライベート4コマのために行きます。グループレッスンの日の前にもプライベートがひとつ追加になるなど、いい評価をいただいており、生徒さんが欠伸をしない限り、私にも感染することはなく、不思議なくらいに時間は早く過ぎていきます。

そうなんですよ。今月がもう終わるとは、到底信じられず・・・。1ヶ月経とうとしているのがわかるのが、このブログを更新するとき。ブログには蓄積でこれまでのエッセイが山積されており、その日付を見ると、「あ、やっぱり日数経ってるんだ・・・」と思う。タイムカードやら勤務表やらでは、まったく実感は湧かない(爆)。TV番組なども、決まって見ているものはないので、実感は湧かない・・・。景色もそれほど変わっているようには思えず、1月の景色の変わり具合など、それほど繊細でなければわからないかもしれず・・・。

こうして忙しくしているうちが華だということはわかっていても、7時間半や8時間睡眠後の朝、まだ疲労感が残っており、「もう少し眠りたいなぁ・・・」と思う日が多くなってくると、健康な私でもさすがに不安は募る。そこで、血圧を測ったり、血液検査がてらに、と、空き時間に献血センターに行ってみたりする←ここでまた400ccとか言うから疲れるのか?(爆)いやー、30分の時間を潰すのにはけっこういいのよ。1ヶ月空いてないといけないのだけれども、私はかなり献血マニアなところがあったんですが、最近、また呼び起こされました(笑)。

その血液検査をしてくれて、感謝を評してくれたあと、説明を受けるに、私は20代の頃くらいにまだ健康らしい。γ-GTPがとても不安だったのですが、それも大丈夫。空腹時の血糖値が、平均の上のほうかもしれないことくらいが懸念なだけで、中性脂肪もコレステロールもまったく大丈夫だし、通風の気配などあるわけもない・・・。

うーん、健康なのだ・・・(笑)。

それでも疲れているというのは、私は普段はスーパー健康なんだろうな・・・と思うしかなくなるわけです。だから、まだ弱音を吐けないぞ、とも。限界に挑戦する予定ではなかったのですが、結果的に限界に挑戦しています。やはりそろそろ限界かもしれない。Xデーは、2月3日。あと、4日働けばなんとかなるわけです。月末のお給料を使う暇がないのはつらいです(笑)。宴会で、どのくらいの会費になるかわかりませんが、ハンパは私が喜んで出しましょう(いつもはなるべくご馳走する。でも、今回はあまりにがんばったので、たぶんみんなが出させないと思われる・・・)。

昨日なども、もう会食している風景が夢に出てきたわけです。ちなみに私は自分の夜の夢を、朝起きたときに必ず2本は憶えていて、脳の調子がよければ3本や4本のときもあり。ただし、ここのところ、やはり2本しか憶えていない日が増えており、この前1本しか思い出せなかったときには、ちと愕然としました(苦笑)。やはり遊びは支えになるものなのだなぁ。遊ばない私ですら、やはり遊びたいと思うのである。

しかも、図書館には、母に行ってもらっており(オンラインで予約して、私のカードを差し出してもらってきてもらう)、自分で本のあの山々を見渡していないのです。これもかなり疲労が溜まる原因なのかもしれないです。しかも、授業のコマ数が多いと、準備も多くなるので、電車内でもけっこう資料を読んでいることが多いので。

さぁ、カウントダウンできるくらいになったから、限界が来る前に、ちゃんと休養しますよぉ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です