ブログ

なんだか忙しくなってきた・・・

カテゴリー:ブログ

07/16/2007  にアップした文章です。

 

梅雨が訪れ、「なーんだ。日本の夏はそれほど厳しくないじゃん」と高を括っているところなのですが、頭の片隅では、「うううう・・・。きっとこの先、筆舌に尽くしがたいくらいに暑くなるんだろうな」とは予感していて、直未来現実逃避をしていることは、自分でもよくわかっているところ・・・。なんだか7月中のスケジュールが満載になってしまい、毎日エッセイ書きと打ち合わせとこまごました仕事と通訳に追われることになるのは必至。この上、私は、ネット上で気象学の日本語版の勉強をして、速攻で試験を受けようとも思っており、8月のTOEICも決まり、とってもワクワクなのだ♪

 

京都に大学訪問に行く予定だったのですが、東京で先生にお目にかかり、先生が海外に行ってらっしゃるあいだに、とんとん拍子にいろいろな案件が浮上してしまい、「京都でついでにコンコンチキチンを見に行ける♪」などという戯言は、浅き夢みし・・・と化した次第です。大学院進学は、もう9割がた自分の中では本気になっており、来年4月からは大学院生になるのは、すでに予定になっており、計画をどのように進めるか?という段階です。ただ、まだ、言語学にするか、心理学にするか、ビジネスにするか、とこの3つでまだまだ迷っているところがあり、他の仕事関連とのコーディネーションがよく、日本にいるからこそ重宝し、アメリカに持ち帰っても価値が高いもの、と、いろいろな面から考えると、ビジネス以外のふたつはどっこいどっこいで、どうしていいものやら・・・(ビジネスは、日本も優秀で、日本なりの文化的全体主義を学ぶにはいいのですが、エゲツないビジネス手法は、やはりアメリカのMBAが主流だと思われる。しかも、MBAののちにLaw Schoolなども視野に入れれば、やっぱりオプションがたくさんあるのはアメリカだ・・・)。

 

カルチャーセンターの仕事は、かなり緩やかで、9月からは講座数が3倍になるにしろ、隔週のクラスばかりを作ったので、1ヶ月15時間しかないのだ・・・(でも時給がいいし、コミットしたし、やめるわけにはいかぬ)。西さんが、中国駐在コンサルティングの仕事を引き受けることにしたので、8月中旬以降からは、西さんは、2週間中国・1週間日本・残り台湾という暮らしを、少なくとも半年から1年やることになります。そこで、私も、西さんの個人収入(鼎総合企画の収入にはならず、個人収入となるものと、台湾の会社の収入になるものばかり)を生活費としていれてもらうのは癪なので、母と私が自立し、ネコの病院代の貯金をし、さらに除菌器を売り、という、理想的暮らしをしつつ、大学院入学に備えるため、履歴書と職歴書をバンバン送付してみたところ、山ほど面接希望が来てしまい、けっこう四苦八苦なのだ。

 

しかも、同時に、以前の横田基地の建設現場に、消防用のエセ煙を出す電気器機(ハリウッドやドキュメンタリーなんかで使うやつなんだよ)を取りつけるので、カナダ人の通訳が必要だということで、7月17日から27日まで、炎天下に滑走路横の施設で、またもや通訳。母には、「お弁当は作れないからね」と、食中毒を心配してるんだな、と感謝。

 

決まったのは、TOEFLやTOEICを教える講師のクチがひとつ。週に2回で夕方から。家でSkypeを使った英会話講師(8月オープンなので、一体何時間くらいあるのかわからず)。英語を中心とした論文や英語のエッセイなどの添削講師(これはプロジェクトや生徒さんごとの依頼ベースなので、一体どのくらいの時間とお金になるかわからず。心理学の統計学やリサーチ方法論なんかもあるらしい)。合計4つ。他に、頼まれ仕事がちょくちょくあり、翻訳や通訳も単発だけなら、時間調整ができれば何とかなることもあるのだけれども、できたら少し安定させたい。

 

こうなると、昼間の仕事がカルチャーセンター以外にないことに気づき、時給が2500円以上になるのであれば、やっぱり子どもや主婦(あるいは親子いっしょに?)も教えなくてはならんなぁ、と思い、応募してみたところ、もう4箇所くらいから面接をしましょうと言われており、それだけで7月の空き時間は埋まってしまうことと相成りました。8割がたは翻訳を請け負う部門もあり、在宅の持ち帰り仕事もくれそうなので、1つか2つ決めたいと思っています。

 

ただ、目下、たいへんに魅惑的なのがJAL Academyで、http://www.jaca-global.jp/ 駐在前や留学前の生徒さんたちを教えられたら、そりゃ、本望だなぁと思うのだ。これはまだ返事が来ていないのですが、これが決まれば本当に理想的なのだった。

 

母は、こんな私を見て、「因果な子だねぇ。どうして1箇所にまじめにコツコツお勤めできないんだろかね」などとボヤくのですが、除菌器が売れたときに減らしたり、やめたりしなければならないので、それはできないのだ。講師であれば、コースの期間があって、調整は利くので、そうした放浪ちっくな仕事しか請けられないのだった。除菌器のほうは、11月に行われるでっかい展示会に出すことにしており、食育のイベントにも出す予定。他にもQVCや商材募集会社に委託することを考えており、返答待ちや打ち合わせ待ちなところ。これまでは、自力で販売先を探して、代理店網を作りたいとこだわっていたのだけれども、そんなことも言っておられず、やはり委託型や持込販売成果型を取り入れてやろうと思っています。しかも、売れた暁にも、窓口だけのパートさんに来てもらえれば、私は教える仕事は続けられるんですもんね。調整もできるし。

 

今まで、フリーマーケットも「出した半分売れればいいや」くらいな気持ちでやってきたのですが、8月はフリーマーケットは開催されず(たぶん暑すぎるから?)、今回は、Biddersを閉めたので(そうなのよ。維持費ばかりが高くて、まったく売れないので・爆)、商材がたんまりあるということで、車でコンコースのほうで売り出すことにして、目指している金額も高いのだ>ちなみに、5月は54000円も売れたのだ♪今回は、8万を目指してみたいと思っているのだけれども、どうなることやら・・・。その後は、今回の売れ行きと在庫調整のあと、考えることにして、母も私もやる気満々なので、レンタカーまで借りてしまうことにしたのです。西さんは、なんと、フリーマーケットの当日に台湾に戻ることになっており、ギリギリまで働いてもらうことになっています←私がお願いしたわけではなくて、自主的だから・・・。

 

というわけで、私が完全に休日になるのは、7月の残り中、3日しかないのだ。アポが入ったらそれもなくなるのです。もう応募しないでおこうと思ったのだけれども、ちと遅いかもしれない・・・(汗)。だって、募集サイトには、「一次を通過しない方には返答はいたしません」という会社が多いので、多めに出したんだよ・・・。でも、早い返信は1時間で来ちゃったし、トントン決まるし、困ったもんだ・・・。京都旅行なんて、もう夢のまた夢だ・・・。

 

たぶん、私はコレまで、絶望的に、真剣に、なりふりかまわず、仕事を探していなかったのかもしれない・・・、という結論に至ったのです。「まぁ、それもこれも、日本にアジャストしてたんだから必要な時間だったんだよ」とひとりごちていたら、母に「あんた、日本人じゃないの。寝言ばっかり・・・」とすげなく怒られた(笑)。しかも、「あーあ、暇じゃなくなっちゃったんだねぇ。おじいちゃん(父の父)のお墓参り行けなくなっちゃったじゃない」と、さらに怒られる始末・・・。確かに、不義理をしているので、行かねばならぬのだけれども、何もない田舎なので、私は冬に行きたいのだけれどもなぁ・・・。

 

でも、なんだか久しぶりに、忙しくなってきたので、うれしくてたまらず♪そうなのね。私は忙しいときのほうが、きっちりした仕事ができるやつなんだよねぇ・・・。

 

3d human climb in a red arrow for success