ひとつだけでいいから

06/12/2008にアップした文章です。

 

ワイドショーを見ると、頭が悪くなるかもしれないと思いつつ、今朝も母が見ているのでTVは点いています。そこでは、秋葉原の殺傷事件を中心に、日本で起きた主な事件を毎日まいにちいろいろ扱っているのですが、突っ込みどころがゼロのニュースがない、というのがどうも切ない・・・。ひとつだけでもいいから、「わかるわ・・・」というようなニュースがあるといいんだけれども。なので、記者や担当枠をもらったタレントなどが、ヒューマンドラマの「いい話」を盛り込んだりするのでしょうが・・・。それにしても、「悪いことを糺すための特集」が多くて、暗澹たる気持ちにさせられる朝のこの時間は、私にはかなり苦痛です。が、母はあまりなんとも思っていないらしい・・・。慣れって怖いわね・・・(汗)。

 

私は欲張りではないようで、この「ひとつだけでいいから」ということをいつも思っています。多くのシュミを持たないのも、いや・・・、私にはシュミがないじゃないか(笑)。食卓が一汁一菜でいいのも、親友がひとりでいいと思うのも、1日のいいことが1つあるとかなり満足できるのも、多くを求めないこの「ひとつだけでいいから」から来ているのでしょう。

 

これだけ多くの情報やいろいろな物質的なものが溢れている世の中で、「ひとつにしろ!」というのは、かなり難しいのかもしれない。

 

たとえば、恋。こんなにいろいろな姿かたちをしている人々が溢れており、思い思いの考え方をアノ手コノ手で見せてもらってしまうと、惚れっぽくなり絞れないのかもしれない。「ひとつ」が絞れないから、スペアを持つような恋愛の仕方をしたり、シリアスな恋愛をすることに躊躇してしまったり、あるいは逆に見えていいヒトの本質が霞んでしまって見えてこないから惚れられないのかもしれない。

 

秋葉原の容疑者については、本当にいろいろなことをいろいろな番組で解説していますし、専門家まで連れてきて解析しようとしていますが、昨日のアングルは、「親の育て方→エリート脱落→孤独→ネット社会に浸かる」だったのですが、今日はちょいミクロに進んだようで、「恋ができないことについての焦燥や絶望」について取上げていたところが2局。彼の矛盾は、「愛することができればそれだけでいい」と対象者の存在を求めている言ののち、相手にしてくれていた女性に彼氏がいることがわかり、しかも大卒であることがわかると、激変して、犯行に向っていったというもの。どうやらネット界、少なくとも彼が出入りしていた小社会、でも嫌われていたらしい。中学時代につきあっていた女性も、「特に驚かなかった。昔から切れやすいヒトだった」というコメントをしているそうで、今日の切り口はもう少しどのように明日は進化するのか?と、明日も母はきっとTVを点けるのだろうから、それは知ることができるんだな、と。

 

親との関係もうまく行かず、勉強もうまくいかず、友だち関係もうまく行かず、就業もうまく行かず、恋もうまく行かず・・・。ひとつだけでも何か満足を得られるものがあれば、生きていて楽しいと思えることがあれば、というのを思ったのです。何か大きなものを求めていたわけでもないのかもしれないなぁ・・・とも。

 

人生の中のいろいろなAspect(側面)のひとつだけでも、何かうまく行っているものがあるからこそ、みんな生活しているとは思えないものなのかなぁ・・・。私は、ひとつだけでもなく、けっこう満足しているのですが、それもこれもそれほどハードルが高くないせいなのだろうな、とは思うのです。が、自分の元々の資質や能力やそれを開発するために費やしている努力や時間や情熱などを加味してしっかり考えてみると、やはり私が今いる位置、昨日のエッセイで言うところの陣地は、至って当たり前のところにあるのですね。私の場合、24歳で渡米したところで、すでに自分の生まれ持った境遇からスコーンと抜け出してしまえるくらいの努力を強いられて、生涯分くらいのHop, Step, Jumpをしてしまえたので、今となってはキラクなもんです。

 

昨日も生徒さんのひとりに、西さんの説明をしていたのですが、話しているうちにまたもや西さんと出会えたことで、かなりの運を使ってしまったのだなぁというのも感じたし、今の状況に感謝したので、このひとつだけでも、私は充分倖せだなぁと。

 

さらに、ネコの中の王様のようなうどちゃんにも出会えて、これ以上を求めたら罰が当たるだろうと思えるくらいに、セラピストにもなってもらい、枕にもなってもらい、温かみをくれる存在になってもらい、本立てにもなってもらい、子どもの代替にもなってもらい、大切な家族にもなってもらい、文句などまったくないわけです。母がそのうどちゃんをはじめとするネコたちに、いろいろな不平不満を言うんですが、ネコなんだから毛が抜けるのは当たり前だし、掃除機が嫌いなのも当たり前だし、ナマのお魚が好きなのも当たり前なんだから、と苦笑していられる生活は、極上モノです。うどちゃんは、もしも前世があったとしたら、アラブの王族の血縁だった王子様だろうな・・・←親ばか(爆)。

 

仕事も今の英語講師はものすごい充足感ですから、安定がなくとも、なんとかやっていけそうですしね。さらに、また横田基地での仕事の依頼が入ってきたのですが、今回はフルにはできそうにないので、誰かを紹介することに・・・。家で教えている中高生のほうも、諸問題はありますが、子どものいない私にはかなりお金だけではない学びや、いろいろな感情を体験させてもらえて、本当に楽しいです。ウェイトレスが天職だと思ってきましたが、ひょっとすると英語講師だったのかもしれず・・・←また違うことを言い出すかもしれず(笑)。不動産転がしも職業ではないのだけれども、かなり楽しかったしねぇ・・・。来年、カウンセラーの資格が取れたら、またそんなことを言い出すかもしれないので(笑)。

 

Aspectのことを考えずとも、10代の頃とて、恋愛をしているときはもう他の何も要らなかったし、恋愛をしていないときには、バイトでお金が確実に入ってくるだけで楽しかったし、読書が進むだけでも悲鳴を上げたくなるくらい楽しかったし、私の「ひとつだけでいいからマジック」は、いつもよい方向に作用してくれていたようです。気づくと、けっこういろいろなAspectでうまくいってきたような・・・。

 

5月6月は無料の英語講師の社会奉仕を2件やっているのですが、いよいよ6月16日には看護師さんが渡米です。彼女もアメリカの何か大きなふところの「ひとつだけでいいから」、速攻で好きになってくれたらと願っています。それがあれば、きっといつまでも勉強が粘れるし、生活していて楽しくなるような・・・。そうして楽しくやっていけば、きっといろいろなことが好きになって充実してきて、勉強もガシガシ進むに違いなく・・・。

 

そして、欲しいことも「ひとつだけ」にしてきた、貧乏だった子どもの頃を振り返ると、今、「ひとつだけに絞りきれないから面倒すぎてもう要らない」という態度の、自分の消費生活はけっこう便利だなと思えています(笑)。消耗品のような必要なものはどうしても買っているのですが、贅沢なものを買う気になっていないのは、「ひとつだけ」を選べないからなのだろうと。消耗品を大量に安価で買い貯めるのはシュミに近いものがあったんですが、日本の住居は狭いので、そんなに大量買いはできないしねぇ・・・。ただし、消しゴムだけはなぜか複数個買うのです(笑)。消しゴムが筆箱の中に2個あるとなぜかとても安心して、贅沢な気分になるのだった・・・。安い倖せである(爆)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です