ブログ

10/08/2007 にアップした文章です。

 

連休続きなので、私はひとりでごはんを食べるのですが、ネコたちがいるので、お刺身を買ってしまうという大甘なマミィです。私個人は、今はアメリカがなつかしくてたまらないので、お肉モードで、お刺身はいつでも食べられると、なぜかみなしています。いや、アメリカであんなに高いお金を出して買っていた鯵(あじ)は、1/3の値段だし、マグロは夕方7時を過ぎると30%引きになるので(ネコたちが食べるのでちと手抜きとはいえども、質よりも回数かもしれないと思うのだ)ほぼ1/4になります。ところが、かたやお肉は、逆転。別にお金がないわけではないので、買えばいいんだろうけれども、明らかに安く売っていることを知っている私は、どうも買えない・・・。貧乏性なんだろうなぁ。

でも、今日は午前中、仕事でミーティングがあり、そのあと企画書を書いて、まだ時間が余ったので、またもやパチンコに出かけてしまい、またもや5万も買ってしまったのだった・・・。でも、0回だった台がどれくらい出るものなのか、と、ずっと出た玉を打ち続けていたので、なくなったり増えたりして、最終的には15箱くらい。差し引きして5万買ったのです。負けていい予定だったのですが、買ってしまい、すぐに戻るつもりだったのに遅くなったので、スーパーに買い物に出かけて、シチューは中止にしました。簡単なので、自分にステーキを買うことにしたのだった。ところが!家に帰ったら、またアレだったのよ・・・。ニンニクが見つからない(爆)。母がいないと、どうも私はどこに何があるか、まったく迷子状態なのである。ネコたちにはでっかいマグロを買ったのですが、自分はもったいないので、ニンニクを明日買ってきて、明日食べることにした・・・。

何度も言うようですが、私はコンロが4つないと込み入った料理ができない体質になり下がっており、この甘え体質は何とか直さねばならぬのだけれども、普段は母が台所仕事をしているので、週末コックはどうも気合をたっぷり入れて本気にはなれない。しかも、西友で、冷凍食品4割引をしていたので、茶豆(枝豆の中で茶豆なんてあったことは、つい2年前に知ったのだ。アメリカではもう枝豆は作っているのだけれども、茶豆は輸入モノで高かったが、2年前から病みつきになった・・・。が、高い・・・)を2袋も買って、1袋全部一人で食べたので、もうおなかいっぱいになって、ごはんどころではなかった(爆)(爆)。こんな食生活が、母にバレたらたいへんなことになる・・・・(汗)←43歳にもなって、未だに母に叱られている日々です。

そうなのよ。夜コーヒーを飲んでも怒られるし、ネコの毛を洋服にくっつけたままでいると怒られるし、パソコンでゲームをしていても怒られる(笑)。でも、特に怒られるのが、ごはんについて、なのだった・・・。土曜日は、朝の10時から英語のクラスがあり、夜の8時までびっしり詰まっていて、この日は母のお弁当が頼り。50分だけお休みがあるのだけれども、私はサービスが得意なので、正味が40分ほどになってしまい、そのときにビルの外にタバコを吸いに行かねばならぬし、トイレも行かねばならぬし、歯磨きもせねばならぬ。なので、コンビニに行ったり、外食をしている時間のゆとりはないので、おにぎりかサンドウィッチを作ってもらうことになっているのです。それに、母は私が外食をするのを好まない。偏るからなのだそうです。自分では栄養学のイロハもわかっているつもりでいるのだけれども、アメリカを懐かしむあまり、やはり野菜が少ないと怒るのである。母は、おにぎりに、根菜や青い野菜をおかずにつけてくれるので、やっぱり管理されている気分ではある・・・。気分どころではなく、やっぱり管理されきっているんだろうなぁ・・・。

うーん、ここまで書いてきて、世の中の男性諸氏とどうも変わりがないように思えてきた(爆)(爆)。きっと、校長センセや陽さんのほうが、自分でしっかりコマメに考えた食べ物を体内に入れているに違いなく・・・。

私は果物が嫌いではなく、台湾に行けば食べるのです。日本で買わないのは、アメリカや台湾よりバカ高いから。しかも、うんと甘い状態で売っている気がしていけません。割高なものを、苦労して食べるのもバカらしく・・・。ええ、私は、果物は食べるのが面倒くさいので食べないのです(爆)。母は、夏みかんやネーブルや桃やパイナップルやブドウ、みーんな大好きで、コマメに手やナイフを使って剥いていますが、私は手が汚くなるのも面倒だし、食べかすを棄てるのも面倒だし、食べる時間が長くなるのも面倒なので、避けているのです。あああああ・・・、やっぱり情けない人間だなぁ(爆)。でもね、いっぺんに3つくらいのことをしていないと気がすまないので、果物を食べているあいだは、せいぜいTVくらいしか見られず(マウスが動かせないので、PCできないじゃん・・・。ページが汚れるから本も読めないじゃん・・・)、どうしても時間を泥棒されるような気分になってしまうんだろなぁ・・・。

You are what you eatなので、確かにしっかり自分で作って食べたほうがいいのですが、今日のように中途半端に仕事があると、どうも気がそっちの方向にまっすぐに向かないのです。食は楽しみなことではあるのだけれども、おなかが空けばいつでもエンジョイできると思えるので、どうも優先してしまう事項は多い。もー、食事は仕事をしながらしたいくらいである。考えていても、手を動かしていても、口はもぐもぐできるので、飲み込むこともできるので、ぜひぜひそうしたいのですが、そうすると母に怒られるので、いつもちゃんと家ではテーブルに座ることにしています。が、ひとりだとやっぱりPCの前やら、本を広げてやら、手紙を読みながらだとかなのだよねぇ・・・。メールなどは、バンバン読んで、返事が必要なものを開きっぱなしにして、食べ終わったら、ガンガン書いていくのである。

うーん、やっぱり私のメンタリティは壮年の男性諸氏と同じなのか?(爆)

それにねぇ、ひとりでいるとネコたちが、私が大いに甘いということを知っているので、寄ってくるのです。人間ご飯をネコにあげてはいけないことは知っていても、お刺身や生肉だけと限定しているものの、お魚を焼いたりすると、しょっぱいというのに、どうもネコたちは本能の塊である鼻を駆使して寄ってくる。で、私は、鮭の皮を洗ってまで上げてしまうのである。うまみも何もないのであるが、しょっぱいよりはいいのだった。鮭皮巻きにしたら徹底的においしいところなのに、お茶漬けにしてもとてもおいしいのに、うどちゃんは鮭の皮が大好物なので、鮭を買ってくると、塩をしないようにしてもらって、切り身でひとつ、彼のために取っておくくらいなのです。いけないとわかっていても、うどちゃんはもう17歳。あと何年生きるかわからないのだから、好きなものを食べさせてあげたいと思うのが、親心なのです。なので、塩だけはちゃんと抜く。

明日も母がいないので、どうしようかなぁと思っています。冷蔵庫にあるもので何か見つくろって作ればいいのだけれども、美容院もあるし、仕事もあるし、なんだかとても面倒な気分。それもこれも腰が本調子ではないからだと思うので、明日、やっぱりもう一度、鍼の予約を入れようかと思っています。今日電話したのですが、予約でいっぱいだったので、明日また掛けてキャンセルがあるかどうか確かめてください、とのことでした。ダメならば、火曜日か水曜日だなぁ・・・。

新しい仕事に着手することになるので、しばらくは通訳や翻訳を引き受けない方向で行くことになったので、せいぜい寝っころがったり、ストレッチをしたり、お風呂に浸かったり、マッサージを母と掛け合ったり、いろいろしてみようと思います。くれぐれも、公園では子どもたちの目の前で怪しい人にならぬよう・・・。ちょっと楽しみなプロジェクトなので、早く本決まりになって報告できるといいなぁ。

ところで、私がひとりのごはんに気を揉んでいる中、西さんは中国の蘇州から、台湾に1週間の予定で滞在しており、さっそくの台風に見舞われてたいへんだったようです。メールも取れていないので、停電だったのでしょう・・・。電話をしてみたのですが、電話中だったので、携帯の充電はできている模様・・・。生きていることは確かめられたのでよかったです。

でもなぁ、ごはんを作るのも食べるのも面倒くさいって、本当に私は救いがたい人間なのかもしれない・・・(汗)。