またクリスマスを忘れたっ!

12/26/2007 にアップした文章です。

今、これを書いているのは、イブの夜です。母がボーイフレンドの家から2泊して戻ってきて、「相変わらず散らかっている」と口に出さずに片付けており、私は明日の授業の準備をしています(数学だからさ、やっぱり準備しないと不安・・・)。ということで、すっかりクリスマスを忘れてしまい、いまさらながら思い出しているところ。アメリカにいたときには、それなりに町全体に促されて、「集まっておいしいものでも食べて、キリスト教について考えてみるか・・・」などと便乗派ではあったのですが、去年も今年もすっかりすっぽ抜けていた(爆)。日本人の宗教観では、キリスト教だからお祝いするのではなく、商業的な香りばかりが強くて、私個人が思い出して大切にしようという気が失せるからなのだと思われる・・・。

クリスマスの起源や謂れを知らない人はいないと思うのだが、たぶん、ざっくりしか知らない人は多いかもしれない。私は、アメリカにいたころに映画を見まくっていたので、いろいろなことがわかってかなり楽しかった。それでも私はクリスマスの賑わいは好きではないです。今年は、LEDのことばかり考えて、イルミネーションを見ていた気がする(笑)。環境問題が日本人に浸透したのはいいとしても、LEDにその商業的アピールを切り換えたビルや企業はどのくらいあったんだろうか?どこかで統計を出すと、とても私としてはうれしいんだが・・・←別に環境を考える学者でもないのだけれども、なんだか愛国心が増えるかもしれないという希望(笑)。

私が冬期講習会で、なぜか頼りにされてしまい、50コマ(75時間)もの授業を、わずか15日の期間中、おやすみが12月31日と1月2日と5日だけで引き受けてしまったもので、母は歓んでおり、心置きなくボーイフレンドの家で過ごすことになるのでしょう・・・。しかも、5日は英語学校が始まるので、私にとっての完全休日は、12月31日と1月2日の2日だけで、次の完全休日は、1月13日です(笑)。これくらいの理由があれば、クリスマスを忘れても、エッセイが書けなくても、強く文句を言われないで済むかと思えるのです。しかも、1月8日からは新しいクラスを持つことになっており、それにはTOEICがかかっているので、楽しみでもあるのだ♪

しかも、今日はなぜか独協中の入試過去問題の中にあった、村松友視の『アブサン物語』が抜粋されており、それで目を真っ赤にして泣いていた(笑)。昨日はものすごくいやなことがあり、1時間半しか眠っておらず、4.5時間の授業をしたあとに、またもや2時間の授業をしに出かけるのよ・・・。仕事があることに感謝なのだけれども、眠っていないと機能しないやつなので、今日は少しつらい・・・。がんばるしかないのだけれども、やっぱり眠い・・・。明日、どうしてもこれをアップさせようと思って短い仕事の合間にPCに向っているのです。

なので、キリストのことを思い出している暇はなく、あんなに散々泣いた”The Passion of the Christ”などもぶっ飛んでしまっているのである。小さい頃は、日曜学校に小学校4年生から通っていたので、この日は特別な日であった。24日のミサから参加して、翌日もプレゼントなどは気にせずに、福音書をありがたく読んでいたんだよなぁ・・・。しかも当時は、ラテン語で賛美歌が歌えたのだ。不思議だけれども、その歌詞はまだ2・3曲憶えている・・・。

ものすごくいやなことがあった夕べ、何をして起きていたと思います?(笑)求人広告を見たり、それに応募したり、大学受験要項を読んでいたんですよ、ネットで。そしたら気づくと、12時が朝の7時になっており、11時から授業だったので、急いで数時間寝ようとしたのだが、まだ怒りが鎮まっておらず、眠れなかった・・・。そのときに、何通か資料請求もしたし、応募もしたんですが、さっき戻ってアウトルックを開いたら、ちゃんと5通くらいは戻ってきていて、びっくりしました。クリスマス当日、まだみんな働いているのか・・・?

やっぱり日本は24日のほうが大切なんだなぁ・・・と、二度びっくりした次第です。

あ、やっぱり睡眠不足は思考回路に大いに影響しており、話が飛び飛びになっている・・・(汗)。そうだよねぇ、7時間眠らなければならない体質なのに、1時間半しか眠っていないんだもんねぇ・・・。

そして、私は2日間働いてみて、小学校5・6年中学校1年の国語と数学をなぜか受け持ったのですが、英語デビューは明日。ちょっとうれしい(笑)。準備が要らないというのがうれしいわけです。時給外で準備しなくてはいけないのが、こういう仕事のつまらないところで、整理整頓能力が高かったり、順応する力が充分にあったり、内容をすぐに引き出しから取り出せると、本当にオトクかもしれません。もうひとつは、逆さまから文字が読めることかな(笑)。明日の朝は、中学2年の英語で、おしまいが中学1年の英語なのですが、その他は小学校3年の国語と小学校5年の国語。まだ、わからない問題や漢字はありません。よかったです(笑)。中学受験のもので、『平成教育委員会』でたまに脅していますが、やっぱり私は国語は大丈夫なようだ・・・。今日やった数学も、すらすら解けていたので、私が黒板でやり直す必要もなく、ラクをしたといえばラクをしてしまったと言える・・・。

始めてみるまでは、「塾なんて子どもがかわいそう」と非難的だったのです。が、子どもたちはかわいいし、彼らの中では「学校以外で学ぶ」というのは当然で、家にいても誘惑が多くて(ゲームやTVやその他)、なんだか「やっぱり塾はみんな行っているし・・・」というのに飲まれてしまうのもわかる気がしているところ。先生たちのほうはいろいろな方がいて、大学生が主流で、プロの先生たちがけっこういてびっくり。私と似たような年齢にしては学歴が高い女性が主婦をやっていて「他のパートよりもいいから」というのや、リタイヤして教えてらっしゃる男性もいる。30代・40代に見える男性たちは、やはり私と同じように、「コマ数を埋める講師稼業」のようです。

そこでちと考えたのは、代々木ゼミナールでの200人くらいの講義などは、一体いくらくらいの報酬なのか?という疑問。ぐぐってみると、有名な講座を持っている有名ゼミの先生で、15000円くらいらしい。何コマくらいあるんだろうか?さほど数はないように思えるんだが・・・。でも、昔、すごく有名な先生いたよなぁ・・・。TVに出まくっていたような・・・。そういう時代だったんだろうけれども・・・。

とはいえ、これからまたクリスマスモードになるのはちと無理かもしれない。英語でReading:Emotion関係をやったあと、TOEICのListeningなので、そんな場合じゃないかもしれず・・・。帰宅したら速攻で眠らないと、明日の授業は9時20分からだ・・・←準備時間があるので、15分前に出かけなければならないという悲哀もある。

というわけで、今日はかなり乱雑になり、しかも、昨日はクリスマスだったというのに、「死刑制度問題」で申し訳ないです(汗)。

12/26/2007 にアップした文章です。

今、これを書いているのは、イブの夜です。母がボーイフレンドの家から2泊して戻ってきて、「相変わらず散らかっている」と口に出さずに片付けており、私は明日の授業の準備をしています(数学だからさ、やっぱり準備しないと不安・・・)。ということで、すっかりクリスマスを忘れてしまい、いまさらながら思い出しているところ。アメリカにいたときには、それなりに町全体に促されて、「集まっておいしいものでも食べて、キリスト教について考えてみるか・・・」などと便乗派ではあったのですが、去年も今年もすっかりすっぽ抜けていた(爆)。日本人の宗教観では、キリスト教だからお祝いするのではなく、商業的な香りばかりが強くて、私個人が思い出して大切にしようという気が失せるからなのだと思われる・・・。

クリスマスの起源や謂れを知らない人はいないと思うのだが、たぶん、ざっくりしか知らない人は多いかもしれない。私は、アメリカにいたころに映画を見まくっていたので、いろいろなことがわかってかなり楽しかった。それでも私はクリスマスの賑わいは好きではないです。今年は、LEDのことばかり考えて、イルミネーションを見ていた気がする(笑)。環境問題が日本人に浸透したのはいいとしても、LEDにその商業的アピールを切り換えたビルや企業はどのくらいあったんだろうか?どこかで統計を出すと、とても私としてはうれしいんだが・・・←別に環境を考える学者でもないのだけれども、なんだか愛国心が増えるかもしれないという希望(笑)。

私が冬期講習会で、なぜか頼りにされてしまい、50コマ(75時間)もの授業を、わずか15日の期間中、おやすみが12月31日と1月2日と5日だけで引き受けてしまったもので、母は歓んでおり、心置きなくボーイフレンドの家で過ごすことになるのでしょう・・・。しかも、5日は英語学校が始まるので、私にとっての完全休日は、12月31日と1月2日の2日だけで、次の完全休日は、1月13日です(笑)。これくらいの理由があれば、クリスマスを忘れても、エッセイが書けなくても、強く文句を言われないで済むかと思えるのです。しかも、1月8日からは新しいクラスを持つことになっており、それにはTOEICがかかっているので、楽しみでもあるのだ♪

しかも、今日はなぜか独協中の入試過去問題の中にあった、村松友視の『アブサン物語』が抜粋されており、それで目を真っ赤にして泣いていた(笑)。昨日はものすごくいやなことがあり、1時間半しか眠っておらず、4.5時間の授業をしたあとに、またもや2時間の授業をしに出かけるのよ・・・。仕事があることに感謝なのだけれども、眠っていないと機能しないやつなので、今日は少しつらい・・・。がんばるしかないのだけれども、やっぱり眠い・・・。明日、どうしてもこれをアップさせようと思って短い仕事の合間にPCに向っているのです。

なので、キリストのことを思い出している暇はなく、あんなに散々泣いた”The Passion of the Christ”などもぶっ飛んでしまっているのである。小さい頃は、日曜学校に小学校4年生から通っていたので、この日は特別な日であった。24日のミサから参加して、翌日もプレゼントなどは気にせずに、福音書をありがたく読んでいたんだよなぁ・・・。しかも当時は、ラテン語で賛美歌が歌えたのだ。不思議だけれども、その歌詞はまだ2・3曲憶えている・・・。

ものすごくいやなことがあった夕べ、何をして起きていたと思います?(笑)求人広告を見たり、それに応募したり、大学受験要項を読んでいたんですよ、ネットで。そしたら気づくと、12時が朝の7時になっており、11時から授業だったので、急いで数時間寝ようとしたのだが、まだ怒りが鎮まっておらず、眠れなかった・・・。そのときに、何通か資料請求もしたし、応募もしたんですが、さっき戻ってアウトルックを開いたら、ちゃんと5通くらいは戻ってきていて、びっくりしました。クリスマス当日、まだみんな働いているのか・・・?

やっぱり日本は24日のほうが大切なんだなぁ・・・と、二度びっくりした次第です。

あ、やっぱり睡眠不足は思考回路に大いに影響しており、話が飛び飛びになっている・・・(汗)。そうだよねぇ、7時間眠らなければならない体質なのに、1時間半しか眠っていないんだもんねぇ・・・。

そして、私は2日間働いてみて、小学校5・6年中学校1年の国語と数学をなぜか受け持ったのですが、英語デビューは明日。ちょっとうれしい(笑)。準備が要らないというのがうれしいわけです。時給外で準備しなくてはいけないのが、こういう仕事のつまらないところで、整理整頓能力が高かったり、順応する力が充分にあったり、内容をすぐに引き出しから取り出せると、本当にオトクかもしれません。もうひとつは、逆さまから文字が読めることかな(笑)。明日の朝は、中学2年の英語で、おしまいが中学1年の英語なのですが、その他は小学校3年の国語と小学校5年の国語。まだ、わからない問題や漢字はありません。よかったです(笑)。中学受験のもので、『平成教育委員会』でたまに脅していますが、やっぱり私は国語は大丈夫なようだ・・・。今日やった数学も、すらすら解けていたので、私が黒板でやり直す必要もなく、ラクをしたといえばラクをしてしまったと言える・・・。

始めてみるまでは、「塾なんて子どもがかわいそう」と非難的だったのです。が、子どもたちはかわいいし、彼らの中では「学校以外で学ぶ」というのは当然で、家にいても誘惑が多くて(ゲームやTVやその他)、なんだか「やっぱり塾はみんな行っているし・・・」というのに飲まれてしまうのもわかる気がしているところ。先生たちのほうはいろいろな方がいて、大学生が主流で、プロの先生たちがけっこういてびっくり。私と似たような年齢にしては学歴が高い女性が主婦をやっていて「他のパートよりもいいから」というのや、リタイヤして教えてらっしゃる男性もいる。30代・40代に見える男性たちは、やはり私と同じように、「コマ数を埋める講師稼業」のようです。

そこでちと考えたのは、代々木ゼミナールでの200人くらいの講義などは、一体いくらくらいの報酬なのか?という疑問。ぐぐってみると、有名な講座を持っている有名ゼミの先生で、15000円くらいらしい。何コマくらいあるんだろうか?さほど数はないように思えるんだが・・・。でも、昔、すごく有名な先生いたよなぁ・・・。TVに出まくっていたような・・・。そういう時代だったんだろうけれども・・・。

とはいえ、これからまたクリスマスモードになるのはちと無理かもしれない。英語でReading:Emotion関係をやったあと、TOEICのListeningなので、そんな場合じゃないかもしれず・・・。帰宅したら速攻で眠らないと、明日の授業は9時20分からだ・・・←準備時間があるので、15分前に出かけなければならないという悲哀もある。

というわけで、今日はかなり乱雑になり、しかも、昨日はクリスマスだったというのに、「死刑制度問題」で申し訳ないです(汗)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です