ブログ

アメリカの有名人

カテゴリー:ブログ

06/22/2007 06:00:00にアップした文章です。

 

 

日本に戻ってきてアゼンとしているのが、アメリカで売っている商品のバカ高さ。日本に戻ってくると、価格差をそのまま受け容れなければならないとは思えないので、ますます消極的消費者になってしまうところ。今日も、Billy Blanksがテレビで例のBoot Campをやっていたのですが、彼のおなかはなぜか出ていた(笑)。8ヶ月前に見たときはあんなじゃなかったんだけどなぁ・・・。DVDを持っている人も気づいたか?

さて、そのオドロキの価格差ですが、オフィシャルサイトでは、$39.95なので、日本円に今日のレートで直すと、だいたい5000円。ところが、日本で売っているサイトだと、14700円なんだね・・・。もちろん5枚セットくらいのDVDなんだろうけれども、日本語字幕がついていること以外に、記録用のシートやその他が日本語になっているだけ、なんだよね?3倍ってすごいなぁ・・・。私はやはり商売人に向かないことがここでもわかる。うーん、実感だ・・・。

そもそも、BillyはアメリカでこのBoot Campの前に、TAEBOという格闘技ちっくなエクササイズプログラムを出したのですが、こちらは自費できちんとサイトも作り、けっこうな数が売れたのではないかと思うのです。これ>http://www.billyblanks.com/ ね?ドメインも彼の名前でしょ?彼が売れ始めたのは、今、アメリカンアイドルの審査員をやっているが、元売れっ子ポップスターのPaula Abdul が劇的に痩せたから。そのあと、口コミでたくさんのハリウッド系のトレーナーになり、そこで彼自身も俳優になったり、トークショーに出たりと、小銭をたくさん稼いでいたのです。

私が思い出すのは、サマースクール(普段は夏休みは学生は旅行に出たり、郷里に戻ったりする、が、私はこのサマースクールがやたらと好きだった)で、休憩時間にTae Boを見せてくれる教員がいたこと。アメリカの教員ライセンスは更新制度なので、何年かごとに取らなければならないコースがあり、そのためにテキサスだったかアーカンソーだったかから、カリフォルニアに来ていたのです。

いろいろネットで調べてみたところ、彼が売れた原因は、やはりマーケティングの勝利だということがわかりますね。このhttp://www.asseenontv.com/prod-pages/billys_bootcamp.html サイトには、日本に上陸しているものがいくつあるか、時間がある人が見てみるとよーくわかるのですが、私もこのサイトで売れるものがきっとあるといつも考えていたのですが、やはり大きな資本を持ち、中国やカンボジアやベトナムで安く作らせ、海外に流通させるには、それなりの広告力や知名度が必要。不動産を持っていても、テナントをひとりひとり自分で募集して探して歩くよりは、不動産やさんに任せてしまうのと同じで、こうしたでっかい既存の組織に丸抱えしてもらう委託のほうが儲かるのです。自分の手間隙もぐーんと減りますし・・・。

Tae Boのときには自分のドメインで販売をしていたし、TVでインフォマーシャルも自分の事務所でやっていたのですが、この会社に委託して以来、彼の商品販売の伸び率はすごいものです。もちろん、自社サイトでも販売はしているのでしょうが、ここではBoot campシリーズは、$29.99という格安になっています。これが委託料を払う差なんだよね・・・。http://www.billyblanks.com/blanks/ecs/main/store.html まぁ、ノリなんだけども、Dog Tagsまで売っているところが、すばらしい商売人センスなんだろうなぁ・・・。

片や、今日、Mixiのニュースで、Oprah Winfreyって誰?というニュースがあり、けっこうアゼンとした・・・。今日はアゼンとしてばかりだ(笑)。Chicagoのテレビ局でアンカーウーマン前にレポーターを勤め、メキメキと実力を発揮し、10年くらい前から、全米で最も裕福な芸能人になったはずなのに、知らないのか・・・。日本に渡っている分野では、俳優としてSteven Spilberg監督作品の Color Purpleに出ており、そのときの役のだんなの名前が、Harpoと偶然にもOprahの逆読みなのだ。残念ながらアカデミー賞は獲れなかったのですが、彼女もノミネートはされていたのよ・・・。あ、日本語でもあったぞ、情報♪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC

彼女がどれくらい裕福かというと、自分の番組のスペシャルで、会場に見に来てくれた人全員に、新車を一台ずつプレゼントしてくれた、というすごいことがあり、見ていた人たちは会場で泣く喚く(笑)。たまたまニュースになったその日の夜、そのニュースを見ていた私は、彼女の資産を想像して、空恐ろしいものがあったわけです。彼女の慈善事業に対する情熱は、企業家のそれとはスケールが違う・・・。彼女の持っているトークショーでは、本当にそのへんに生活している人々の夢がどんどんかなってしまうし、彼女といっしょにニューヨークマラソンなどを走った人は、全米で数百人から1000人くらいいるのだろうと思う。しかも、彼女の政治的ポジションも相当にしっかりしたものに裏打ちされており、彼女の悪口を言う人々というのは、私は公的には見ていません。もちろん、嫉妬や羨望などの悪口はあるのでしょうが、そんなもの、ただの感情のぶつかりで、沈思に値するものではないのだろうね。

しかも、彼女のヨーヨーダイエット(ダイエットをするのだがすぐにリバウンドする)は、遍歴として有名で、もう20回くらい特集されているし、長い春だった婚約者とも20年くらい婚約したまま、去年あたり正式に婚約を解消したのだ。婚約者も成功者で実業家なのだけれども、彼女は彼の10倍くらい資産を持っていたことが、結婚に踏み切れなかった理由なのではないかと言われているのだけれど、それは本人たちにしかわからないよね・・・。

私がお鮨やさんでたまたま話した、常連客のお父様とお母様は、東海岸に土地を持っており、島になっている小さい地域の、その土地の半分ほどをOprahが別荘として所有しており、私は彼女たちには、Oprahスタッフたちに気に入られるために、スパを経営したらいいかも、と助言しておいた・・・(笑)。アジア・ヨーロッパ・アフリカと、いろいろな種類のマッサージや部屋をこじんまり作っておいて、上流階級の単価が高いお客さんだけを相手にすりゃいいんだよ、と・・・。相当乗り気だったので、きっとわずかであろうけれども、手がけているかもしれない。

Billyはともかく、Oprahを知らない日本人のほうが多いというのが、おそらく、日本が輸入している偏った情報を象徴しているような気がしてなりません。TV番組にしろ、流行にしろ、商品にしろ、本当のアメリカンスピリッツがもたらすものを、どうも輸入していないようだ・・・。私は、Oprahと同じ時代に生まれて育ったことは、相当感謝しています。彼女のすがすがしさやスケールのでかさには、本当に学ぶところがたくさんあり、日本人が好きで読むハウツー本などを読むより、ずっと学ぶものが多いと思っています。ただし、彼女が気の毒なのは、来る者は拒めないのだろうな、ということ。どうでもいいような俳優でも、他人の望みを汲みしてトークショーに招いて話を聞いているし、それがニュースに使われていたりする・・・。

日本人は、Larry King, Barbara Walters, Al Gore, Jesse Jackson, その他たくさんたくさん、いろいろな知ったほうがいい人たちのことは、きっと輸入してないだろうなぁ・・・。気づいたので、折があったらぜひ書こうと思った次第です。うんうん・・・・。