不眠症は心理的な問題ですか?

いえいえ、それだけではないですよ。主に5つのエリアに分かれます。

 

  1. 身体的疾患に伴うもの(Physical); 中枢神経疾患、循環器疾患、呼吸器疾患など
  2. 生理学的不眠(Physiological);時差ボケ、交代勤務、短期間の入院など
  3. 心理学的不眠(Psychological);精神的ストレス、喪失体験、恐怖体験など
  4. 精神疾患に伴うもの(Psychiatrical) ;うつ病、統合失調症など
  5. 薬理学的不眠(Pharmacological) ;アルコール、向精神薬、降圧薬、インターフェロンなど

 

心理的なものは3.で、もしかすると4.までの状態になっている可能性もゼロではない、といったところですね。

  • 自然科学的問題
  • 社会科学的問題
  • 人文的問題

の順番でチェックしていくと見えてきます。

 

簡単なのは、近い過去から現在において、生活が変わったかどうかを確認です。旅行やシフト、労働時間や移動時間、遊びの疲労感など、習慣から離れたものと蓄積しやすい身体リズムの確認をしてみてください。原因はここにあることも可能性としては高いです。

 

ふだん行かないところに行き始めたりすると、身体のリズムは乱れますし、太陽が出て沈むことを意識しないで生活すると、睡眠に必要なホルモンや脳内ケミカルの分泌や循環が乱れることも多いです。それにより、マイルドではあっても4.の精神疾患までの進みが考えられることもありますし、3.で留まっているが睡眠に影響していることもありえます。

 

次に、自分の持病・生活習慣病に「いいとされている習慣を定着させ、悪いとされている習慣を取り除く」からチェックします。その際、疾病に伴い、どんな薬や化学的なものを身体に入れているか確認です。アルコールの他、食事の内容も見てみると原因になるものがあるかもしれないです。

 

そうした意味では、食事の記録をつけるのは、ダイエットのためだけではなく、医者に見せるのにいいデータになります。数日間から数週間分あると、かなりな助けになります。

 

もしかすると、コーヒーやアルコールなどを知らず知らずのうちに眠りたい直前に摂りすぎているかもしれない事実が見落とされているかもしれません。

 

健康にいい習慣の柱として、

  • 水分量を必ず1日2リットル以上
  • 眠くなってから寝ており、だいたい同じ時間帯の中で7時間ほど眠れている
  • バランスのいい食事で栄養素が知らず知らずのうちに網羅できている
  • 身体を動かし、太陽の光に沿った生活をしている;特に起床時間
  • 脳を使うために読書や考える作業をしている
  • 人と話をしている

 

この5つのどれかが充分ではない、ということが考えられ、そのため身体全体にネガティブな影響が出ている、という可能性が不眠の問題になっていなければ、あとは、心理的な問題である可能性を探ることになります。

 

ストレスの大きさ・頻度を考え、それが認知(=考え方)にまで影響しているようであれば、4.に進んでしまう可能性もあるので、チェック表などを利用してみるといいかもしれません。

 

http://www.kaimin-japan.jp/check/

10年ほど前に比べると、NHKで『睡眠負債』を特集してからずいぶんとこの手のサイトが増えましたね。よいことです(^^♪

 

英語学習者にも漏れなく、これについては考えていただいておりますPrecious One English Schoolです。でなければ、ふだんの学習効率がぐんと落ちるからなのです。

 

このあとストレスチェックをすれば、心当たりがある問題が見えてきます。

 

職場におけるストレスチェック

疲労蓄積度チェック



うーん、この疲労蓄積度はすごかった(笑)。個人的に経営をしていると、けっこういろいろあるな、と思わされた次第ですが、今後もますますがんばろうと思った(笑)。これからまた実際、Blog記事・HP改編・コラム記事・インスタグラム用準備など、やることはレッスン以外にも満載で、このほかにも事務・支払い・連絡などなど、仕事は延々と続きます。(・・;) みなさまも、自分の生活のチェックは怠りなく!そしてしっかり眠って休んで回復してくださいね(^^♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です