主義はありますか?

08/15/2008にアップした文章です。

小学生の頃、私は○×主義という語彙に遭遇するたびに、「あ、もう少し大きくなってからでいいや」とすっ飛ばしていたことを思い出します(笑)。大混乱な言葉なわけですよ。何かの難しい語彙に、主義をくっつけると、相当重い言葉になる、という認識だけはあったようで、しかもニュースなどから流れてくることが多く、父に聞いてみてもかなり曖昧な返事しか返ってこず・・・。というわけで、中学に入るくらいまでは、すっ飛ばしていましたね(笑)。中学になって、すっ飛ばせない○×主義がいくつか出てきて、少しずつ、この「主義」が帯びている意味がわかってきます。ところが、今大人になってもたくさんありすぎて、心の地図であるSchemaにどのように組み込んでいいのか、すべてが網羅しきれていないようなところがある・・・。うーん、すごい言葉なのである(笑)。



主義:(1)常にいだいている主張・考えや行動の指針。(2)特定の理念に基づく、学説や思想上の立場。また、体制や制度。

 

Wikiに載っているだけでこんなにあるんですよぉ。この数と来たらびっくりしちゃいます。ちょっとクラクラしてくるほどです←こんなことを書くと、見てもらえないかもしれないが・・・(笑)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E7%BE%A9 私がざらっと数えただけで550くらいありました。こんなすごい考え方がたくさん跋扈しているとは、世の中混乱するわけですよ(笑)。うーん、跋扈という言い方には語弊があるのか?存在していて、核になる考え方も多々あるし、瑣末な派生も存在としてはそれなりにいい主張もあるし・・・。でも、要らないだろよ、それ、というのもけっこうあるしなぁ・・・。

 

さて、私の主義は何だろう?と、自分に引き寄せてみる・・・。私は至っていい加減でユルユルな人間なので、大した主義主張を持っているわけではないのだけれども、ゼロでもないし・・・。

 

真っ先に気づくのが、Dandismで、私はハードボイルドが好きだし、鬼平犯科帳の鬼平が大好きなのだ(笑)。必殺仕事人のような人殺しだって、彼らの主義主張の中でしっかり生きていると見えるので、大好きだし。その語源がこれなのですが、汲み汲みとした流れの中で現代にも生きているダンディズムは、日本では高倉健だとか、Vシネマの任侠モノだとか、愛国者のその行動などに生きており、海外では、国防に生命を賭けるスパイやら、テロに対峙するボディガードやその他、美学を身体と生き様で実践しつつ、多様化しているとはいえ、まだまだ残っていると、思いたいのが私なのですねぇ。なので、自分がどうであれ、どうも彼らに対しては100%の敬意を抱いており、読むだけで、見るだけで、泣けますねぇ・・・。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0 

 

さらに私が生きていくうえで、ものすごい影響を受けているのが、Darwinismで、生命体としての宿命から逃れられないことを、しっかりと認識しながら生きていこうと、謙虚に、感謝の意を忘れずにやっていけるための礎になっています。ただ強いだけではなく、社会動物の一部としての存在意義などもそのあと考えていくことにはなるのですが、アリやキリンやネコや鳥などなどに比べてヒトが偉いとは思わないようにしてから、その後をケースごとに考えていける態度が保てるのは、この主義のおかげです。非常に感謝していますし、何か問題があったときには、生物学的観点からの逃れられない宿命や仕組みに関して物事を見ていこうという、態度が定着しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

 

が、このDarwinismを理解した上で、社会動物として生きていくには、経験主義が欠かせず・・・。たくさんの可能性を持った大脳を使う限りにおいて、ヒトは無限大(∞)に自分を広げていけるのだ、ということを、どうしても信じたいせいなのでしょう。この主義を唱えた哲学者たちの中から、アメリカの独立宣言が生まれ、その独立宣言の文章は、私が最も好きな英語のまとまった文章なのです。Thomas Jeffersonを尊敬していますが、彼も奴隷であった黒人女性とのあいだに子どもを作りました。彼女が彼の豪邸の納屋に住んでいたのに、そうした矛盾に見える行動をした根底には何が根ざしていたものか、考えるととてもドキドキします。とはいえ、たくさんの学者が解析しているのですが、本当の彼の気持ちがわかるのは、本人だけなのでしょうし、愛された女性だけなのでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E9%A8%93%E4%B8%BB%E7%BE%A9 

 

私が到達したいと思っているのはAltruismで、造語ではあるのですが、他人の幸せを自分の幸せより重要視しようという態度。これができるヒトになって死んでいきたく、いつもそうしたいと思っているのですが、相手の負担になりまくるといけないので、生きて命がある限りは、やはり大げさなことはできず・・・(汗)。しかも私は険しい登山をするわけでもなく、生命のかかるようなことを日常的にやってもおらず・・・。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E4%BB%96%E4%B8%BB%E7%BE%A9 私の飛行機学校の先生であったBob Kiesserという先生は、同乗していた生徒に折り重なり、最後まで彼女を助けようとした形で海底から発見され、死んでゆきました。1994年のことです。その前にも、お友だちのお父さんは、自分の甥っ子と姪っ子を助けるために高波の海に飛び込んで死んでしまいました。こうした事故のときに、私も必ず、勝算だけを顧みない行動ができたら、といつも思っています。一度交通事故(向こうが反対車線から突っ込んできたもらい事故)に遭遇したのですが、そのときの咄嗟の自分の態度で、私はこの資質があるのではないか?と思っています。死ななかったのでよかったですが・・・。

 

他の545くらいの主義については、言いたいことがけっこうたくさんあるんだなぁと、つくづく眺めていて、エッセイを書くいつもの時間を大幅にオーバーしてしまいました。おもしろいなぁ、と思いつつ、リンクに飛びまくって読んでいたら時間が経ってしまった。そりゃそうだよね、これだけの数あるんだもの(笑)。

 

しかも○×主義という言葉を子どもの頃すっ飛ばしてきた割には、けっこう知っているじゃん。ずいぶん学んできたんじゃないか・・・と驚いてしまったことも、けっこう感動。経験主義ではないけれども、学んでいけばいいわけで・・・。

 

私がはっきりと今言えるのは、この4つの主義なのですが、自分にぴったりなものが見つかれば、他者に説明するのに容易になるかもしれません。あなたの主義主張は見つかっていますか?他の人が唱える主義主張の本質をわかっていますか?

 

ちなみに昨今大嫌いなのは、本当は利己主義なのに、個人主義だと誤解している、日本の欧米個人主義の輸入です。欧米に申し訳が立たないので、ぜひそれはやめていただきたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です