勤勉な人への疑問

06/03/2008にアップした文章です。

 

西さんは、木曜日の夜11時半に帰宅してから、ずっと独楽鼠のように働いています。働くだけではなくて、ちゃんと朝起きたあと、運動にも行くんだよなぁ・・・。ものすごくびっくりしたのが、帰ってきた直後、母が西さんの晩酌だけを用意しており、肴と焼酎があったのに、私の分のビールがなかったと聞くやいなや、すぐにコンビニに買い物に出てくれたことです・・・。飛行機に乗って、リムジンは首都高を新宿で下りて、甲州街道を来たので、ものすごく時間がかかったのだから、すごく疲れていただろうになぁ・・・。あれから、金曜日から帰国日前日の今日、火曜日まで、西さんは眠る時間も私よりも1時間以上短いし、倍くらい働いており、どうしたものかと・・・。同じヒトなのに、これを分けるのは何なのか、考えてみようかと・・・。

 

何度も宣言ちっくなことをしてきましたが、私はノンベンダラリとした、ナマケモノの、だらしのない人間で、それがわかっているがゆえに、大きなことをあまり言わないようにして、自分の一回りか二回りくらいの目標を設定して公言します。あ・・・、生涯学生というのは、プランではなくてまだまだ階段が多くて夢段階なので、いつかはそこまで行くというのでいいわけです。やはり3億から6億、できたら10億のお金を稼ぐなんてぇのは、たいていのヒトにとっては夢なので、それでいいわけです。だけどやっちゃえたらステキだよねぇ、と。とはいえ、私は産業カウンセラー講座では、現役学生をやっていますし、こうして生涯学生への前のめりな態度は、ずっとキープしていくつもりです。

 

そして、金曜日は私が夕方早くからのレッスンだったので、西さんは朝の日課を終えたあと、確定申告のための資料を、この山の中から探し出すために、大々的な整理を始めていたわけです。私が夜、戻ったときには、「よし、これで打ち込む体勢はできたっ!」とご機嫌よく飲んでいたんですが・・・。あ、でも、私の給料振込みの日だったので、私は支払い漏れがないかどうか、ついでに銀行でチェックして、そのあと午後3時まで、パチンコに行ったのです。なぜならば、「あなたは邪魔・・・」だそうで、西さんの優秀な助手のご指名を受けたのは、母だったのでした・・・。肩身をすっかり狭くした私は、その日、3万も稼いでしまいましたとさ(苦笑)。

 

土曜日は、私が朝から晩までレッスンだったので、西さんはひとりで、格闘していたようです(母談)。そして、母が夕方5時にボーイフレンドのところに出かけたあと、西さんは母が作り残しておいてくれたものを、私が戻るまで食べずに、まだ作業を続けていたそうなのです。が、コンサルティングの仕事をしている先やら、台湾やらシンガポールやら、プライベートからのメールをやっつけるだけでも、その数400~600くらいになるはずなので、きっと半日くらいはかかっていたと予測するわけです。現場近くにおらず、バケーション最中だともどかしいことがたくさんあるしね・・・。すぐに電話で聴けないのが、土曜日の悪いところです。そして、私が戻ったあと、今度は私が疲れていたので、ビールを買って戻ればよかったのですが、飲むつもりはなかったのです。ひとりで飲むのがつまらなそうだったので、西さんが自ら、「買ってきてあげるね」と買いに出かけてくれたので、飲まないわけにも行かず・・・。まぁ、翌日はほぼ休みみたいなもんだし、いいか・・・と、意志がそれほど強くもない私は、曲がったのであった・・・。

 

そして、日曜日、高校1年の初めての中間考査というのがあったので、補習を頼まれており、その内容が、数学・古典・漢文・英語が残っていたので、西さんが居るから使おうと思った私(ひどいよねぇ・・・)は、数学と漢文を西さんに任せたのでした。なんと、数学だけで2時間半も掛かってしまい、恐縮でした・・・。私はそのあと1時間で、英語を教えて、高校生の女の子を連れておでんやさんへ・・・。入梅したということで、なんとなく寒かったのです。特に飲み屋さんカラーでもなかったのでいいでしょう・・・。その日の午前中から午後彼女が来るまでのあいだで、私はまたもやパチンコで15000円稼いでいたので、それ以内で支払いが済んだのでよかったと思いながら眠りました。その日は珍しく、西さんも饒舌に高校生と話し、日本の教育界の現状のケースのひとつを聞いて、いろいろなことを感じていたようです。ただし、西さんはご機嫌がいいとよく飲むので、正体不明の数歩手前くらいだったのです。確か、日本酒を6合ほど飲んでいたし、時差ぼけを含め、いろいろ疲れが溜まっていた模様・・・。気づくと、朝まで珍しく9時間も眠っていました。それでも、パラパラ雨だったら走りに出るんだよねぇ・・・(アゼン)。

 

数学を教えるのは楽しかったようです。教える仕事というのは、私がどのくらいエンジョイしているかを見てもらうために、私が作為的にやってもらったのです。私のこの仕事が家でたくさんできるよう、西さんにHPを作ってもらうことになっているので・・・。

 

そして、昨日の月曜日、中間の3日目が終わった高校1年の女の子が、今度は漢文とまたもや英語と古典をやりに来たのです。漢文は、10個しかなかったのに、なぜだか2時間もかかってしまい、私はそのあいだに、Cheatingだとわかっていたのですが、英語の教科書のまとめと単語ノートを作ってあげてしまい(時間がないから、緊急措置だったのだ。まとめのところからやっていたらたいへんなことになる・・)、西さんが教えている脇で、それなりに仕事をしていたのです。私はその午前中もパチンコに行っており、なぜならば、確定申告の入力が終わっていないから「邪魔」と言われたせいで・・・。ところが、邪魔なのに、2時間で勝負はついてしまい、2万も稼いで戻ってきたところ、お昼ご飯も要らないと仕事をしており、「本当に漢文を任せていいのだろうか?」と疑問が湧いたのでした。彼女が来たら、楽しそうに教え始めたので、よかったようです・・・。

 

私が英語を教え始めた頃に、今度の16日に留学することになっている、看護師さんが現れて、西さんは仕事を中断して、彼女と話し始めていました。結局、レッスンは3時間になり、「高校生稼業もたいへんだけども、社会に出て稼ぐのもたいへんだからねぇ。同じだよね・・・」と言いつつ、明日(今日になっている)の幸運を祈り、玄関で別れたのです。

 

看護師さんのレッスンが2時間予定されていたので、西さんは何を思ったのか、おもむろに「髪を切りに行ってくる」と駅前へ。忙しい人である・・・。男の人の髪はそれほど注文をうるさくせずとも、いとも簡単に切れるからいいよね・・・。

 

戻って来てからまた宴会だったのですが、その日も3合ばかりの日本酒を飲んだあと、まだ仕事をしていたのです。私は、ビール3本でいい気になって眠る体勢に入ったので、何時まで仕事をしていたのかわかりませんが、きっと彼なりのキリのいいところまでやっていたんだろうなぁ・・・。

 

そして今朝は大雨なので、走りには行かず、朝から仕事をしています。明日帰るんですけどねぇ、中国に。そのあと、すぐにタイに行くらしいが・・・(実際、私は西さんがいつどこに居るのか、たまにメールで知るくらいで、「まぁ、よく移動すること・・・」と感心している次第です)。今日は、私の英語学校の見学に来てもらうことになっており、私の最初のレッスンの前に校内をざらっと見てもらい、そのあと、西さんはカメラやさんへ。中古の一眼レフを買いたいらしいのです。大して古くもないデモノがあるらしいので、ネットではなく手に取れるものを見ておいて、それでいいのがなかったら、ネットで買おうとしているらしい。

 

明日の11時のリムジンで発つので、あまり時間がなく、バタバタしていて、私はむしろのんびりしまくってしまったのですが、最後に頼まれたのが、「どうせ書類の整理はできないんだろうから、何箇所にもバラバラに置かないで、一箇所に置いて」というもの(爆)。言い訳としては、「いやー、近くに置いてあるやつが、私が自分でできると思ったやつなんだよね・・・」と。が、彼はすかさず、「いや、やらなくていいから」と冷たいもんです(笑)。小さい頃の母が私が料理を覚えようとしたときに言ったことに酷似している・・・;「あなたはできることをやればいいのよ。外で稼いでいらっしゃい」というもの(笑)。

 

あと、24時間しかないのですが、西さんの短い滞在は、またもや勤勉なだけで、ゆっくりする時間がなかったようです。私のせいなのか、西さんの染み付いてしまった性格のせいなのか・・・。よくわからないのだけれども、私はどうしてこんなに独楽鼠のように働けるのだろう?と疑問を残しながら、あと24時間を邪魔にならないよう、楽しみを少しでも提供できるよう、がんばるのであった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です