大晦日の心持

12/31/2007 にアップした文章です。

『10年に一度しか寝込む風邪はひかない伝説』は脆くも崩れてしまいました。まぁ、15・6年ぶりに、たいへんに狭い容積しかない空間に、夥しい数の雑菌が浮遊している場所を体験していたのだから、これは少しフェアではないとは思うのですが・・・。アメリカでは、クラスルームそのものがとても大きく、マスクなど必要ではないほどのスペースが個人のために確保されているので、他人からもらう雑菌で感染するような場所は、それこそ病院やスポーツジムくらいしか思い浮かばないのですが、やっつけられましたねぇ・・・。が、今日はこのヘロヘロ状態の中で、来年の抱負を考えてみる日なのだった。

振り向いて考えると、私は日本に居た24年と、戻ってきた2回分の大晦日を入れて、生涯のうち26回の大晦日を日本で迎えているのですが(渡米したあとに、日本に里帰りするにしても、この時期は狙わない)、16歳以降は、24歳まですべて労働をしており、去年も働いていましたし、今年はぶっ倒れて眠るしかないという情けないことになってしまいました・・・。来年は働いていたいのだけれどもなぁ・・・。なぜ?と聞かれても、やはり他人様が働いていないときに働くくらいの気持ちがなければいけない、というのは、私が自分に課していることなので、働けるところがあるということはありがたいことだと思うのです。とはいえ、今年も1月1日も仕事がありますし、3日からフルタイムで働くことができるので、まぁ、よしとします。ということは、やはり私は歳の変わり目に具合が悪かったことは、少なくとも16歳以降は皆無だったんだということを思い出します。子どもの頃は、父の田舎に行くのが慣例で、おそらくそのときにも寝込んだことはなかったと思うんですが、100%正確ではないかもしれないです。

ぶっ倒れたのは、本当に残念で、あと4時間ズレていれば、キャンセルする必要もなかったのですが・・・。本当に悔しいのは、朝9時には、しっかり歩いて学校まで行ったんですよ。ところが、キャンセルが私に知らされておらず、4時間後ということになった。そうしたら、なんとなく体温計に手が伸びてしまい、どうしても測りたくなり、測ったら38度を超えていて、1時間後には39度を超えてしまい、「もうダメだ」と思ってしまったことが敗因。30日のキャンセル以外の2コマ、3時間をしっかりこなせれば、大晦日の今日を休息日に充てれば、何とかなったんだけれども、本当に悔しいなぁ。

昨日はトイレに立つのがやっとだったのですが、最高で39度8分まで熱が上がってしまい、40度超えたらどうしようと怯えていたので、とにかく水とビタミン剤を大量に摂り、母がボーイフレンドの家から戻ってきた夜9時に、やっと「やっぱり解熱剤だけは必要なんじゃない?」と言われるまでは、食えていないし、薬もなかったわけです。で、母があわてて買ってきた薬は、すごく効きましたですよ。飲んで3時間後に、1度下がり、翌日起きたらもう7度台になっていましたから。めったに飲まないせいで、薬がよく効くことは私の中での常識になっているのですが、これほどラクになるとは・・・。今朝は、「もう午後からなら仕事したい」という気分だったのですが、母に窘(たしな)められ、しばらくじっとしていました。そして、母がまたボーイフレンドの家に行ったので、こうしてむくむく起きてきて、エッセイを書いているわけです←どうして40歳を過ぎて、母に管理されているのか?と悔しくもあるんですが、まぁ、愛情ですからね・・・。○×しろ!とは言わないんですが、するな!とはよく怒られます、今でも・・・。

私の具合が悪いので、母はもう昼間のうちに年越しそばになるものを準備してくれたのですが、私がどうしてもざるそばがいいと言い張るので、彼女はおそらく今晩も、ボーイフレンドといっしょにおそばを食べることになるんだろうなぁ・・・。ごめんねぇ・・・。

12月24日からお休みなしで働いていて、28日には朝7時前の電車に乗り、遠征して仕事に行き、戻って来て11時から夜の8時まで働いてしまったことがあり、それが風邪が熱になる分かれ目だったんだろうと、今になれば思うんですが、29日は朝の9時から夜の8時まででしたから、その日にもがんばったのがまずかったのか・・・。いや、ひょっとするとそのあとの忘年会だったのか・・・。

でも、ねずみ年はいい年になる予感が大いにしており、ぶっ倒れてしまったとはいえども、今の気分は悪くないです。いつもの気管支炎にはなっておらず、咳は1時間に1回くらいなもので、それもこれも私が完全にタバコを止められない大バカモノだからです。鼻水はあくまで水で、粘状ではなく、よく汗が出ているので、明日の課題は、10時に家を出るのですが、何時にお風呂に入って、丁寧に髪が乾くまでは家を出ないということなのか・・・。30日の朝、出る間際にシャワーを浴びて、髪が濡れていたのがいけなかったと、今でも思うんだよねぇ・・・。いつもの体力ならばいいのだけれども、あの体力じゃダメだったんじゃないかと。

西さんともメールで2日間も連絡が取れずに心配させてしまっていたのですが、さっき、メールは送っておきました。そこには「深大寺におまいりに」とあったのですが、いつもだったら行くかもしれないのですが、やはり松の内に行けばいいや、と体力優先を考えた返事をしておきました。彼は私が40度手前の熱を出したことは知らなかったので・・・。

明日は、授業が終わったら、まっすぐ帰ってきておとなしく眠っていようと思います。いや、でもエッセイは2個くらい書こうかと(笑)。外に出れば頭に引っ掛る何かがあると思われるので、きっと2個くらいの題材はあるかと。なぜならば、ネットやTVはあまり当てにならず・・・。13日までは完全休日がないので、少し貯めておかないと、きっとまた身体を酷使することになってしまいます。英語を教えるほうが、受験科目を教えるよりも楽しいことに気づいたのはよかったのですが、子どもたちのけなげさはまた別で、やっぱり私を当てにしてくれる子どもたちとは、今後もおつきあいしたほうがいいのか?ということにも、1月は考えていかねばならず・・・。中学校1年生の男の子で、将来はNASAで働きたいという子がいて、英検4級を持っており、英検2級までに進めば、英語学校のほうがいいんだろうなぁ・・・。わずか6日働いただけで、本当にいろいろなことを考えさせられて、やっぱり仕事の場というのは、いろいろ見てみるのがいいのだろうなと思ったので、ネズミ年は、お仕事をさせてくれるところがあれば、バンバン出かけていこうと思います。

占いサイトで、来年の運勢を見てみたのですが、やっぱり占星術・血液型・タロットその他、いろいろな占い方法で、大矛盾が出ますよねぇ・・・。神社仏閣に行くのも、体力的に今年はちょっとまずいだろうから、松の内に行って、やはりここまで生かされてきた感謝だけはしてこようと思います。あとは、これまでの知識や経験や人間関係による蓄積を、どこでどのように生かすか?だよねぇ・・・。

もうひとつ、来年仕事や勉強以外にやりたいのは、体力についての再検討。血液検査の結果が思ったよりよかったので、たいへん気をよくしており、体力が年齢の割りにまだあることもわかったので、やっぱり運動をどこかで取り入れねばならぬ、ということ。どこで?がまだまったく考えておらず、何を?もまだ考えていないのですが、ご意見ご拝聴させていただきたいので、もしかして80歳過ぎてまで生きてもいいように、何とかこの体力を維持できるように、いい運動を教えていただけたら幸いです。母親があんなに元気なので、彼女のDNA分をもらっていたら、私もうんと長生きしてしまうかもしれない・・・と、このごろはちと恐怖です(笑)。

悪くない1年だったし、来年はもっとよくなるんだろうな、と思わせてくれる材料が多い年末でした。さぁて、どんな年になるのかなぁ・・・。みなさんのネズミ年がいい年になりますように・・・。

12/31/2007 にアップした文章です。

『10年に一度しか寝込む風邪はひかない伝説』は脆くも崩れてしまいました。まぁ、15・6年ぶりに、たいへんに狭い容積しかない空間に、夥しい数の雑菌が浮遊している場所を体験していたのだから、これは少しフェアではないとは思うのですが・・・。アメリカでは、クラスルームそのものがとても大きく、マスクなど必要ではないほどのスペースが個人のために確保されているので、他人からもらう雑菌で感染するような場所は、それこそ病院やスポーツジムくらいしか思い浮かばないのですが、やっつけられましたねぇ・・・。が、今日はこのヘロヘロ状態の中で、来年の抱負を考えてみる日なのだった。

振り向いて考えると、私は日本に居た24年と、戻ってきた2回分の大晦日を入れて、生涯のうち26回の大晦日を日本で迎えているのですが(渡米したあとに、日本に里帰りするにしても、この時期は狙わない)、16歳以降は、24歳まですべて労働をしており、去年も働いていましたし、今年はぶっ倒れて眠るしかないという情けないことになってしまいました・・・。来年は働いていたいのだけれどもなぁ・・・。なぜ?と聞かれても、やはり他人様が働いていないときに働くくらいの気持ちがなければいけない、というのは、私が自分に課していることなので、働けるところがあるということはありがたいことだと思うのです。とはいえ、今年も1月1日も仕事がありますし、3日からフルタイムで働くことができるので、まぁ、よしとします。ということは、やはり私は歳の変わり目に具合が悪かったことは、少なくとも16歳以降は皆無だったんだということを思い出します。子どもの頃は、父の田舎に行くのが慣例で、おそらくそのときにも寝込んだことはなかったと思うんですが、100%正確ではないかもしれないです。

ぶっ倒れたのは、本当に残念で、あと4時間ズレていれば、キャンセルする必要もなかったのですが・・・。本当に悔しいのは、朝9時には、しっかり歩いて学校まで行ったんですよ。ところが、キャンセルが私に知らされておらず、4時間後ということになった。そうしたら、なんとなく体温計に手が伸びてしまい、どうしても測りたくなり、測ったら38度を超えていて、1時間後には39度を超えてしまい、「もうダメだ」と思ってしまったことが敗因。30日のキャンセル以外の2コマ、3時間をしっかりこなせれば、大晦日の今日を休息日に充てれば、何とかなったんだけれども、本当に悔しいなぁ。

昨日はトイレに立つのがやっとだったのですが、最高で39度8分まで熱が上がってしまい、40度超えたらどうしようと怯えていたので、とにかく水とビタミン剤を大量に摂り、母がボーイフレンドの家から戻ってきた夜9時に、やっと「やっぱり解熱剤だけは必要なんじゃない?」と言われるまでは、食えていないし、薬もなかったわけです。で、母があわてて買ってきた薬は、すごく効きましたですよ。飲んで3時間後に、1度下がり、翌日起きたらもう7度台になっていましたから。めったに飲まないせいで、薬がよく効くことは私の中での常識になっているのですが、これほどラクになるとは・・・。今朝は、「もう午後からなら仕事したい」という気分だったのですが、母に窘(たしな)められ、しばらくじっとしていました。そして、母がまたボーイフレンドの家に行ったので、こうしてむくむく起きてきて、エッセイを書いているわけです←どうして40歳を過ぎて、母に管理されているのか?と悔しくもあるんですが、まぁ、愛情ですからね・・・。○×しろ!とは言わないんですが、するな!とはよく怒られます、今でも・・・。

私の具合が悪いので、母はもう昼間のうちに年越しそばになるものを準備してくれたのですが、私がどうしてもざるそばがいいと言い張るので、彼女はおそらく今晩も、ボーイフレンドといっしょにおそばを食べることになるんだろうなぁ・・・。ごめんねぇ・・・。

12月24日からお休みなしで働いていて、28日には朝7時前の電車に乗り、遠征して仕事に行き、戻って来て11時から夜の8時まで働いてしまったことがあり、それが風邪が熱になる分かれ目だったんだろうと、今になれば思うんですが、29日は朝の9時から夜の8時まででしたから、その日にもがんばったのがまずかったのか・・・。いや、ひょっとするとそのあとの忘年会だったのか・・・。

でも、ねずみ年はいい年になる予感が大いにしており、ぶっ倒れてしまったとはいえども、今の気分は悪くないです。いつもの気管支炎にはなっておらず、咳は1時間に1回くらいなもので、それもこれも私が完全にタバコを止められない大バカモノだからです。鼻水はあくまで水で、粘状ではなく、よく汗が出ているので、明日の課題は、10時に家を出るのですが、何時にお風呂に入って、丁寧に髪が乾くまでは家を出ないということなのか・・・。30日の朝、出る間際にシャワーを浴びて、髪が濡れていたのがいけなかったと、今でも思うんだよねぇ・・・。いつもの体力ならばいいのだけれども、あの体力じゃダメだったんじゃないかと。

西さんともメールで2日間も連絡が取れずに心配させてしまっていたのですが、さっき、メールは送っておきました。そこには「深大寺におまいりに」とあったのですが、いつもだったら行くかもしれないのですが、やはり松の内に行けばいいや、と体力優先を考えた返事をしておきました。彼は私が40度手前の熱を出したことは知らなかったので・・・。

明日は、授業が終わったら、まっすぐ帰ってきておとなしく眠っていようと思います。いや、でもエッセイは2個くらい書こうかと(笑)。外に出れば頭に引っ掛る何かがあると思われるので、きっと2個くらいの題材はあるかと。なぜならば、ネットやTVはあまり当てにならず・・・。13日までは完全休日がないので、少し貯めておかないと、きっとまた身体を酷使することになってしまいます。英語を教えるほうが、受験科目を教えるよりも楽しいことに気づいたのはよかったのですが、子どもたちのけなげさはまた別で、やっぱり私を当てにしてくれる子どもたちとは、今後もおつきあいしたほうがいいのか?ということにも、1月は考えていかねばならず・・・。中学校1年生の男の子で、将来はNASAで働きたいという子がいて、英検4級を持っており、英検2級までに進めば、英語学校のほうがいいんだろうなぁ・・・。わずか6日働いただけで、本当にいろいろなことを考えさせられて、やっぱり仕事の場というのは、いろいろ見てみるのがいいのだろうなと思ったので、ネズミ年は、お仕事をさせてくれるところがあれば、バンバン出かけていこうと思います。

占いサイトで、来年の運勢を見てみたのですが、やっぱり占星術・血液型・タロットその他、いろいろな占い方法で、大矛盾が出ますよねぇ・・・。神社仏閣に行くのも、体力的に今年はちょっとまずいだろうから、松の内に行って、やはりここまで生かされてきた感謝だけはしてこようと思います。あとは、これまでの知識や経験や人間関係による蓄積を、どこでどのように生かすか?だよねぇ・・・。

もうひとつ、来年仕事や勉強以外にやりたいのは、体力についての再検討。血液検査の結果が思ったよりよかったので、たいへん気をよくしており、体力が年齢の割りにまだあることもわかったので、やっぱり運動をどこかで取り入れねばならぬ、ということ。どこで?がまだまったく考えておらず、何を?もまだ考えていないのですが、ご意見ご拝聴させていただきたいので、もしかして80歳過ぎてまで生きてもいいように、何とかこの体力を維持できるように、いい運動を教えていただけたら幸いです。母親があんなに元気なので、彼女のDNA分をもらっていたら、私もうんと長生きしてしまうかもしれない・・・と、このごろはちと恐怖です(笑)。

悪くない1年だったし、来年はもっとよくなるんだろうな、と思わせてくれる材料が多い年末でした。さぁて、どんな年になるのかなぁ・・・。みなさんのネズミ年がいい年になりますように・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です