ブログ

待ち遠しい日程

カテゴリー:ブログ

08/05/2007 にアップした文章です。

 

 

日本だけでは、もちろんないことなのですが、資格等を取るためのスケジュール調整を始めたところ、かなり気を長く持って、2ヵ年計画なものもあり、大学院に至っては、2年から6年というものがあり、どうすんべ、と真剣に考えています。仕事のメドはついてきて、今日も面接だったのですが、新しい可能性を披露していただき、ステップが軽くなりました。やはり出歩いていろいろな人に会ってみれば、世の中の隅々まで、とはいかずとも、けっこうな世界は垣間見ることができるのね・・・。

まず、簡単なことからやろうと思い、
1. 8月26日予定のTOEICのテスト勉強:
今日、Amazonでまとめて本を購入しました。なんと、TOEIC用のは、2700円ほどするんで、ちょいとびっくりしてしまった・・・。なんたって、TOEICを受けるのは生まれて初めてなので、どんなレベルなのかはやってみたほうがいいと思い、真剣に一冊仕上げてみようと思っています。けれども、予測なんですが、真剣にやり、TVを見つつ休憩すれば、おそらく2日ほどで仕上がってしまうのではないかと思われ、お盆で日本のビジネスが停止するときに、この時間に充てようと思っています。私の講座もお休みだし、英語講師の仕事も1週間ほど停止します。教えている学校での集団テストなので、一般にはない日程があるらしいです。しかも、受験料も学校で出してくれるので、かなりうれしいです。その後、TOEFLのIBTというのを受けさせてくれるそうです。おそらく1990年だと思うのですが、その頃受けたのが、すでに630点に到達してしまったので(2回目)、以来受けていなかったのですが、そのIBTというのは、Speakingがあるらしいので、たいへん楽しみです。

2. いつでもいいので、普通免許の試験:
学科試験の中で、いろいろ変わっていることがあると思われる。私が自動二輪を取ったのが16歳のときで、その後、普通免許を取ったのが18歳のとき。なので、25年以上前なので、きっと数字やらいろいろ変わっているに違いない。やはりAmazonで1000問という詰め込み式のものを買い、これをこなしたら、すぐに受けに行くことにします。コレもお盆のお休み前後をターゲットにする予定。学科が取れたら、その場で実技の予約をせねばなりません。私の国際免許は、9月末くらいまでなのだ。

3. 気象学の入門講座:http://www.jmbsc.or.jp/hp/school/inter1.html
これは、ネットで入門編を配信の形で、通信教育しており、6ヶ月の勉強の猶予があります。その後、気象士の試験は、合格率がこれまで見てきた資格の中で、かなり低いもの。10%を軽く切っています。去年がちなみに、6.3%。http://www.jmbsc.or.jp/hp/cwfe/p0110.html そのための通信教育がコレ>http://www.jmbsc.or.jp/hp/school/kosyu284.html ここまでやるかどうかは、他のものと優先順位をつけて考えてみますが、気象学は一通り、FAA基準のものでやっています。が、パイロットに必要な程度なので、このほうがずっと難しいのでしょう。

4. 生涯学習指導者通信教育申込み:http://www.jitsumu.or.jp/instructor/index.html
文部科学省認定なのですが、コレはどのように将来ハンディになるかわからないので、「やる気があるうちに取っておいたら?」という西さんのオススメがあったので、やっておこうかと。英語だけ教えているのもいつか頭打ちになると思うので、何かを英語で教えたり、心理学を教えたり、他にも教えられることはたくさんあると思うので、まぁ、取っておいて邪魔じゃないんだろうな、という程度で、フルに使えるとは思っていません。が、どんなものなのか、興味はあります。知っている方がいたら教えてくださいね♪

5. 日本漢字能力検定:http://www.kanken.or.jp/index.html
こっちを受けるか、それとも日本語全体のこちらを受けるか、ちょっと迷っているところです。ただ、こちらのほうがまだできてまもないのです。http://www.nihongokentei.jp/ 漢字にはそこそこ自信があるのですが、こちらのほうがいいのかなぁ・・・。どっちも受けてみるという手もありますが、これじゃー、資格検定マニアになってしまう・・・←そうだったりして(爆)。

6. 産業カウンセラー:http://www.counselor.or.jp/guest/course.html
こっちは、1月になるまで公募がないので、それまでは待つしかないわけです。通信講座のものが、8月公募なはずなのですが、まだ公開されていません。が、通信にすると、私はこのハローワークでCash Backしてくれるはずの審査資格に引っ掛らないのです。なので、1月募集で、4月開始のものにしないといけません。会社の立ち上げから、3年以上、年金や税金等を支払っていないとダメなんです。しかも、講座開始日が基準になっているので。4月17日が登記日なのか、3月30日なのか、ちょっと微妙なのですが、丸3年というのが要求されています。40%も戻ってくるならばそのほうがいいし(学費は20万)、通信は他のこともやるので、微妙に加重が多すぎるかと・・・。しかも、バックグラウンドは充分にあるので、通いのスクーリングでいろいろな人に会うのはきっとおもしろいはずなのです。会場の代々木を選べば、今日、面接に行ったJAL Academyのそばだし(めでたく採用→登録)。

7. 大学院願書提出:9月提出と2月提出の学校あり
これがちょっと微妙で、まだどのコースでPhDが取りたいのか絞れてはおらず・・・。もうちょい考えます。コレがイチバン考えるのに時間がかかりそう。

他にも白地図はダウンロードしたんですが、まだ真っ白けなのです。ここのところ、商売繁盛で忙しく、面接して登録するという作業も、お盆休み前にやっつけてしまおうと、焦っています。なぜならば、企業派遣の仕事の仕切り直しは、9・10月が多く、社内研修であれば、就業時間内の仕事があるんですよね・・・。朝の8時から夕方5時までも仕事がある可能性があるわけです。その次に新規が多いのが、3・4月なのですが・・・。西さんが作った会社で、私の通訳・翻訳&英語関連教育をするには、外で最低でも1年半は修行しないといけないと考えています。

いつまで日本にいたいのか?いつになればお金が貯まるのか?というのもあり、それに加えて、母の老後を今度は心配せねばならず・・・。彼女、どうしたって100歳までは生きそうなのよね・・・。

今、贅沢にも心配しているのは、こんなに登録してしまって、いろいろなところからOfferが来たときに、スケジュール調整がつくのかどうか?というもの。時給が高いところから選べばいい、という単純な意見の母とは違って、私は、将来的にセミナーや英語だけではない研修にも繋がる仕事を優先したいわけです。可能性としては、1日のセミナー形式の9時間拘束・8時間教諭のもので、ギャラは10万から50万(1日です、はい)。それが毎月あればいいのだけれども、世の中そうは甘くない(爆)。英語講師は、最低を時給2500円ラインにしています。もうそれ以下は受けないことに決めました(自分が選べる・売れる!ということを知っただけでも、この面接に掛けた電車代は悪くなかった・・・)。ただし、Skypeでの教師は、2000円。なぜならば、交通時間もないし、夜中でも早朝でもできるので。

私が取りたい資格はおかしなものだったでしょうか?別段、メシの種になりそうもないものでしょうか?他にも、電気士・小型船舶・司法司書・食育インストラクター・薬膳アドバイザー・リフレクソロジスト・ネイリスト・ファイナンシャルアドバイザー・校正実務・写真・ピアノ・絵画等、やってみたいものはてんこもりであるのですが、やっぱり全部を望むのは子どものやることなので、ちょっと調整してきます。

やっぱりコレまで無趣味だったことのツケが廻っているんだろうなぁ・・・。でも、始まるのが待ち遠しいのだ♪