春の素朴な愉しみ

03/28/2008 にアップした文章です。

 

いよいよ桜が咲きますねぇ♪この土曜日がお花見日和らしいのですが、私は1日中学校のクラスルームで教えている最中になります。高いビルから、新宿御苑が見えるのですが、桜のピンクは見えるんだろうか?桜の樹木の下でのドンちゃん騒ぎが「素朴」に当てはまるのか?と問われれば、私にとってはダウト。しかも、私はこの年齢にして、あのような宴会には生涯出席したことがないので、いまさら始めるようなつもりもなし・・・。では、何が素朴な愉しみなのか?うーん、切ないのは、いくら考えても、私は5月3日くらいまで、完全休日がないかもしれないということなんだよなぁ・・・。ふぅ・・・。

 

素朴:(1)飾り気がなく、ありのままな・こと(さま)。(2)考え方などが単純で、綿密な検討を経ていない・こと(さま)。

愉しみ:(1)たのしいと思うこと。また、たのしいと感ずる物事。趣味・娯楽など。(2)たのしいであろうと心待ちにすること。また、そう感じさせるさま。

 

私は貧乏育ちすぎて、かなり質素なんだろうなぁ・・・。特に何かやるでもなく、素朴なことで楽しめる。先ほども、商店街を抜けてきて、パピヨンという種類のわんちゃんが、連れていた50代女性に甘えて、「もう歩きたくない」とでもシグナルを送ったんでしょうねぇ。女性は、「しょうがないわねぇ・・・」と言いつつ、抱っこしてあげて歩き始めました。きっと、春だからいつものお散歩コースよりも歩いてしまったのかもしれませんなぁ、などと考えられる自分は、倖せなやつだと思いますねぇ。そこで、私はふふっと笑わせていただけましたから。

 

女の子の洋服は、確かに軽く、明るくなってきています。私自身はまともな衣替えをしないのですが、街中では読書をせずに、前を向いていれば気づく・・・(笑)。でも、眠い方々もまだまだけっこういらして、決算期が終わっていないことも気づく・・・(笑)。

 

さらに、春の何が知らないあいだに楽しいかって、花粉症の方々は苦しいと思うのですが、身体が軽くなること。新陳代謝が1年で最も活発になるので、意識すればするほどデトックスもできて、汗もかけて、痩せることにも繋がる季節なのだ。この点では、いくら技術進歩をしても、便利な世の中になっても、ヒトは生物学的な影響から逃れておらず、昨日のエッセイの続きのヒントにもなるのです。私が最近感じているのは、頭皮での代謝の活発。冬の乾燥した頭皮とパサパサになりがちな髪とは、明らかに違いが出ています。疲れるほどに仕事をすると、やはり頭皮が汚なくなっている感じがするので、乾燥というだけではなく、身体の内側から出ている脂分のようなものがわかる感じ・・・。そんなの微妙な差だろうと言われればそれまでなんですけどね(笑)。夏になったら、二度も三度もシャワーを浴びたかった去年の夏を思い出します。今年は、去年感じたよりはきっと暑さにも順応しているんだろうなぁと思うと、「かかってこいっ!」と思えるところ←そんなに構えなくても・・・(汗)。

 

朝かなり明るさが増したことや、夕方も以前よりずっと長く明るいことは、なんとなく気づいていませんか?いや、花粉症の方々はマイナスな意味で如実に身体が感じていらっしゃるのかもしれませんが・・・。タンポポの種が舞っているところをすでに見かけたりしていませんか?が、それらを口にして、誰かと話題にしていますか?

 

なんだか昔は、「あったかくなったねぇ」「春だからお弁当持って川原に行こうか?」などと、素朴だった気もするんですが、駅前に住んでいるせいなのか、職業柄なのか、至ってそんな場面を見かけないのはさみしい限りです。もしかすると、書店に行けば、「春の行楽弁当」などという奥様雑誌が溢れているのだろうか?でも女性雑誌は、単に「春のメイク」「春の装い」なんだろうな・・・。

 

私が感じるのは、生徒さんの4月度の入れ替えです。土曜日は1日中、英語学校に詰めているのですが、文法の簡単なグループのクラスを2個終了し、ひとつは、資格のボキャブラリーというクラスで、英検やTOEICに頻出する単語のクラス。もうひとつは、Writingのクラスで、初歩的なものを。TOEICを中心に勉強すると、Input(文法のために読んだり聴いたり)は鍛えられるのですが、Output(書いたり話したり)がおろそかになります。なので、Writingは少し段階が下がるので、いろいろなレベルの人が集まるんだろうなぁと、チャレンジングな仕事が愉しみです。

 

さらに、プライベートレッスンでも、生徒さんの入れ替えがあって、お引越ししたり、留学したり、終了したりする方々の中、最も若い生徒さんを見ることになりました。14歳(爆)。1993年生まれだそうで・・・。英検準1級を確保しておいて、AO入試に役立てるという風潮は、ここのところニーズが増えているようです。もうひとりも、高校2年生の英検準1級を目指している生徒さんです。Pre-TOEICというクラスも、昨日で3ヶ月コースが終了し、4月から新しい生徒さんといっしょにまた開始です。

 

こうして気づいてみると、引越しもやっぱりこの時期が多いんだろうなということ。不動産関連のCMや広告や看板がどうも目につく・・・。どうやら、離婚も3月がもっとも多いらしいです。子どもたちがアジャストできるよう、新たな年度に新たな気持ちでの新たな生活を、という心理が働く人が多いのです。実務的にも受け手の慣れがあり、便利なことが多いのですが、実際は窓口などが混まないのかな?と、合理的な私は考えてしまうのでした。引越しはやっぱり料金はお安いのだろうけれども・・・。でも閑古鳥の儲からないときのお客様のほうが、いろいろ便宜を図ってもらえるのかな?などとも思う・・・。

 

卒業式や入学式の区切り目は、私にとってはもう遥か彼方の出来事になりました。最後に卒業式に出席したのは、いつだったか?高校の卒業式は出なかった記憶が(爆)。大学の卒業式も出ていないんですよ。どうもイベントは避けたがるやつのようで・・・。市の成人式にも出ていないし、自分の結婚式もしていないし、他人の結婚式も、日本国内では親戚のものに出た最後がおそらく11歳とかそんなものかもしれない・・・。ええ、弟の結婚式にも出ていないんですね、私・・・(汗)。けれども、知り合いや友だちや友だちの息子さにんや娘さんが、卒業式のことを話してくれると、とてもドキドキして楽しいので、やはり自分の経験を記憶していはいるんでしょう。あそこで、ナマの心が出てアップダウンするのがイヤなので、そういったイベントには出ない模様です(笑)。でも、話を聴くだけで楽しいので、これからもその路線で・・・♪

 

食べ物も春らしくなってきており、野菜がたくさん並んでいます。でも日本の野菜高いなぁ。国産になると、またもやものすごく高くなる・・・。春たまねぎのオニオンスライスを心待ちにする私は、やっぱり安上がりなやつなんでしょう・・・。ニンジンも筍も待ち遠しいよなぁ(笑)。カツオが出てきたら、ネコたちが狂喜します。うどちゃんたちは賢いので、スーパーの袋やエコバッグを持っていると、その中から自分たちの食べられるものが出てくるのを待って、ちょこんと座るんだよなぁ(笑)。

 

しかも、私は4月6日から産業カウンセラーの講座が始まるので、なんだか新生徒として、ワクワクしているところなのだった。春はいいですねぇ♪ワクワクドキドキ愉しんでくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です