ブログ

眠れぬ夜

カテゴリー:ブログ

08/14/2007 にアップした文章です。

 

ひじょーにヤバイ・・・。ここ数日、集合住宅における熱帯夜というのを体験しており、まったく眠れない・・・。しかもエアコン壊れました(爆)。なんてタイミングが悪いのか、ネコたちの毛が詰まったのかと、フィルターも室外機も掃除をしたのですが、コンプレッサーの音(モーターじゃなくて、内部の音なんだよね・・・)がガーガー・ポシュポシュすごいのだ。炎上するこたぁないだろうが、効いてもいないのにつけていても仕方ないので、修理やさんが来るまでは、エアコンなしで過ごすことに決定!それが、8月11日の夜からです。それから、私は、ずっと朝まで起きており、4~6時くらいのあいだに寝始めるという、不思議な体調具合です。でも、7~10時には起きてしまうのです←暑くなるから(笑)。

私は、やくざな仕事をしているにも関わらず、比較的規則正しい生活ができており、今でも食事時間が多少ズレるくらいで、6・7時間毎を励行していたのですが、私に最も必要な、睡眠時間が危機状態です。やっぱり日本の暑さは侮れず、ネコたちもぐったり。最初は、涼を求めて、みんなでウロウロ移動を数時間おきに繰り返していたので、私も昼間は彼らにくっついて歩いていたのですが(もちろん、仕事をせねばならぬときは仕方ないのだけれども)、それも角や狭いところだと無理なので、図書館やパチンコやさんに逃げることにしていたのです。

エアコンが壊れた理由は、修理やさんが来ないとわからず・・・。お盆休みなので、今週いっぱいは無理でしょう。メーカーが契約している販売・修理店もやっていないところのほうが多く、母も私も「エアコンなし生活にチャレンジ!」と、けっこう前向きなのですが、コレをネコたちに伝えることは難しく・・・(汗)。まだ買って2年ちょいしか経っていないし、エアコン使用率も、冬はほぼゼロで、夏もおそらく5日に一度6時間だとか、その程度だったのですが、私が帰ってきたので、急に先週あたりから無防備につけることにしたのです。ネコの毛が給排気口から室外機に詰まっている可能性もあり、やっぱり分解するのは怖いし、と、専門家を待っているところです。10年保証を買ったので、莫大な修理費用はかからないと思うのですが(今見たら、3年目だと、40%が消費者負担だった。ちと安心)、問題は、ネコたちがどのくらい耐えられるか?です。人間は、最悪避難する場所があるけれども、ネコたちにはない・・・。

そこで、母は、マンションなのに、入り口からベランダまで風が通るような工夫を始めました。そもそも、エアコンは身体によくないと信じている彼女なので、それはエアコンが壊れていようがいまいが使うので、まぁ、いいです。扇風機のほうが直に当たらなければいいと思っているので、扇風機は我が家には3台もあり、その風の通り道に2台が使われています。けっこう涼しいのですが、いかんせん、外の気温そのものが下がることが前提なので、夜中まで起きていてしまうのよ・・・。ネコたちも私につきあって起きていてくれるのでけなげだ・・・。

そして、あまりに暑くて、集中力も何もない状況なので、ホラーの動画を見ているのです。もう40%くらい見終わってしまったので、この週末までリストがあるかどうか心配・・・。でも、怖がらないので、ぞっとして寒くなるという効果も薄く、あまり役に立っていない模様。「このPCをつけている熱もけっこうあるんじゃないか?」と疑い始めるとキリがなく、氷を口に入れて食べてみるものの、シャワーにも入ってみるものの、終わりがない果てしない戦いなのだった・・・←9月中旬くらいになれば、この戦いは、一旦は終わるのだけれども、日本にいる限りにおいてはきっと終わらないのだろう。

昨日は、日曜日だったので(時差御免!)仕事を済ませて、普通免許学科の模擬問題をひとつこなし、パチンコやに涼みに行って5千円ほど勝って、ネコたちが心配だったので(効かないながらもエアコンはつけて行った。扇風機も3台駆使した。外は34℃だったので)、母に戻ってきてもらって、エアコンが壊れた報告をしたのだった。そして、ちびまる子ちゃんのときにごはんを食べてしまい、あまりに寝不足だったので、そのまま倒れこむように眠ってしまい、1時間半で眼が覚めて、それから5時まで眠れなかったんだよぉぉぉ。今朝は、ちゃんと8時に起きているので、合計4時間半しか眠っておらず、前日の分も取り戻せていないことになっています。昼ごはんを食べたあと、1時間くらい取り戻しておきたいところなのですが、今日も英語講師の仕事があるので、落ち着いて眠れるわけもなく・・・。世間はお盆休みなのですが、英語学校は続くのである。今週と来週は他人の代講まで引き受けているので、1校だけで週4日。他にも学校はあるので、出たり入ったりけっこう忙しく、ネコのことも心配なのですが、自分の身体も心配である。

なんと、単純明快か、と思うのは、この暑さによって、最も先にイクはずの婦人科系に支障をきたしたこと。生理不順などというのは、PTSD以来だったので、ちょっとびっくりしました。日本に帰国してから、少し遅れ気味になってはいたのですが、ここまで遅れたのは初めてです。7日もズレたので、「うん、相当参ってるんだなぁ、身体・・・」と、改めて驚いています。

暑いので、母も不平小言が多く、それに対して、私もかなり喧々しています。道理で、暑い地域で犯罪が多いわけだわ、などと冷静になりつつも、修理できるまではどうすることもできず、東京の駅付近でエアコンなしで暮らしている人など、きっといないだろうと、チャレンジのしがいも感じつつ・・・。彼女はよかれと思って言っているのですが、「わけのわからないこと」「本末転倒なこと」が多くなっており、彼女の脳も普段からそれほど論理的に動いていないところが、さらに輪がかかっており、私はさらに悪循環でイラつくわけです(爆)。「茣蓙を敷いて眠ればよかったのに・・・」と言うくらいなら、最初から敷いておいてくれりゃーいいのに(灯りをつけると暑いので、夜中や明け方電気をつけていないので)、砂埃がたまるから必要なときに敷くのよ、と主張するんで、さっきも言い合いをしてしまった(爆)←40代と60代の親子って救いがたいこんな会話をしていていいのか?と、途中ハタと思ったんですけどねぇ・・・。

どうであれ、眠れないことがイチバン効いているのです。私は寝なければ使い物にならず、脳がオトボケ状態のままになります。英語を教えるのに今のところまだ支障は出ていないのです。学校は、サービスが行き届いており、エアコンはとても効いている。電車も特急はとても冷えています。駅から、最も遠いところでも、徒歩8分で、イチバン近いところは徒歩3分なので、我慢の先が見えているので、移動もそれほど苦ではないのです。生徒さんたちが目の前に居れば、時間はうんと短く感じられて、「いやー、時間足りないなぁ。もっとやりたいなぁ」とだけ思っており、小学校の頃、夏休みを待っていた倦怠感のようなものは、まだ一度たりとも味わったことがないのが、不幸中の幸いです。

ところが!自分のための勉強である、普通免許の学科試験と、TOEICの模擬試験を今週中にやっつけてしまおうと思っていたのに、大誤算。エアコンがないと、まったく集中できないので困ります。母がいるときは図書館に逃げてもいいのですが、ネコたちのことを想うと、「せめてそばにいてあげないとなぁ・・・」と思ってしまうのですね←いや、なんら変わり映えないじゃん、と言われても、ネコたちはやはり私をアテにしているのよ。暑いのに、ひっつき虫になって毛だらけの物体は添い寝をしてくるんですが、断れない私がおり・・・(爆)。そのせいで、眠りのニーズは充たされず、頭は動かず、強制がかかるものや目の前に歴然としたことはこなせるのですが、自分のため、しかも先のこと、について、どうも優先順位が湧いてこず・・・。

現在、シャワーを1日2・3回浴びていますが、気づくと、帰国してやたらと髪が細くなっていること。やっぱり身体は正直なんだなぁ・・・と、感心しながらもたいへんに癪なのである(爆)。やっぱり眠れるということは、たいへんな宝なのだ。ちょっと横になってみます・・・。眠れるといいなぁ・・・。