ブログ

確実な歩み

カテゴリー:ブログ

02/17/2007 にアップした文章です。

 

ここのところ、地味で確実に暮らしていると実感しています。アメリカと日本と台湾を行ったり来たりしている頃は、どうも腰が落ち着かず、コミュニケーション不足も多く、私の頭の中にあることが、他人にあまり伝わっていないのではないか?という不安も多かったのですが、近頃は、成果が確実に出やすいチャンネルにも届いてきて、バイトも楽しく、エッセイも書き溜めできている状況で、なんとなく倖せを感じているところ。エヘヘ。でも、忙しいし、風邪ちっくな症状も出て薬も飲んでしまったし(寝込む風邪は10年に一度しかないので)、ちょっと急かされている気はするのだけれども・・・。

「温泉に行きたいっ!」と叫んでいた日々以来、歯ブラシ除菌器のターゲットのメドが(今度こそ)出てきたせいもあります。あちら様はどうも思っていないに違いありませんが、韓国発の歯ブラシ除菌器が、イトーヨーカドーに卸されて、国民認知度は一気に上がると思われたものの、実際のところはそれほどではなく、11月末のプレスリリース以来、オンラインでのヒット件数も驚くほどの増加ではありません。弊社としては、資金力もなく、他の仕事もそれほど軌道に乗り安定しているわけでもないので、エセンシアジャパンがやってくださるものを眺めつつ、というのが正直なところです。歯ブラシが汚い!という常識を浸透させるのは、共通の目的なので、あちらがやってくださることは、弊社に悪いわけもなく、日本では比較広告が禁止されているので、弊社としてはギリギリラインのところまでを使いつつ、あくどくないよう、広告場所を限定するしかないわけです。

これまでは、必死に日本の環境に慣れ戻ることと、昔とは違う様式を学ぶこと、のふたつに徹してきたのですが、もう5ヶ月になりつつあるので、期限切れかな、と思っていたのですが、やはり自然に確実な歩みを感じています。

まず、パチンコ熱がすっかり醒めたこと。中毒ではないことは、途中2ヶ月半以上も行かなかったことで証明済みだったのですが、「時間が余っていて他にやることがなければいいか」と戻ったこともあったのですが、やっぱり仕事のほうがおもしろい。統計という名の偶然や出来事にすがりつく時間に充てるよりは、やったことがわりと反映されることに費やしたほうが、きっとおもしろみが深いのでしょう。それに、冷静に戻ると、やはりあの騒音と匂いと空気の悪さは、胸クソが悪くなります。耐えられないほど個人空間も狭いです。ご機嫌がいいときには、耐えられるかもしれませんが、あんなところで我慢比べ・人間がいかにできているか勝負などをする必要もないです(笑)。でも、数万稼げるのであれば、暇だったら全面的に止める必要はない、とは言っておきます(笑)。

TVを夢中になって見ることがなくなったこと。ええ、5ヶ月弱で、芸能人やタレント、政治家、著名人と呼ばれる人々をほぼ400人くらい、名前と顔が合致するほど記憶しました。莫大な量でしょー(笑)。でもね、住んでいるみなさんはわからないのよ・・・。私は、日本情報は、アメリカ西海岸という日本情報には不自由しない土地に住んでいながらも(ケーブルで日本語チャンネルが週に10時間以上は放映されていたし、日本語新聞も1種あり、日本人情報誌もおそらく5種くらいはあった)、あえてそれを求めないで暮らしていたので、活字であるネットばかりを、写真に注意力を行かせないまま読んでいた、というのが過去18年半の現状です。自覚として、日本の文化に追いついていないという認識はあったものの、ナマミの人間がメディアに登場して、実際に話したり笑ったりクイズに答えたりしているのを見ると、「山から下りてきた田舎者」にされた気分です(笑)。住んでいて慣れているみなさんはわからないにしろ、似ている人(傾向的共通点)がまぁ、多いこと!フジテレビの『ヘキサゴン』なんたら、というクイズ番組で、地方に芸能人ふたりが赴き、そこで写真を見せて、芸能人やタレントのフルネームを当ててもらう、というのがありますが、私は今ならばけっこう鋭く答えられますが、4ヶ月前だったら誰も知らなかったかもしれない(爆)。あ、大柴ルーは知ってたか(爆)。ま、あんな感じでした。

やはり、文化的内容について、登場人物がわからないというのは、実体を掴んでいないのと同義、と考え、なんだかムキになって憶えたものです。今では、ずっと住んでいた母よりわかりますし、おそらくある種の人々(仕事で残業ばかりだったり、政治的思想でTVは見なかったり、貧乏でTVにケーブルが入っていないので一般チャンネルは見ないという人々)よりも、きっと知ってるだけは知っているようになったかもしれません。

うーん、でもなぁ、これを確実な歩みの中に入れるのはちょい虚しい(爆)。

戻ってきてから、商売がうまくいかないときのために、日銭を稼ぐ方法を確保しておこうと思っていたのですが、帰国して2ヶ月目に、すでにカルチャーセンターの講師のクチも決まってしまいましたし、探せばこんな年齢になっても、おかげさまでNativeくらいには話せることもあり、通訳・翻訳の仕事はいくらでもあることがわかりました。外資系企業日本進出ばんざーい!♪しかも、こうしてエッセイを書いている時間にも、登録さえ済ませておけば、800円や15000円くらいまでの翻訳の仕事すらできることがわかったのです。24歳半までに2年半で600万貯めたときほどの勢いは、特に必要を感じてはいませんが、まぁ、当時、朝から晩まで働いたときと同じくらいの月収くらいは、今、自営の会社の仕事をしつつも確保できるな、と実感したので、これは確実な歩みかと思われます。でも、本当は朝から晩まで働きたいのです。きゃはは、貧乏性なのである。ハイパーなので、暇ができると図書館から借りた本を読み耽ってしまい、さらにハイパー度は増すのである。が、当時と比べて、椎間板が2枚ない、というDisadvantageもあるので、拘束9時間+通勤などの肉体労働は、贅沢としてたまにやるしかないことも判明しました。痩せるし、いろいろな会社に行けるんだろうし、いろいろな人に出会えるからやりたいんだけども、ダメだねぇ・・・。それに、時給換算すると、技能を使うものと比べると、半額以下であることが判明。コレは効率性を考えると、愚かだということもあります。うーん、だけれども、何の得にもならないことにムキになれる人間ではいたいので、また大型休暇などで時間ができたらやろうかとは思う・・・。

読書のほうもそんなことがあり、ここ5ヶ月弱、毎日1冊以上の割合では読んでいます。全24巻などもあるので、挙げたらそんなにすごいタイトル数にはならないかもしれませんが、とりあえずそろそろ200冊くらいは読み終えました。これをバカ真面目に買っていたら、単純に1冊500円だとしても10万だな、と思うと、やはりコレは日本に住んでいる恩恵です。図書館ばんざーい!

仕事で出張という口実を設け、温泉に行ける日も近づいてきたような感があります。LC(設計者)が作った携帯用のすばらしいデザイン(従来にはないやつなのよ♪)の歯ブラシ除菌器が市場に出せるようになれば、2泊3日の温泉は行けそうです←やっぱりまだ未練があり、行きたいらしい(笑)。ついでに父のお墓まいりも行けそうですし、うどちゃんたちをお出迎えする万全の準備もできそうです。そうそう、横田基地の通訳のバイトはまだ終わってないし・・・(20日から再開で、工事が終わるまでは通うことになる)。

さらに、春過ぎ、夏前には、新しいプロジェクトにも着手することになります。が、私は貧乏性でハイパーなので、自営以外にも働き、読書も同じペースで続け、新しい商売の発想も企画書にし、続けていくのだろうな、というのが、確実な歩みを積み重ねる証拠のようなものになりそうです。西さんは、台湾から戻れないことになりました。入金が、お正月前に完了しそうになく、3月の1週目にもさらに入金があり、新年会の飲み会にもすでに招待されている模様です。ただし、弊社のほうも3月の11日が大切な日なので、その準備をして参加するためには、それまでには戻ってきてもらわねばなりません。

なんだかいい春になりそうだ♪こんな独り言をつぶやいてみたら、母に「あんたはウサギ年だからピョンピョン跳ねてチャンスを逃すかもしれないから、気をつけなさい」などと言われた(爆)。母はいつも正しい・・・。