ブログ

紀久美先生へのQ&A~心理学講座編~その31~32

カテゴリー:ブログ

Q31.

天気の悪い日など出掛けるのが厳しい時があります。skypeでの受講は可能ですか?

 

A31.

遠方の生徒さんはそもそもオンライン受講をしていますが、普段スクーリングしてる生徒さん達はなるべく来ていただいております。

カウンセリングの場合には受けられますが、 心理レッスンや英語レッスンの場合は欠席扱いになります。

カウンセリングの場合は、オンラインにてカウンセリングは可能です。

 

Q32.

巷にはたくさんの心理学の学校があります。Precious One English Schoolはそれらのスクールとどこが違いますか?

 

A32.

全ての心理学の学校を網羅して眺めてみたわけではないのですが、オンラインで見てみたり、受講者に聞いてみたりしたところ、やはり私が、アメリカで四年かけて学んだことをきちんと網羅している学校は少ないようです。

英語スクールであるということを名目にし、 P1の 心理レッスンは英語の定義を大切にし、世界に通用する概念をそのまま体感していただくことを目的としています。

例えば、 心理学を学ぶのに必要な大学の科目がたくさんあるのです。

生物学
動物学
人類学
考古学
宗教学
哲学
化学

これらを教養レベルで理解していない限り、 深い心理学を学べるとは限りません。P1では、これらの基礎がない方々に分かりやすい説明を心がけていますが、そのために、安易な認定書を出すこともありません。

英語ができるようになって、私がアメリカで学んだようなたっぷりした内容を学びたいと思ってくださることや、 英語で学術論文を読みたいなと思ってくださるようになるまで、 しっかり学んでいただけるようにレッスンをしています。

そこまでならないけど来ても良いという方々のためにも、 少なくとも日々の生活がガラリと変わる、しかもラクで楽しい方向に変わる、ということはお約束したいです。

特に、自分自身のことをもっと深く理解するようになって、周りの方々とのコミュニケーションが円滑になり、理解できることがたくさん増え、 自分の選択肢を増やし、正しいものを選びとり、成功して満足すること。それが目標です。

A.I.時代がすぐそこまでやってきています。本当の意味でのコミュニケーションがしっかり密に取れることにより、もっと心が豊かになり、 もっと賢くなり、もっと人々と繋がっていけるようになり、楽しい人生を送っていただけるように準備できたらと思っています。