ブログ

Q66.

今、マスターしたい言語はありますか?

A66.

できれば中途半端なスペイン語を暮らしても不自由がない程度に仕上げたいです。アメリカに戻ってからの方がきっと効率がいいので、日本にいる間は考えないでいようかと思っています(笑)。

他にも学びたい言語がひとつあって、ハンガリー語なんですが、調べてみると相当難しいらしい(笑)。さてこれはいつから手をつけられるんでしょうか?? (・・;)

まずは日本語の能力をたくさんたくさんあげないといけないので、来年2019年には古文をしっかりやろうかと思っています。今は明治時代の文豪が書いた歴史小説をたくさん読んでいます。結構古い表現がたくさん出てきていますが、相当慣れてきました♫ 吉田兼好・鴨長明・紫式部あたりを、しっかり読めるようになってから、漢字ドリルも一生懸命頑張って、まずは漢検準一級を取りたいと思っています。

その後、ベースができたなーと思ったあたりで、日本語でハンガリー語全体をどのような構造なのか?言語学者の方の著作も数冊読んでおこうと思います。

そうすればきっと、スペイン語もハンガリー語も、自分でびっくりするほど難解ではなくなるんじゃないかと(笑)。

ただ言語は、数を頑張ればいいということではないような気がしています。現在ギネス認定されている人は59ヶ国語ほど喋るらしいですが、言語の学びを進めるよりは、かなり広い分野をたくさん学んだ方が、私の場合は残された時間がどんどん短くなっているので(笑)、よいチョイスような気がしています。

大学生の頃は、まぁ、途中で止めてしまったんですが、ドイツ語を第二言語として履修しようとしていました。今はドイツ語に全く興味がありません (・・;)どうしたんだか(笑)。

英語を教えてて思うのは、インターネット上で必要な情報を得るためには、日本語と英語が分かっていればかなりの分野をカバーできます。そうした意味でも、一般的なアメリカ人はかなりあぐらをかいてる感じがしますよね?私は英語ができるようになって世界がぐんと広がりました。なので、次がスペイン語ができたら、南米に行ってもさほど不自由がないこと、Californiaに住むのには大変便利なんじゃないかと思っているところです。