自己表現って?

07/04/2008にアップした文章です。

インターネットの利用のうち、ブログが注目されているのは、みんなが簡単に使えるという点が大きいのです。掲示板システムを開発したり、ホームページをソフト化したりしたエンジニアもすごい評価はもらっていますが、やはりこのブログというのは、マイクロソフトの流れを汲んだ、愚民(こうして十把ひとからげにするのは自嘲でもあるんですが、一から学ぶ必要なく、簡易で利便性だけで使えるものを使う人々という意味)にとっては、たいへんにすごいモノの出現だったわけです。少なくとも使うのであれば、その機構(システム)や成り立ちくらいは知っておこうよ、とキャンペーン実施中ですが、私がこの程度のことしか言えないのは、学んでいないからです(笑)。が、校長センセもいらっしゃるし、シリコンバレーに住んでいたおかげで、概要をしっかり学ばせてもらえてきたので、何とか大きく赤っ恥を掻かないでいられているわけで・・・。



今日の基記事はコレ>http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0807/03/news054.html

MixiやYahoo!などのニュースサイトは、それぞれの記者さんが要約を記事にしているので、ここまで細かくは読むことができないのです。

 

これ、驚きませんか?私が驚いたのは、インターネットハイウェイには、ゴミだらけという事実です。海にたとえるならば、難破船だらけ、ということなのか・・・。登録だけして使っていないものは、ものすごい割合なのだった。

 

人口1億3千万ほどのうち、PCにアクセスしている数が(調べればきっとわかると思うのだけれども、日々刻々と変わっているに違いなく、さらに問題としては、会社のイントラネットからのものや、家庭の光ファイバーからのものなど、セキュリティシステムに阻まれてどうせ正確な数などは出ないのである・・・)、およそ6割だとしても(ちょっと多めな気もするのです。高齢者や小学生くらいまでは、それほど日常的にアクセスしているかどうか疑問だし、家庭にPCがあっても使わない主婦や学生は確実に居て、携帯であればアクセスしているのかもしれず・・・)、7800万人。ブログの数は、1690万。4人にひとりがブログを持っているということなのですね。でも、アクティブなブログは、そのうちの308万なので、25人にひとりがブログをやっており(とはいえ、会社を持っている人などは個人で3つも4つもやっているだろうから、20人にひとりくらいの割合なんだろうなぁ・・・)、5.5ブログのうちひとつがアクティブに更新されている、と。しかも、そのアクティブの定義が、1ヶ月に1回以上の更新らしいから、かなりオソマツではあるのだ・・・(汗)。

 

かなりのゴミの量だよね・・・。削除することすら忘れているものがかなりあり、しっかり削除処理がしてあるものが、2243万というのだから、飽きっぽい人の数もかなり知れるものではあるのだ。けっこう怖い数字です。1ヶ月に1回の更新すらできないブログの存在意義というのも、かなり不思議で、もしも商売だったら、そんなブログ誰が信じるのだろうか?とも・・・。

 

(西さんの会社のブログもあったんですが、まったく更新していないのは、運営方針を変えたからで、一般のネット閲覧者は、マーケットの対象外だからですね)

 

テラバイトというこのカタカナにはどうもなじみがないのですが、表になっているので、見てみてください♪

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88 

 

ちょっと心配なのが、これだけの電気を使ったものが運営されるには、どのくらいの電気が必要なのか?ということ。24/7(24時間週に7日不休ということ)で動いているものがかなり多いのだろうし、修復などには、通常異常の電気量がかかるのだろうね・・・。エコを一生懸命がんばりつつも、このへんのエネルギー量というのは、誰か教えてくれないかなぁ・・・と思う。

 

まぁ、数的感想はこれくらいにして・・・。

 

目的は、こんな順位になったのだそうです。

自己表現:30.9%

コミュニティーの形成:25.7%

アーカイブとしての利用:25.0%

収益目的:10.1%

社会貢献:8.4%

 

自己表現:(1)内面的・精神的・主体的な思想や感情などを、外面的・客観的な形あるものとして表すこと。また、その表れた形である表情・身振り・記号・言語など。特に、芸術的形象たる文学作品(詩・小説など)・音楽・絵画・造形など。(2)外にあらわれること。外にあらわすこと。〔明治時代に作られた語〕

 

私としては、1.日本語文語と口語を混ぜた文章の維持 2.継続していくことで自分を鍛える を目的のふたつに挙げているのですが、あえて非公開にしないのは、特にそのことについて選択しないで済むのであれば、そのままでいいかな、という程度。しかも、広くからのひっかかり具合で(コメントやトラックバックなど)何か見えてくるものがあるかもしれない、というのもあるから。自分の中の何かを外に表現していくことで何かを達成したいということはあまりなく、この1.2.の目的がメインです。啓蒙ちっくな考えもないし、誰かに何かを押し付けたくもなく、記録としての使い方(アーカイブ)というのが私に当て嵌まるものなのでしょう。

 

もうちょっとソフトが使えたり写真を撮ったりするのであれば、確かに自己表現できるのかもなぁと思います。料理レシピだとか、クラフト(手で作ったもの)のアップだとか、それをコミュニティー化したりとか、ブログの可能性はでかいですよねぇ・・・。ただ、個人情報とのせめぎあいがあって、そんなに自由には表現できないというのも、きついのかもなぁ・・・と。

 

それに・・・、そんなに簡単に放棄してしまうほどの自己表現というのは、なんだ?とも思うのではあります。1ヶ月に1回の更新で表現できたと満足できるわけはないとも思いますし・・・。

 

役立つ情報提供をして、社会貢献できれば、本当に理想的なんでしょうねぇ・・・。私にはそんなものはなく・・・(汗)。

 

とはいえ、発信側に、素人が廻れるようになったわけなので、この意義や可能性については、大いに考えてみたほうがいいのでしょう。私は、いつか自分の限界を感じたら、非公開にするやもしれません。聴く耳を持っている、およびバーチャルとリアルの境目がほぼなく嘘はついていないよ、という態度の現われとして、公開にしているのですが、限界を感じたら非公開なんだろうなぁ・・・。メールや掲示板は、お返事を書くというのがMUSTなので、かなり物理的限界を感じたものなのですが、私のブログにコメントを書いてくださる方はうんと少ないので、まったくキャパ範囲内でよかったです←コメントを残したい方に防衛線を張っているわけではないので、誤解なさらずお願いします(笑)。

 

またもや週末が来てしまったので、忙しいのであります。お給料をもらっても、それを使えるチャンスがないというのは、かなり虚しく、だからこそ冷蔵庫も買えたといえば買えたんですが・・・(汗)。自己表現どころではない、という現実をお伝えしているのが、私のリアリティのようで・・・(汗)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です