ブログ

食欲がないときの定番メニュー

カテゴリー:ブログ

朝っぱらからものすごい暑さ。ゆうべ、かなり遅くまで起きていたので、朝ゆっくり寝ようと思っていたところ、母が信じられない暑さを醸しだすことをしてくれていた・・・。とうもろこしを茹でるために大鍋にお湯を沸かし、20分も煮ていた・・・。その横で出汁を取っていた。その上、換気扇をつけないでやっていた・・・。自室のカーテンを閉めず、東を向いたガラスからは燦燦と太陽が・・・。私が寝ている部屋の扇風機をつけることもなく、ベランダに洗濯物を干すために(自分は外に出ているので関係なく・・・)「つい」サッシドアを閉めっぱなしにしていた・・・。こんな暑さで起きちゃったのよ・・・。なんて不愉快な目覚めだったか(笑)。

トイレやコーヒー沸かしや歯磨きの前に、起きてすぐにチェックしたのは、部屋の温度。母の部屋が31℃だったので、私が寝ていた部屋は33℃近くあったんじゃないかと思う朝の8時・・・。そして、母が知らぬ顔でWhite lie(誰も傷つかない嘘)をつくので、それに反論するために、天気予報チェック・・・。「東京は30℃超えないぞ、今日の予報!」と不愉快な顔を朝から・・・(笑)。そして、少し反省したかのような彼女は、「だって、私は一生懸命家事を涼しいうちにやってたんじゃない・・・」と意気消沈。ちょい言い過ぎたと思ったので、「私にとっては日本の夏は15年ぶりくらいなのよ。少しはわかってよ。ネコにとっては初めての子もいるし、朝のうちにできるだけ涼しくしておかないと、マンションだからたいへんなんだよ」と説明。

そこで母が秘密兵器に出してきたのは、今晩の献立だった(爆)(爆)。

今晩は餃子♪食欲が出ないくらい暑くても、母の餃子ならきっと食べられるのだ。そこで私は、一気に小さい頃のことを思い出すのだけれども、子どもにまるっきり戻ってしまった私は、人生のある地点で「餃子の王将に一度は勤めたい」と思ったことなども思いだしたんだった・・・。私は餃子を包むのが速いんだよぉ。いや、何をやるのも速いのだけれども、内職系のことが大好きなので、無言のうちの勝負が大好きなのだ(笑)。いつかこれもエッセイに書いたことがあるのですが、包みながら、あの焦げ目がつくジュージュー音を立てるフライパンのことを考えるだけで、妙に時間が瞬く間に過ぎていくのにも拘らず、ちゃんと餃子は並べられていくのであった。

そこで名誉挽回した母は、食欲のないときの定番メニューをメモに書き上げることにして、ネコたちと私のために、さらに暑さを忘れることをしようとしてくれた。69歳になっても、やっぱり母は母なのである。ありがたい!メモっておけば、安売りがあったときに買い込んで、すぐに作ってくれるつもりらしい。すばらしい♪

冷やし中華・バンバンジー・そうめん(みょうがが大切なのです。アメリカではみょうがは1個200円も出して買っていたのだ)・冷しゃぶ・ところてん・冷麺・インドカレー(母は覚えたいらしい)・おくらと納豆と梅干風味・おろしざるそばなめこ山菜入り・大根サラダ・坦々麺・エビチリ・ビシソワーズ・冷製パスタサラダ、と、ここまで来たところで、母は力尽きたようだ・・・(笑)。でも、これだけあれば、かなり保つよね・・・。

暑いときに、父の実家に1ヶ月単位で預けられていた私は、夏といえばトマト。塩をぶっかけるだけなのですが、井戸水でひんやりとしたトマトは、おいしいおやつでした。さらに、ジンギスカンも私の夏の定番で、従兄弟の8月の誕生会を兼ねてやっていたのですが、お肉をつけるタレは、りんご園を兼業(神主とりんご園を兼業でやるってぇのもおかしいかもしれないのだけれども・・・)していただけに、にんにくとりんごを磨ったものにお醤油を加えただけのシンプルなもの。これ、おいしいんだよ、やってみてね♪割合は、甘めが好きかどうかで調整してください。

母はやっぱり長年私の母をやっているだけあり、食べ物で私のご機嫌がすぐに戻るのを知っているんだなぁ・・・、とやたらと感心した午前中。ところが、室内の温度は下がらない。マンションって風通しが悪いところが多いよね。おかげで、冬はまったく暖房が要らなかったのです。この冬、我が家は冷暖房のエアコンを一度もつけませんでした。ハロゲンランプの置き型の暖房を3度くらいつけただけだったと思う・・・。そもそも私が寒がりではないのがあると思うのだけれども、マンションは相当に暖かい。が、その反動で夏は死ぬほど暑くなる。

私が心配なのは、自分のことはシャワーを数度浴びるなどの対策があるにしろ、ネコたちの初体験。うどちゃんだけが、日本に15年前に1年いたことがあり、日本の夏を体験しているのですが、そのときは一軒家でよくお風呂場でべたーっとなって寝ていたのだけれども、マンションのバスルームとお風呂エリアはそれほどひんやりはしていない模様。ネコたちは長毛種なので、これはたいへんに心配なのだ。まさか、毛を刈るわけにもいかず(笑)。

そして、腎臓病に悪いとはわかっていても、これだけ生食でいける魚がたくさんあると、ついついあげたくなってしまうのも事実。そこで、ネコにも、食欲がないときの定番メニューを考えてあげている母娘(笑)。体調を見て、お水を飲む量を見ることにはしたのですが、がんばったときにはやっぱりお刺身をあげようと決定!

コノ前、お友だちが来たときに、いつもは母が担当の買い物なのですが(私はまだ相場がわかっておらず、母としては高いものを買ってくると、スーパーに詐欺に遭う娘、とどうも非難したくなるらしく、あまり任せてもらえず、学習しろとなじられる・・・)、パルコに行ったときに、鯵の生食用が6尾入っていて580円だったことを知り、けっこう大船に乗れることがわかったのだ。ネコの缶詰は高いよ・・・。さらに、最近は、カリカリ(乾いたドライドフード)のほうが健康にいいものを作れるようになったので、そっちをもっぱら食べてもらっているのだけれども、アメリカから持ってきたものがなくなったら、成分表とにらめっこしなくてはいけない・・・。

さらに、我が家のハイジは、きゅうりやレタスを食べるネコなので、たまには上げてもいいな、と思った次第です。さらに、彼女とさくらはざるそばが大好きなのだ。しかも、海苔つきが大好きなので、もりそばではダメなのだ。どうしてこんなネコになってしまったのか、ちょっときっかけがわからないのだけれども、私が食べないものは嫌いかどうかわからず、フォアグラとか好きかもしれないよね・・・。

今晩は餃子なので、けっこう気がよくなり、昼間は仕事とエッセイ書きをがんばろうと思うのである(笑)。小さい頃は、弟と競争して20~30個ずつくらい食べていたのだけれども、さすがにもうそんなには食べられないよなぁ。そういう意味で、食べられるってステキなことなので、暑くなって食べられなくなったらヤバイなと思うのです。

ちなみに私は、在米中はもちろん夏バテはありませんでした。一昨年と去年、台湾と日本にアメリカから渡ったときに、生まれて初めての夏バテを体験しましたが、それは純粋な夏バテではなく、順応できない急激な温度差を体験したに過ぎず・・・。今年はホンモノの夏バテをするかどうか試されるところだと思うので、がんばろう!と思っています。とりあえず、弱視なのでサングラスは忘れず、暑くなったら熱中症にならないように頭を気をつけて炎天下を長く歩かず、水分をきっちり摂ろうと思っています。

きっとみなさんのお家も食欲のないときの夏の定番メニューがあるんでしょうねぇ♪楽しみにして、元気をもらうといいですね。