心からのお礼を英語で伝えたい

まずチェックしていただきたいのは、自分は日本語でも「お礼をきちんと言えるかどうか」です。Precious One English School では、他者とどのような人間関係が作れるのか?を心理レッスンでしっかり見極めていきます。

 

そのバロメータとして、

  • EQやSQ
  • Mobilityの中の Psychological の広さ
  • Self-efficacy の Social
  • 他者に責任を押し付けない Self-Controlの高さ
  • 自分も他人も同じくらい大切にできる Self-Esteemの高さ

などをご紹介して、ご理解いただいています。

 

その上で、文化的に何を褒めたり、伝えたりしたら相手がうれしいのか?を考えていただくことが必須になっております。

 

心は見えないので、表情に出したり、形にしたりする他、言葉で伝えたいですよね。よくある英語の言い回しを「暗記」することは、Precious One English School ではおススメしていません。機会・相手・タイミング・場所に沿った言い方とは限らないからです。

 

とはいえ、ここに参考URLを:

https://tabippo.net/thank-english/

http://www.berlitz-blog.com/thanks

http://maji-eigo.jp/ordinary-conversation/thank-you/

 

発想からしてちょっと違う部分もあるかもしれませんが、英語の本質である

  • 距離感
  • 立ち位置・目線
  • 考え方

を入れ込むことが体感として落ちていれば、自在に出てくるようになってきます。

 

日本語でもお礼が言えない人はいます。あなたの毎日の中に「ありがとう」がたくさん詰まっているか考えてみてください。当たり前のこととして受け止めていることが多いと、なかなか日々の中に「ありがとう」が言えていないことに気づけます。ついでに英語にはなく、日本語にある「いただきます」「ごちそうさま」も言えているかどうかチェックしてみてください。

 

挨拶が形式的なことであるという考え方・捉え方は止めて、「心から思っているから口にして伝える」という習慣にしてしまえば、相手にも必ず伝わるようになりますし、発想もピンポイントしたものが浮かぶようになり、日本語でも英語でも言えるようになってきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です