独学に挫折しつつある時の立て直し方

 

これ、微妙な言い回しですね(笑)。独学をしているんだけど、挫折しそう、ってことでしょうか?実は、独学を応援するサイトを立ち上げました。 Kick Me English しっかり使える英語が学べる独学応援サイト完全版 スクーリングしている方も、ここはしっかり見てもらいたい(笑)。なぜならば、週に6日は独学状態ですからね(^^♪


大きく捉えると原因は、


1.時間管理

2.疲労感

3.つきあっている人々

4.気分・心理的状態

に分けられると思うんですが、挫折しそうだから、ということに気づいているということは、まったく建て直しはできると思います。


多くの学習者は、3歩進んで2歩下がっちゃうんですよ。(・・;) それを3歩進んで踏ん張ることができれば、次の1歩に踏み出せるんですが、もったいない。


方法としては、リセットするために一度休憩する。ただ、時間は決める。2日なら2日、1週間ならば1週間。長ければ長いほど、引き戻しの時間が掛かるので、数か月などの長いものはおススメしません。気持ちもコツも萎えます。切り替えはかなりエネルギーが必要なのです。好きなことから好きなことに移動するのは簡単ですが、好きなことから嫌いなことに移動するのは、ギャップが大きすぎるため、ものすごぉくエネルギーを要します。なので、リセットする場合は、週末をこれが最後だと思って楽しむとか、イベントごとの大きなものが終わったら再開、など、きれいな形を取ることが大切です。


お休み中ではありますが、対策したほうがいいことがあります:


その間、何ができるか?というと、

1.時間管理の見直し


自分の平日・週末のスケジュールを確認。できれば、小学校の夏休み前にやったような円を描いて時間を配分したり、実際に時間軸が描かれてあったものに乗せていくような可視化できるものがいいです。


やってみると、「あれ?この時間けっこう空いている」「あ、この時間は短縮できる」など、気づきがあり、独学のための時間に使えることに気づけます。


2.疲労感の見直し


ナニが自分にとって最も疲労がたまることなのか?をリスト化してみてください。私は睡眠不足です(笑)。あとは、生徒さんのドタキャンと未支払い(笑)。理解してもらえないことや質問が多いことはむしろ大歓迎で、とにかく前向きなことであれば問題ないのですが、停滞したり、退行する行為にぐったり来ます。


ごはんを抜くことも私は平気ですが、みなさんはどうですか?シャワーやお風呂が急がねばならぬことはどうですか?満員電車はどうですか?いろいろとリストになるものを考えてみてください。


運動の疲れはさわやかですが、そうではないどんよりした疲れのリストができたら、あとは、それにどう対抗するか?を考えてみてください。


3.つきあっている人々の見直し


飲みに行くことは悪いことではないです。ただ、お金も使い、話もつまらない、あるいは何も生まれない、など悪循環に嵌っていたとしたらまずいです。趣味やサークルや習い事も同じで、心がドキドキワクワクしないのであれば削ることも可能ではないでしょうか?


自分が求める距離感をここで作ってみることは可能です。疎遠にしたい・今のままがいい・少し近づきたいなどなど、いろいろなズレがあることが、独学を挫折する要因になっているかもしれません。


4.気分・心理的状態


さまざまな心理テストをしてみて、自分の性格をしっかり把握し、どういうパターンで物事を捉えるのか、学習に有利なのかどうか模索してみるといいです。いい結果であればやる気が増しますし、悪い結果であればその対策を立ててみましょう。


カウンセリング常にお申込みいただけます:お申込みフォーム


そして、肝心なのは、独学プログラムです。どのようなことを具体的にしたほうがいいのか、教材が間違っていないか、休んでいるあいだに見極めてみてください!まだ着手したばかりなので、コンテンツはこれからどんどん進化しますが、 Kick Me English しっかり使える英語が学べる独学応援サイト完全版 では、チャットワークでひとりっきりになるまでの助走アシストなどもしております。覗いてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です