ブログ

まさかの抜歯

Yoko

上の歯一本抜きました・・・

だいぶ昔に虫歯をひどくして、根の治療をしていた歯の根元が腫れてきてしまい、なんとか再度根管治療をしようとかなり時間をかけて治療してきましたが、根の形が複雑でなかなか処置しきれないとのこと。

根元を腫らしたままでは、周りの歯や歯茎にも影響があるらしく、もう抜いてしまえ、と決心しました。

今は、麻酔の針もあまり痛くなく、よく効くので抜歯自体に痛みはありませんでしたが、ぐぐぐ・・・・と引っ張られて抜ける感覚は麻酔をしていてもあり、ゾワゾワしました。

そして抜歯して麻酔が切れたあと、結構痛みが続き、痛み止めを飲む日が続きようやく落ち着いて来ました。

次なる問題は欠損した歯の補充です。インプラントという選択肢もありますが、ちょっといきなりだし高額でもあるので、さほど目立たない部分のため部分入れ歯をすることになりそうです。

今は全く目立たないのもあるとか。保険外ですが・・・・

長い時間とそれなりの費用と心身の負担をかけつつ治療してきた歯が保たなかったことに結構喪失感がありましたが、抜いたら抜いたでスッキリとしました。

なくなってしまったものは仕方ない。

けれど、今後は同じことを起こさないように更に歯のメンテナンスには気をつけていかないといけないです。

息子も同じ歯医者さんに担当して頂いているので、よく“元気に登校している?”などと話題を振ってきてくれる歯医者さんなのですが、(おそらく私が歯医者苦手で気分が悪くなったことも過去にあるため、リラックスさせようと話かけてくれているのだと思います)、抜歯の後にも“今年は◯◯のお祭りもないんだってねー。お神輿今年はやれないね”などと話かけてくれ、抜きたての私は返答するのは完全に無理でした(笑)

体の一部がなくなるのはガックリきますね。

今、事件に巻き込まれたら上のこの歯がないのが私だからね!と家族にアピールしては、鬱陶しがられています。

とにかく歯医者は、お金も時間も気力も体力もかかる!

予防歯科が大切ですね。私も残りの歯は減らないように気合を入れていきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。