ブログ

ケチャップの存在意義

本日の真昼間、ランチはどうしようと思いながら、「スパゲッティがいい!」と言われて在庫を確認。乏しかったので、納豆スパゲッティ(キノコ和え)にしたのですが、気づいてしまったのです。我が家でのケチャップの存在意義を・・・。

 

わかったあなたはすごい!そうなのよー!限りなくスパゲッティナポリタンのためだけに存在したのです(笑)。エビチリのときにも手を抜きたいバージョンのときには多少使うけどね(笑)。でも、エビそのものがけっこう高いので、手抜きをしたいなら作らない選択をすることが多いので、やっぱりトマトケチャップは限りなくナポリタンのためだけに存在している、と言いたいところです。

 

ケチャップを使う料理一覧はこちら デルモンテ ケチャップを使う料理

 

で、ここで厳密にリサーチしてみたところ、私が他にケチャップを使う料理は、ものすごく少ないことに気づいたのでした。

 

  • オムライス
  • スペアリブ

の2つだけ。

 

ハンバーグソースもデミグラスか和風が多く、昔むかし、母が作ってくれたケチャップソースをなつかしいと思いつつも、自分では食べていないことに気づく(笑)。ミネストローネやピカタなども、ケチャップは使わず、トマトソースやトマトそのものを使っていることに気づく。

 

ではなぜナポリタンはケチャップなのか?

 

アメリカに住んでいたころは、Heinzを使っていたんですが、日本ではカゴメかデルモンテなのです。味が少し違う。しかも私はポテトフライが嫌いな方だったので、オーダーしなかったのですが、ここのところ、母が好んでOKストアに売っているガーリック入りの冷凍ポテトをせがむので、それをたまに食すようになりましたが、当然、ケチャップは要らず・・・。

 

アメリカに住んでいたころ、やはりナポリタンを作ってみたんですが、それをHeinzとトマトソースの2種類で作ったところ、やはりトマトソースでは昭和に食べた味にはならず、なんだかハイソな味になっちゃうんですね・・・。エビチリと同じなんだろうか?エビチリも、ケチャップを使うときはなんだかちょっと違う味なんだよね・・・。トマトソースをちょこっと入れたりしたときと違う。

 

で、調べてみると、ケチャップにはお酢が入っているらしい。うーむ、そういうことなのか!と納得。じゃぁ、味は変わるよね・・・。

 

酢で思い当たることと言えば、うちのスタッフ陽子ちゃんに最初の頃、やたらと感動されていたんですが、私はかた焼きそば・あんかけ焼きそば・五目そばに、ものすごい勢いでお酢をかけ回すらしい(笑)。豪快で観ていて気持ちいい、と。言われてから気付いたんですが、確かに(笑)。で、この前、日高や調布店に行ってみて確認した(笑)。いやー、すごい量をかけている(笑)。お酢の入れ物の1/3くらいは使ってしまっていた・・・。

 

そりゃー、豪快だよね・・・。

 

で、お酢を入れたときにはスープも半分くらいまでは飲むんだけど、フツーのラーメンはれんげで2杯か3杯くらいしか飲まないことも判明(笑)。

 

こういうのも在庫に影響するんだなぁ・・・、と、ほとほと感心してしまったリサーチ結果でした(笑)。子どもの頃だけでなく、大人になってもこんなことやってたら、毎日さぞかし楽しいだろうな、と自分でも思うのである。発見が多いって感じられるだけでも、日々は待ち遠しく想えるのでした。