ブログ

世界がどうなっていくのかの予測

こののち、世界はどうなっていくのか?ということを予測した記事には、なるべく目を通したいなと思いつつも、なかなか時間が取れないでいたり、まんべんなく観ることができなかったり、と、時間の使い方を反省する日々です。

 

この記事を書いているのは、2020年5月2日。あと2日で「緊急事態宣言」の延長がどうなるのか、9月を新学期としていくのか、など、政局をも左右するような成り行きを待っているところです。

 

コロナ禍での行き詰まり・不自由は、すべての人々にネガティブではあったと思いますが、生き延びるために「自分なりにできること」を試行錯誤している真っ只中です。

 

私の立場から行くと、目標売上に行かないまま借金が膨れ上がっていく不安や、オンラインレッスンでの健康が滞る一面の発見や、オンラインの利点と欠点のバランス取りや、それでも日々丁寧に時間を過ごすことなどの経営面の他、家族との時間などについてや自分の健康に関してもいろいろと考えています。

 

そこで!やはり世界が今後どのようになっていくか、を見据えて、このようなことが二度と起きないように、と祈るのではなく、起きてもOK! どんと来い!のように備えておかねば、という悔しい気持ちで満杯になる瞬間もあり、「よっしゃ、考えよう」と新たな糧を得る道などについても、次々と考えています。

 

実際に、母の洋裁の先生(当時30代)に非常に憧れていた8-10歳の私は、その当時から早く30代になりたいなーと思っていたし、10代はまったく満喫できる気分でもなかったし(笑)、先読み好き、というのがありそうですが、少し時計が早く廻っている感があります。なのに、ゲンジツはさほど速くは動いておらず、私だけ、あるいは私の脳内だけが先に進んでいる・・・というような。

 

それは、委託業務やプロ講師などをやめ、会社を立ち上げた頃からも顕れてきておりました。発想が早すぎるのです(笑)。私が考えたサービスや商品が、5年後から20年後くらいに売れてきた、というのが、1つや2つではなく、10個以上あることを考えると、やはりスピード感を考えないといけないのかなぁと思いました。

 

そこで、英語スクールを開始してからは、コンサルタント・無料経営相談などを4件も経たのですが、小銭が残る程度で、小金が残ることもないまま、このコロナ禍のまま、今に至ります。 (・・;) 先日の記事の「戦略的学習法」が身についているはずだというのに、イッタイどうしたことでしょう!という感じなのですが、これまでお金にさほど執着してこなかったことがいけないのですっ!

 

ある一定の金額だけはいつも確保していかねば、こんな窮地に陥るのは、あっという間だということを学んできていたはずなので、それに備えてきたのですが、どうも英語スクールというのはどうしてもコンサルタントのプロ軍団にも難しいらしい・・・。Web制作会社も4件ほど流浪したのですが、100万単位のお金を要求する割りに、まったく成果が出ない・・・。(・・;)

 

なので、これも我流+αで今に至ります。

 

そこで、次の作戦ですが、どうしたものでしょう・・・。と思っていたところ、やはり英語スクールを持っていることは生かしつつも、何か違うサービスや商品を考えてみる、という結論に至りました。固まったらまたどんな形になるかわかりませんが、お知らせしたいと思います。考えているだけで楽しいのですが、実現しなければ意味がないっ!ので、ひたすらがんばってみますー。