ブログ

単純作業が得意だと何かいいことはありますか

たくさんありますよ(^^♪ 私も単純作業はけっこう好きなのです(笑)。なので、このようにBlog記事もInstagramの準備も、けっこうしゃかしゃか終わるのです。本日もInstagramをExcelにて、英語質問貼り付け→日本語での自分の答え→Photocatで加工→My DriveのDocumentに貼り付け→ 日本語の答えをコピペして完成、という5工程を3か月分終了しました。本日8月31日なのですが、2か月先までは必ず準備しておく、というのを心掛けております。Blogに関してもようこちゃんにアップロードしてもらうのに、メドは2か月先なのです。

Blog記事を書くことが知的作業か?と問われると、自分周辺のことについて書くのはさほどの知性を使っている気はしていません。が、質問によっては論文をひっくり返して検索して読み込んだりはします。コラムや心理Blogは、第3者のようこちゃんやみちこさんに頼んでいるのです。が、テキストを作るほどのハードルか?というと、そうでもないと言えるかと。

なぜ私が単純作業がスキなのか?というと、「単純なので多くが完成する」=成功体験がウハウハ貯まる→ 次もきっと成功するという確信に変わる、というすんばらしいプロセスだからです。可視化できている量がハンパなくすごい(笑)。

この体験は、実は私が子どもの頃は、母が家で内職をしていて、扇風機のボタンの加工やスイッチなど、私もやってみては10円を稼ぐというのをやっていたせいです。1つ1銭というすごい単純作業もありましたし、10銭というけっこう高度なのもありましたが、私にとっては、単純作業=成功体験=ひょっとするとお金になる、という構図(笑)。

しかも、コレに速さが伴うと、実生活でどんないいことだらけだか想像できますか?

大雑把に見えるかもしれませんが、この際細かいことは追求していられない、などという広い場所の掃除や片付けなど、速さでオトクなことは山ほどあり。私は学生を長く長く続けていたせいで、読むのも書くのもタイプも速い。

母も内職の鬼だったので、夕食の支度はコンロが2つしかないのに30分でやってのけていたので、私も食事の支度は非常に速い&早いです。4品を副菜と主菜で出していますが、30分掛かりません。飲みながら炭水化物を足すかどうか相談しますが、だいたいないことが多いです(笑)。だって、アルコールがすでに炭水化物ですからね・・・。(・・;)

モノを捨てる作業も決断が速いです。未練も何もない・・・。もしも私がこの単純作業が得意なことから生まれた性質が染み込んでいなかったら、離婚後の鬱状態は長く続いたことでしょうね・・・。

そして、テストを終えるのもとっても速いのです。アメリカの大学は時間前に終わったら退室できるものばかりなのです。とってもよかったです。終わったあと、次の授業やテストまで、芝生に寝ころべる解放感はハンパないです。4択は単純作業に見えてくる、というのがとってもいいですね。

現在生徒さんの数は総数50名弱、チャットワークを常に書いてくれる方はさほどの割合ではないですが、けっこうな文字数です。とはいえ、私にとってはそれが重くもなく、けっこう短い時間でこなせてしまうのも、単純作業の結果だと信じています。とはいえ、すごい熱意のある生徒さんの3000文字などは、「えいっ!」という気合いは必要ですけども(笑)。

小さい頃は、わんちゃん+フリスビーのような繰り返しを飽きもせずにやっていて、大人になって形が変わったとはいえ、工夫して単純化してしまえば、大いなる複雑なプロセスや目標も、単純な工程は多いのです。ですから、必ず成功に導いていけるようになる。

これは大いなるいいことだと信じています(^^♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。