ブログ

基礎化粧品の基礎、とは?

まったく化粧をしないおおだいらです。<(_ _)>

これまで年に1-2回などとガセネタを申し上げてきました。USの頃は本当にそんな感じ。とっても高いレストランにお呼ばれしたときとか?結婚式などには行かないことにしていたし、カジュアルにジーンズとポロシャツで生きていけるように暮らしをセットしていたので、化粧が必要だと思ったことがないのです。

そして今も、わざわざコンタクトではなく眼鏡にしているのは;

  • 昼寝をしたいから
  • ドライアイが怖いから
  • 目元のしわが少し隠れるから(笑)
  • 矯正視力が調整しやすいから
  • 化粧をしない言い訳になるから ← ここ!

と、まぁ、都合がいいです(笑)。

実は、冬場、ものすごぉく乾燥しない限り、基礎化粧品というのもつけぬまま、57歳になります。ぶっちゃけ、乾燥しているなーと思ったら、ニベアだっていいと思うのですが、まぁ、それじゃあまりにケチくさいので、ネットで評判がいいものを数度こっきりで買ってみて、冬場だけ使う、あるいは春・夏・秋は気が向いてひまだったらやってみる、という調子です。

そして謎なのは、この基礎化粧品の基礎とはイッタイ何なのか?ということ。

Wikiより

基礎化粧品(きそけしょうひん)とは、ファンデーション、口紅、眉墨、アイシャドーといった、メーキャップ化粧品と呼ばれるものに対して、洗顔料(洗顔用化粧品)、化粧水、美容液、乳液、クリームといった皮膚を健やかに保ち肌質自体を整えることを目的とする化粧品を指す語。皮膚用化粧品ともいう。スキンケアプロダクツ(Skin care products)とも呼ばれる。

メーキャップ化粧品は、肌荒れ、しわ、しみなど、見せたくない部分を隠す、肌に立体感や色を与えて一時的に美しくするなどを目的とするが、基礎化粧品は、皮膚を清潔にし、健康な状態にするのを目的とするものを言うことが多い。

だとしたならば、私はこの洗顔料ですら、そのへんのドラッグストアで売っているもので、化粧落としはしなくてもいいので、至って簡易。実は、皮膚がとっても丈夫にできているので、男性用のスクラブが入っていたり、アルコールが入っているものを好んだりするのです。ゴシゴシやりたいのだった・・・。

でも、お会いしているみなさまには、年齢に見えないと言われており、ここまでは成功している模様。

ここのところ疑問に思っているのは、寄る年波にできてきたしわやたるみは、この基礎化粧品の類で、どの程度改善できるのか?ということ。

せっかちな私は、これを毎日やるよりは、時間とお金ができたら、プロにやってもらって1か月くらいは保てないのか?などと思ってしまうのでした。どうなんでしょう?

特に年齢よりも若く見られたいという願望が強くもないので、エステなどは行ってないのです。台湾に行ったときには必ず行っていたんですが、美肌のためにではなく、「リラックスのために」というのがピンポイントだったように思います。この値段でこのサービス!というのが楽しかったせいがイチバンか(笑)。

なので、年1くらいで買ってみる基礎化粧品も、All in one方式のものだけなのです。Yokoちゃんと一緒とかにしないと、たぶん顔のマッサージとかしないんだよね・・・。気がない(笑)。忘れる(笑)。鏡を見ない・・・。しかもシャワーを浴びているときにだけ見る鏡は、眼鏡をしていないせいでまったく見えてはいないという体たらくです。

もしも私がエステにこの先行くようなことがあれば、それは「お金と時間に少しゆとりができた証拠」と思ってみてください。美容院に行く時間すら惜しんでいるワタクシですので、たぶん起きないような気がする(笑)。

基礎は自力でそれなりに大丈夫、というのも生まれながらにしてのAdvantageのひとつですね。ラッキー♬

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。