ブログ

家計簿の行方

すでに本日は2021年1月12日。つけ始める!と決意した家計簿の行方を、家人は気にしていたのです。封筒に入れ込んだレシート類の厚みが自分でも気になり、昨日、レッスンの合間に、「えいっ!」と決意し、本屋さんで家計簿を買いました。

んまぁ、びっくりするほどの種類!簡単って書いてあるものを手に取って見てみても、「え??なんでこれで簡単なの?」と思うほど、絶望的なワタクシなのでした・・・。 (・・;)

たぶん、引っ越しの精算をしたあと、12月末日の残金などを明確にしたあと、1月の12日分の入力をしっかりするのに、3時間以上かかる気がする(笑)。しっかり記録しておくためには、やはり間違いがあってはいかんので、鉛筆がいいのだろうとか、先にいろいろ緊張して考えてしまうのであった・・・。

そもそも、Excel化したオンラインの無料サービスを使えばいい、と言われていたのです。私もそんな風に考えていて、気楽な気持ちだったんですが、無料サービスですら、なんだか使える気がしなかった(笑)。考え方とか、買い物の仕方が変わるためにも、ここはちょいと苦労してみたほうがいいし、経営に関しても、クラウドソフトを毎月一定額支払いつつ、参入して経理ソフトを導入することにしたので、2つ違う種類のことをやってみるのが大切かと・・・。

不思議と、経営に関する項目分けやら入力は苦じゃないんだけど、家計に関するものはなぜか苦(笑)。それがどこから来るのか?をちょいと考えてみると、やはり、ここ10年近く罪悪感を覚えている喫煙:タバコ代を意識しなければならない、とか、ランチ代と称した私だけが恩恵を受けている項目とか、アルコールとか、そういうことなんだろうなぁ、と。

食材やその他に関しては、特に罪悪感があるわけでもなく、私は使い切る派なので、賞味期限が数日過ぎたものでも捨てない派なので、そそくさ使うため、どんなにエンゲル係数が高くなったとしても、長い目で見たら大したことはない!と言い切れる自信があるんだよなぁ。夕ご飯は4-5品を1000円くらいでなんとかやって3人分を提供できているのですが、問題は朝と昼。母にはたんぱく質をしっかり摂ってもらいたいので、計算外のたんぱく質重視の経費は掛かっているかもしれず、昨日なども「ホットサンドメーカー」があれば、きんぴらとかお肉とかも挟めていいのかな、などと、またもや余計な経費を掛けそうになる始末(笑)。

母のように物持ちになりたくない!というこだわりが強ければ強いほど、こうして家計簿をつけて、その似てしまった部分が詳らかになることが、非常にイヤなのかもしれないです。

が!ここで、ネガティブ面を太陽の下できっちり晒しておいて、改善しないとねぇ・・・。しかも、これが経営面の+になれば万々歳です。でないとまた次の引っ越しのときに、余計な経費(不用品回収業者・便利屋)が掛かることになるので、これを回避だ!要らないものを買おうとしたら、文字がきっと抑え込んでくれる(笑)。

保険やその他の管理も数字になったり、一覧になるとまた安堵の元になるので、これもいいよね・・・。お小遣い帳をつけていた12歳くらいまでと、アルバイトを始めて留学を決めてからつけていた貯蓄目標ノート以来、本格的な収支軸でがんばってみることに決めたので、本日と明日で、急ぎの仕事をすべてクリアにしたあと、3時間くらいかけてやってみます!

ネットで定期購入することに決めたビールとお米の他、ドリップバッグではなく、豆を使ってコーヒーマシンで淹れることにしたコーヒー。空気清浄機をもう1台新調と、壊れていた炊飯器の新しいモノ。これらを買い入れたあと、彼といっしょにいくつかの食器を買い足ししたあとは、お気に入りでずっと使えるキッチン道具を、1か月に1個増やしていく予定です!

がんばれるかな??← すでに自信なし(笑)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。