ブログ

性格の直したい部分

かなり多くの方々が誤解していますが、性格は変わります。性格というのは3部分に分かれており、それぞれ変わる度合が違います。

Temperament/preposition 気質 これは変わりにくいもので、生まれながらにして持っているものですが、刺激に過敏なのか普通なのか鈍感なのかが最初の問いです。他にもさまざまな研究がされていますが、変わりにくいものなので、ここから手を付けることはないかと思います。

4 common types of temperament 英語版

その極にあるものが、Characteristicsで、日本語に直してみると「特徴」となります。これらは、違ったタイミング・場所・場合・相手によってさまざまな形を見せるもので、細かなものです。

この2つの真ん中にあるものが Traitsと呼ばれるもので、日本語に直すと「特長」となり、かなり安定的でよく見られる傾向のことですね。

こういう仕組みなので、簡単に変えることができるのは、「特徴:Characteristics」の部分です。キャラを変えることはみなさんけっこう疑似的にもやってますよね?洋服を変えて別人気分になったり(コスプレとか?)、いつも行く居酒屋ではなくおしゃれなバーに行ってみるとか?普段の生活から逃れて贅沢な旅行や、ゆったりとした場所に移動してみるとか?普段やっていることを、性格と絡めて意識化してみれば、けっこう変形することは可能です。

ずっとやり続けていけば、それが Traitsへと変化します!

自分が気になるところや、誰かに指摘されたところなど、いろいろと改善の余地があるかと思います。自問自答してみてください:「これが私の望む最終版?最新進化型?」というように。

たとえば、私は誰かが誰かの悪口を言っているところにはなるべく参加しないようにしており、もしも話がそういう流れになった場合の決め事をしています。

・本人に直接言えることしか言わない

・打開策や対策をくっつけて話す

・一般論だとしても団体や国や文化などの塊については、個々人によって差がちゃんとあることをイチイチ明言する

そうすれば、人格破壊にもならないので自分の意見としてプレゼンできます。

ネガティブなことを一切言わないというのもなかなかできませんが、これにも決め事があって、たとえば、

疲れた→ 家に帰ったら対策しよう、的なことをちゃんと加える

やっちゃった→ 次回のための反省会を開いて、二度とやらないための対策を立てる

できない→ できたほうがいいことリストに入れるか入れないか検討する

など実施しています。微細ではありますが、少しずつ改善されてきたという自負はあります。ものすごくイヤな子だったという自覚もあり、本当に愚かだったという反省もあるので(笑)。なので、自分のことを自分でいつも好きでいるために、けっこうがんばってきた感はあります。誰かに好かれるために、ではなく、ですね。

誰かに好かれたいと思ったことは、恋以外ではないですし、恋であっても基本は、「相手が最高に幸せな気分をできるだけ長く、できるだけ多く感じることができますように」という願いが基本なので、私など必要じゃないことだってあるかもしれないと、部分的には諦めているところはあります(笑)。

性格はいくらでも改善できると信じている人は変えられますが、「三つ子の魂百まで」などと言い、自分から変える努力をしない人は変わらないままですね。

さて、あなたはどうしたいですか??

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。