ブログ

悲しいことに

2008/10/11にアップした文章です。

 

Mixiって思ったより時間が取られてしまうものですねぇ・・・。無料なのだし、これだけたくさんの人と繋がることができるチャンスがあるので、あまり不平不満を言ってはいけないのですが、けっこうな時間が閲覧するだけでもかかります。実際に、誰かが私と同じように、時間をかけて書き込みをしているものを見てみると、いい加減な書き込みなどできるわけもないので、やっぱりじっくり読んでしまうのです。しかも、私は活字中毒なので、時間が経つのを忘れてしまうのだった・・・。

 

今日は、朝10時過ぎから1レッスンが自宅であったのですが、それもサービス全開で、お昼ご飯を挟んで3時間にもなってしまい(笑)、そのあと、USに「もう留学していいじゃない!」とさっさと英語を中途に教えて、勉強法だけを教えた生徒さんと、スカイプで談合(いわゆる相談なのだけれども、もうお金を取っていないので、生徒さんというよりは友だちとして話している・・・←こういうことばかりやっているので、お金にはまったく繋がらないのだけれども、Big guy up there is watching me;神様が上から見ている、と信じているので、どうしても続けてやってしまう・・・)していたので、それにまたもや1時間掛かってしまい、またMixiを開けてみると、すでに書き込みをしてくれた方がいたので、コメントを書いてしまい、けっこう時間は過ぎていくのであった。

 

悲しいことに、としたタイトルは、私が手抜きをできないことや、活字中毒であることや、他にもたくさん時間を食ってしまうことをたくさんやってしまって、それでもまだ嘆くバカさ加減について、悲しいなぁと思うからなのです。が、それでもやめられない、というのが切なく悲しい。

 

Mixiを始めてみて、思いつくまま招待状を送って、なつかしい人と話ができたり(まぁ、メールではあるんですが)、知らない世界も見ることができたり(訪ねてきてくださった方々が参加しているコミュニティまで見ているんだよね・・・。それでまたもや時間がかかるのであった・・・)、いいことはたくさんあれど、こうして大人になると、時間がどんどん過ぎていってしまうのだ、と思うのだった。

 

小さい頃は、どうしてあんなに「早く大人になりたい」などとバカなことを望んでいたんだろうか?今、私が胸に抱いている夢は、「生涯学生」なのですが、それはやはり子どもの頃のような、お金や時間のことを極力考えないで、他人様に迷惑をさほど掛けない環境に帰りたい、と心から願っているからに過ぎないようです。でも、勉強だけしていればいいなんてことが、いかにラクだったか、あの頃は知らず・・・。

 

というわけで、もう次のレッスンに行く時間になってしまいました。今日の夜のレッスンは外の常勤の英語学校です。ごめんなさい。明日の朝はちゃんと書きます。がんばります。

 

個人的に、校長センセが、昨日もコメントをたくさんトライしてくださったのであろうと、記録でわかるのですが、どうして繋がらなかったのか・・・。私が秋バージョンのウサギデザインにしたのが悪かったのだろうか?ととても心配しているところです。が、いろいろ設定を調べてみましたが、特に悪かったところはなかったのです・・・。うーん、SeeSaaの不具合なのだろうか?

 

とても短いのですが、イッパイイッパイなので、今日はここまで♪

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。