ブログ

捨てる!捨てる!捨てる!

引っ越し週間が近づいています。目下審査中で、あと2日か3日でその結果がわかるのですが、もしも通れば、今住んでいる柴崎の一戸建てから、マンション形式の1階・2階を使える不思議な作り(アメリカでいうところのDuplexとかTriplexみたいな感じ)で、なんと!135平米もあるのです。

とはいえ、荷物は減らしたい。母は捨てるものをしっかり見極められるのか?というのが大問題で、管理せねばならず、レッスンの合間にどこまでできるのか?

だってねぇ、引越しを苦労してするのに、要らないであとから捨てるかもしれないものを運ぶってぇのは間尺に合わない・・・。(・・;)

キッチン用品もけっこう捨てる気満々で、私は少数精鋭にしたいのですが、母の Sentimental valueがある物品を棄てないようにしないと、とは心掛けています。とはいえ、昭和の頃から使っていたものは私が観てすぐにわかるので、たぶん大丈夫かと・・・。彼女はけっこうな浪費癖があったので、新しいものを取り入れては使わず、というのをしてきた人なので、たぶんそのへんは大丈夫だな・・・。

今回は、炊飯器も捨てる予定で、収納のためのさまざまなかごやら箪笥やらもいったん整理して捨てようよ、と提案しています。私個人としては、Walk-in-closetに慣れ切った暮らしをしてきたので、抽斗つきの箪笥のようなものよりは、ラック形式の外から可視化して取り出せるもののほうがずっとラクなのです。しかも、着ないかもしれないという危険性を回避できますし、猫たちが引き出したとしてもいいように、常に彼女には掃除をしてもらいたく・・・。

家事の中でそれなりに身体を動かしてくれないと、筋肉がどんどん衰えてしまうのです。今回の引越しは、彼女の認知症および筋肉を使わない暮らしを大改善するためのもので、いっしょに住んでくれている彼にももっと大きな部屋を、と思ってのこと。

私の部屋はどうでもよかったんですが、ラッキーなことに8畳が確保でき、母の和室も8畳で、彼には12畳を使ってもらえることになっています。倉庫にもできてしまうもうひとつ8畳のエリアがあり、そこはフローリングではなく、タイルのような床面になっています。3つトイレがあり、なぜ?とは思うんですが、玄関も2つあります。そのため、彼は荷物を減らさない気満々なのですが、荷物を減らさない限り別れる、というのは警告してあります(笑)。

掃除道具も最もシンプルな形にして、消耗品の在庫整理も簡単に可視化できるように並べられるようにして、無駄なものに囲まれないことが私の希望です。

これだけ複雑な世の中を、どうして複雑に生きる必要があるんでしょう?なるべくシンプルにして楽しく笑顔で居られて、余計な仕事を増やさないで行きたいじゃーないですか・・・。

私が捨てるべき衣類はさほど多くはないのですが、紙類がたくさんあります。ほぼ9割捨てられます(笑)。登記関連以外のものは捨てられるのですが、その整理がへたくそでどうしようもない・・・。消耗品を今、引越し前に増やさないようにケチケチ暮らしており、その代表が猫の缶詰とカリカリと猫砂なのです。けっこう場所を取るんだよな・・・。でも彼らには健やかに楽しく暮らしてもらいたいので、ケチケチはこれだけはしないようにと心掛けております。

次に導入したいものが、水道水から浄水できるシステムなんですが、浄水器そのものにしたほうがいいのか、ウォータースタンドにしたほうがいいのか、まだ研究中です。とはいえ、2021年はきっと通信費ももう少し安くなってくれそうなのでそれに期待。

そして、Precious One English Schoolの生徒さんが増えることを期待しながら、綿密に計画を立て、モノを買うことなく、身ぎれいにシンプルに暮らしていくための準備を、引越しをきっかけにしっかりとしたいと思います。がんばるぞい☆彡

______________

結果論として、このDuplexはダメになり、調布市布田の一戸建てになりました。浄水器は蛇口に直結しており、収納天国な造りです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。