ブログ

新しい部屋のデザイニング

まだ引っ越しをしていない段階であっても、配置図を頭の中で考えるのは楽しい(^^♪ しかも、今度の賃貸は、一軒家ではないのですが、Duplex-Triplexのような作りで、マンションとはちと違い、いびつな形の一棟に5世帯くらいが入るという不思議なところなのです。その1階と2階が我が家の振り当て分なのですが、なんと!135平米もあるのです。

まるでアメリカ生活に戻れたような気分ではありますが、少し狭いか・・・。

私が最後に住んでいたコンドミニアムでも、Livingは日本の18畳くらいはあり、Bedroomは22畳くらいはあったのです。Walk-in Closetには、日本のツインサイズのベッドが入るくらいでした。それでも毎月のローンは12万行かないくらいだったのですよね・・・。

今度のお家賃一軒家よりも下がるんですが、平米数は上がる・・・。ただ、ちょっとだけ古い。10年弱くらい。たぶん、一軒家よりも光熱費が安くなるんじゃないかと予想しております。

1階には15畳のLiving-DiningとKitchenなのですが、アイランドとは言えないけど、朝食などはそこで食べられるよ、という大きさのKitchenの前に棚つきのアイランド風の作りがあるのです。収納が多いので助かります。今度のところは食器洗い機もあるので、私の好きな家事をやる時間は減ります>皿洗い。

そして母が使う和室の対面にお風呂場とトイレがあるので、彼女の行動範囲が狭くなってしまった場合も安心なのです。今は、1階にお風呂場があるので、もう足腰が弱ってきた彼女にはたいへんなので、引っ越すことにしたのです。

そして、なんと!トイレがもう1つあり、前の人はどのように使っていたのか、玄関が2つあって、1つの入り口のほうにやはり8畳のフローリングがあるんですが、英語教室くらいなら開けるくらいの広さで、トイレもついているわけです。そこにいろいろな物品を置けるのですが、仕事場にしてもいいかな?などと思ったりもしています。私が起きているあいだは、母の隣にいたほうがいいし、寝るときに2階に上がるメリハリ感もいいし、彼の仕事が朝うんと早いので、遅くまで仕事をしていても音が気にならないと思うのです。現在、音出しが必要な仕事をするときには、ヘッドセットに切り替える必要があるんですが、そうなると要らないです。母はもう耳が聴こえていないので>補聴器は怠慢で着けないので。

2階にもトイレと洗面所がついているので、夜中のトイレなども問題ない感じです。私は8畳の和室なので、絨毯を敷く予定でいます。母の和室も絨毯をおそろいの色違いで買おうかと。彼のほうは12畳あるので、もう狭いと文句は言わないでほしい・・・。しかも物置にできるエリアもありますしね。

しかもリネンのための収納が1階の壁いっぱいについており、そこにはネコの缶詰も置けるし、洗剤類や掃除用具も入るので、本当にうれしいです。すっきり暮らせそうだ!

問題は光熱費なのですが、なんとかします(笑)。明日か明後日内見で、保証会社の審査が通ったので契約書捺印です。支払い厳しいぃぃ!(笑)

でも思い通りのデザインにして、シンプルに暮らすぞぉぉぉ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。