ブログ

日々をていねいに暮らす

日々をていねいに暮らしていくのは本当に難しい。Things to doのリストを作れるのはいいけれども、それを消していきたいために「やっつけ」にしてしまうことも多々あり。

たとえば、本日は祝日前の平日なのですが(2020年11月2日月曜日)、冷蔵庫の中身を引っ越しのために減らすことを主目的としてしまいそげな(笑)。もっとていねいに暮らすことが肝に銘じてあれば、副菜をしっかり整えてみたいと心から願うことも可能なのに、「やらねば」などと思ってしまうわけですよっ!元々家事には向いていないので、及第点くらいにはなっているとは思いますが、もっとていねいに暮らしていければ、「そうじゃないと気持ち悪い!」になると想像はできるんですよねぇ・・・。

新しい生徒さんも、コロナ禍のあとも英語基礎コースを開始してくださっていて、ありがたいことです。しかもうちのような弱小・零細スクールに到着してくれるということは、検索力があるということなので(広告は無料のものしか出していない現状)、考えることもしっかりあって、英語学習の方法についてもこれまであれこれ考えてきた方が多いのです。

なので、生徒さんたちにしっかり応えるために、慣れ親しんだ自分が作ったプログラムをいかにていねいに展開していけるか?ということを、いつも試されているこの仕事が、本当に好きです。「自分のことは後回しで」というのは、30年も前に死んだ父がよく言っていたことなので、無条件に踏襲してしまった感がありますが、まさしく、自分よりも他者を優先することができねば、私は私でいる資格がないような気がしています。なので、ゆとりを以っていつもできうる限りていねいに、というのをモットーに、少なくともレッスンでは体現したいと願いながら行っています。

(まぁ、外側から見れば、ステップを軽く流している風に見られることもままあり・・・自爆)

ネコと暮らしていて、ていねいに暮らさねばならぬ、という自分が決めたことを思い返す機会が多いことも倖せだなぁと思います。彼らは思いのほか清潔好きなので、トイレが汚れていることを許しませんし(完全に私が下僕状態・笑)、おなかが空いているタイミングでなければ、義務のように食べてかわいそうだなぁと思わせられることもありますし、寝ているときですらどのくらいリラックスできているのかで、私の器量が試されます。

しかも!今度来てもらえた保護猫出身の3匹の兄妹たちは、これまで一度も缶詰もカリカリも手を付けないことがないのです。残すこともない。びっくりするほどいい子なのですが、今後、これがきっとムラが出てくるはずなのですよね。それをまたよく観察して、考えていければ、ていねいに暮らしていく一環で、彼らもきっと前のネコたちのように長生きできるのではないかと思うのです。しかも、自分たちらしさを損なうことなく。

買い物は嫌いなのですが、やはりスーパーなどを歩いている最中に、冷蔵庫の中や食品庫の在庫などを洗いざらい思い出すことをきちんとして、ダブりや足りないことがないようにしていることも、けっこうなていねいの顕れかと思っています。賞味期限が過ぎることはほぼ(ゼロじゃないことが残念)ないですし、引っ越し前に余るようなものは、現在購入しておらず、本日もネコ缶とネコカリカリを購入したのですが、計算がことのほかうまく行ってほくそ笑んでいます(笑)。並べるときの気持ちよさ!私の場合、すでに日数を数えて、1日食す分をプランして缶詰を積み上げて小分けしますし、カリカリも小袋に分かれているものを1週間単位にして消費してもらうようにしています。でないと、彼らが太りすぎになってしまう可能性もあるので。

とはいえ、ものすごい勢いで運動会を開いているので、たぶんまだまだ大丈夫だと思うけど(笑)。

テキストやBlogなどの他、昨今、開眼させてもらえたのは、ICレコーダーの音読をオリジナルとして、私やEwaが吹き込むことをことのほか歓んでいただけています。これまで、インターネットハイウェイに星の数ほどあるものをお渡ししていたのですが、実際は、親近感がある私の声は心地いいみたいです。ていねいにやって、保存版になるようにしています。軽く1時間以上かかる作業だったりしますので。(・・;)

というわけで、日々をていねいに暮らすのは、けっこうたいへんと言えばたいへんなんですが、今後もこれが習慣になれば、またもっと洗練させていくことができるので、楽しくやっていこうと思います!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。