ブログ

本の選び方

大平

Precious One English School を調布駅前に、自宅マンションから移動し、拡張したときに決めたのは、「大きな本棚」を作りつけることでした。ほぼ6年経ち、1000冊ほどは埋まっていますが、まだ6倍くらいは入る感じで、他のところは書類や封筒などが置いてあります。これを全部埋めることが夢ですが、私のほうがKindle本に替えてしまったことがあり、なかなか単行本や文庫本を買わないようになってしまっています。とはいえ、年に20冊くらいと寄贈本があることや、問題集やら対策本があるので、100冊くらいずつは増えていることと思います。

 

本については、「英語基礎コース」で、1時間かけて読書を薦めたり、読書の効用やスピードを上げて、たくさん読み、情報処理ができるようにレッスンをします。

 

How to 本は、読書の中には入らない、と言っても過言ではないと考えています。教科書は、読むものではなく、理解するために解析するものであって、エンターテイメントからはかなり遠い。

 

本の種類を少し整理します。

 

図書館などで観られる分類と、書店で観られる分類は違うものです。

 

図書館

 

書店

1桁目
(販売対象)

2桁目
(発行形態)

34桁目
(内容)

0 一般
1 教養
2 実用
3 専門
4 検定教科書・消費税非課税品・その他
5 婦人
6 学参I(小中)
7 学参II(高校)
8 児童
9 雑誌扱い

0 単行本
1 文庫
2 新書
3 全集・双書
4 ムック・その他
5 事・辞典
6 図鑑
7 絵本
8 磁性媒体など
9 コミック

0 「総記」(大分類)
00 総記
01 百科事典
02 年鑑・雑誌
04 情報科学

1「哲学・宗教・心理学」(大分類)
10 哲学
11 心理(学)
12 倫理(学)
14 宗教
15 仏教
16 キリスト教

2「歴史・地理」(大分類)
20 歴史総記
21 日本歴史
22 外国歴史
23 伝記
25 地理
26 旅行

など

 

この書店に並んでいる「一般」「教養」が文芸書と呼ばれるものがメインで、「実用」「専門」「検定など」の部分が教科書。あとは、図書館の種類を鑑みた上で、出版社でも独自に分けている模様です。

 

メインの読書は、文芸作品であってほしい、と思うのが、脳をたくさん効率よく使うための「一石多鳥方式」を考えた上での結論で、教科書・検定用などは、必要に応じて、辞書などと同じように扱ってもいいのではないかと考えています。

 

少なくとも、24歳で真剣に学び始め、30歳で再び大学に戻り、バカだと思い込んできたのにけっこう頭がよく、それ以降ずっと「勉強と車かバイクかヘリコプターに乗る以外、取柄がない」と考えてきた私には、読書は賢くなるための大いなる情報源です。

 

ぶっちゃけ、1日6レッスンある日以外は、1日1冊は読みます。この読書量なので、図書館とKindle本に頼る以外、出費を抑える手がない感じです。 (・・;)

 

量がかなり読める私は、「著者ごと」に手に入るものはすべてつぶす!という形を取っています。たくさんの方々に「この本」と推薦していただくのではなく、「作家」をおススメいただいている状態です。著者歴にもよりますが、1か月から4か月以内にはすべて読み終わるので、次に行く感じです。

 

そうした意味では、Kindle本の古いもので、100冊や200冊で100円・200円で売っているものは、たいへんにありがたいし、次に読むものを迷う必要がないので、日々時間を節約している感じがします。

 

ここのところ、少しKindle本をセーブしているのです。なぜならば、「文庫本強化月間」として、たまに設けていかないと、Precious One English Schoolの本棚のレパートリーがなかなか増えないから(笑)。11月の終わりくらいから12月末までで、10冊ほど増やしました。寄贈本も数冊増えました。

 

TOEICの公式問題集が増えてもワクワクしないのに、文芸書が増えるとワクワクしますね(^^♪

 

そしてそのたびに、私は3-5年ほど読んでいない本をもう一度読み返してみるんですが、まぁ、記憶していえること!(笑)

 

まだまだこの脳、しっかり使っていけますぞい、とニヤニヤしながら、そそくさ読んでしまいます。

 

みなさんはどんな本の選び方をしていますか?本棚をぜひ見に来てくださいませ♪ <(_ _)>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。