コラム

気乗りしない話題をされた時の応答は?

文化的障壁の話としてまず考えると、ここは世界観・物事の考え方というのが大いに左右してくると思います。

お腹の中にあることをどの程度オープンに言えるかどうか?というのは、心理的には Self-disclosure:自己開示性と呼びます。これが高い人であれば気乗りしない話題を振られたも、率直な反応をするチョイスしかないんですが、これが低い人だとあれこれ悩んだり、ちょい高めでも文化についての知識の不安があると考えている場合は、どの程度まで言っていいのか?という問題になると思うんですね。

私は、日本で生まれ育ったわりに、アメリカ文化を知る前ですら、かなり言いたいことは言い切ってきたため、自分でも社会には不適合者だな、と査定し、15歳のときに会社勤めをしないことを決めました。以来、アルバイト・委託・期間限定派遣のみで食いつなぎ、その後、不動産転がし・家庭教師➡講師・経営と、本当にお勤めしてないです・・・。 (・・;)

なので、環境的にもかなり自由に「思ったことを率直にオープンに話す傾向が強い=Self-disclosureが高い」という結果になっています。

さて、英語圏の人々も多様性が高いので、確かにあまりにズケズケ言うのは考え物です。あ!私が常にズケズケ言うという宣言をしたわけじゃないです(笑)。考えながら、相手・場所・タイミング・機会において、適した範囲で話そうとはしています。

時々そう思わない人もいるかと思うんですが、まぁ、相手の感じ方や解釈がすべてでもないですしね・・・。

ふたつに分けて考えてみるといいと思います。

1.その人とは距離感を縮めたいので話したい➡今か、後程縮まってからか

2.今は断然言いたくない➡その話題を断る方向で

さて、1.の対処法としては、Self-disclosureが高い人の場合は、相手を大いに攻撃することなく、「なぜその話題?その質問?」と言ってみるといいかと思います。

  • That’s an interesting question. Why are you asking?
  • Why do you ask?
  • Why does this interest you?
  • Why would you like to know?
  • Do you have any experience with [this topic]?
  • Are you familiar with [this topic]?
  • Have you been to [this region of the world]?
  • Do you know anybody from [this region of the world]?
  • Do you know anybody [with this religion]?
  • Do you know anybody [in this profession]?
  • Why don’t you tell me about your experience with [this topic]?

私も日本に帰ってきて、なんでこの人に私の年齢を言わないといけないの??と思ったことは、最初の1か月のみで30回くらいありました(笑)。公的文書以外に必要なのか?と(笑)。お前は私の主治医になりたいのか?などと(笑)。まぁ、10年以上経って、今は面倒すぎるので自分から言ってますけど・・・。こんなに年食ってるのにけっこう老化していない証拠みたいなものなので、生徒さんに脳の老化をしないこと=とってもいいことなんだ、という説得力があるので。

そして、2.のきっぱり言いたくないときですが、私は言えますね、たいていの場合。

英語ではこんな感じです。I’d rather not say.

  • I’d prefer not to talk about that.
  • I’d rather not get into [this topic] at this event.
  • I’d prefer not to discuss this right now.
  • I’m sorry, that’s private.
  • That’s a little too personal.
  • That topic is too difficult to discuss at this moment.
  • That topic is too complicated to discuss at this moment.
  • That topic is too challenging to discuss at this moment.
  • That’s not appropriate to discuss here.
  • This isn’t a good time to talk about that.
  • This isn’t a good place to discuss that.
  • I try not to talk about my personal life at work.
  • It’s a really long story, and this isn’t the right time to share it.
  • I’m not interested in getting into that now.
  • I’m not interested in talking about that here.
  • This isn’t something I’m comfortable discussing.
  • I don’t feel comfortable talking about this right now.
  • I don’t feel comfortable talking about this here.
  • I don’t usually talk about this topic with people I don’t know well.
  • I would prefer to talk about another subject.

そして、ちょっとユーモアを混ぜて応えてみたいときは:

  • Shhhh… That’s a secret. [said with a smile]
  • If I told you, I’d have to kill you.
  • If only I knew…
  • That’s a very long story, and a lifetime wouldn’t be enough time to explain.

失礼でしょ!と思うときには;

  • That’s none of your business.
  • That’s really none of your business.
  • Your question is out of line.
  • That question is inappropriate for this conversation.
  • This is really none of your concern.
  • My personal life shouldn’t concern you.

ざらっと考えてみて、私はけっこう場と相手に合わせて言えてるなぁと自負しました(笑)。でもこれを暗記しないでほしい(笑)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。