ブログ

決断力が弱い自覚がある人がすぐさまできることは?

すぐさま、即効性があることは、選択肢を減らすことです。たくさんの選択肢があるとそれだけ迷いが生じます。ということは、持ち物そのものを少し減らしたほうがいいかもしれません。部屋の中をシンプルにすること、バッグの中身をしっかり整理すること、キッチンやお風呂場など見た後に在庫などもきっちり整理してみてください。それだけでも随分スッキリ感があります。

その後クセにしてみる考え方としては、様々な選択肢の中から選ぶという考え方ではなく、 2択ではなく、3択に変更してみることです。

世の中のほとんどのことは、Yes-No・明暗・善悪・高低などの二元から成り立っています。どちらか片一方を選ぶことは大変に難しいので、その度合いを考えるようにします。これが三択です。

例えば、ランチにたくさんメニューがあるとします。

まずは

ドリンクをつけるかつけないかは即断できますよね?

その後、

セット

単品

のセットを選んだとしても、ドリンク部分は決断しなくて済み、サラダやスープとドリンク、どちらがいいかは簡単に測れるようになります。単品を選んだとしても同じですね。もしもサラダやスープなどが欲しければ、セットのほうがオトクなわけですし・・・。

セットを選ぶときにもまだ3-12くらい選べるお店があったとします(けっこうあるよね・・・)。

肉・魚

ではなく、

  • ごはん
  • パン

の3種にしてみると、選ぶのが不思議とラクになります。

少しずつ狭めるために、そもそもの選択肢が少ないほうがラクなのはわかっていただけましたか?ですので、モノや人の整理をすぐさまやってみてください。

人に関してもこの時期は、年賀状やお年賀メールが来るので、整理しやすいかと思います。時間があれば、自分のメールボックスやFacebookで整理してみてください。2択ではなく、3択にし、その後、その下層部にまた3択を設けたほうが、気持ちはラクです。

これを続けていくと、けっこうな割合で決断が早く&速くなります。

私の場合、3月末から10月末までは半袖で、上着の厚みだけを選ぶことになっています(笑)。足元はずっとBirkenstockのMilanoなので、靴下を履くほど寒いか寒くないか、だけ。洋服に関しても、7-10の上着と3本のパンツを廻しているだけなので、選択肢がそもそもひどく少ないので、洗濯が終わっているものをすんなり選ぶ感じです(笑)。

ランチはYokoちゃんに任せる・・・(笑)。だって何でも食べられるんだもの(笑)。

やるべきことリストなども、午前・午後・夜などにしておくとラクで、時間の縛りをつけすぎるとやたらと苦しいです。

食事のメニューも特に決めるのが苦しいこともなく、単に冷凍庫と冷蔵庫を見てみるだけで、早く傷むものや購買日が早かったものを選ぶだけです。もしもメニューが浮かばなければ、ネットで材料を入れ込み検索するだけでOKだしね、昨今。

恋人や転職先などを選ぶときもさして変わらず・・・。

AさんとBさんだけではなく、ひとりを選ぶを3択にしたあと、コラムを3種にし、その1種類ずつの中に具体的な行動や場面を3つほど思い起こせば、きっと選べるようになります。

ABひとり
価値観 自由8040100
    食の大切さ508060
    愛情607040
自立度 家事509050
    経済力505020
 家族の複雑さ802050
趣味嗜好 映画
     旅行
     読書

などと入れていき、点数が高いのがいいと思うんですよね。頭の中で勝手にやっていると思うんですが、実際に書き落としてみると、いろいろなことが見えてくるし、客観視ができるようになると思うので、いくつかやってみるといいかと思います。そうすると、脳内で勝手にできる、最も自然なものが選べる、自分にフィットしたものが選べるようになるはずです!

他にもPro-Conリストなどやり方はさまざまありますので、興味がある方はぜひお問い合わせください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。