ブログ

無関心とは?

無関心:その事に関心・興味が乏しく、気にもかけないこと。

Apathy: a lack of feeling, emotion, interest, or concern about something. It is a state of indifference, or the suppression of emotions such as concern, excitement, motivation, or passion. An apathetic individual has an absence of interest in or concern about emotional, social, spiritual, philosophical, virtual, or physical life and the world.

無関心:何かに対する感情、感情、興味、または懸念の欠如。 それは無関心の状態、または懸念、興奮、動機、または情熱などの感情の抑制。 無関心な個人は、感情的、社会的、精神的、哲学的、仮想的、または物理的な生活や世界に関心や懸念を持っていない。

では、その原因とは何でしょうか?

いくつもの要因が重なって結果として引き起こされる結果ではあるし、今もその環境から脱け出せない、その認知を捨てられない状態が続いているということなんですが、自分である目標やチャレンジに達成するため、成功するために必要なスキルを持っていないと思い込んだり、経験し続けることで諦めてしまう、無力感(Learned helplessness)を学んでしまう、という蓄積ブツです。もうひとつの可能性としては、目標をそもそも持たず、チャレンジをしたことがない結果とも言えます。臆病すぎて手を出せない、ということですね。けれども、表面的には不安や恐怖や自信のなさを認めたくないために「無関心」というスタイルを取り、そうしたタイプでいようと選びます。

健常レベル・適応レベルの無関心は、すべての人々が体験することですし、何らかの形でかなりの頻度で直面します。失望・落胆によるダメージを負いたくない、ストレスはできるだけ避けたいという回避行動だったり、否定的な感情を呼び起こすことからは遠く在りたい。なぜならば昔あったひどい経験を思い出してしまうから、というものだったりもします。これらの場合は非常に「短期的」なものなので、英語で表したApathyとはなりません。賢く障害物を避けている、あるいは、疲れているときやキャパがないときには戦いを挑まない賢い姿勢ですらあります。

ただ、これが長期的になってしまうと??継続していき、頻度が何度にも積み重なっていき、自信のなさや回避・逃避がクセになり、定着します。それを「デフォルト」として受け止めていくようになるとどうなるか?人格や性格になってしまって、なかなかポジティブに取り組んでいくのが難しくなっていきます。難易度は回数と時間でどんどん増えていきそうです。

この無関心により、たくさんの生活分野に支障が出ることが多くなり、特に人間関係での円満や充実感が得にくいことになっていきます。それはつらいよ??普段の生活の中では、「逃げ癖」などと言いますが、「想定外どーんと来い!」「難しいからおもしろい!」くらいになると、無関心からどんどん遠ざかっていくことができます。

ステップとして何ができるか?は、本当に完全な無関心のご友人やご家族がいらっしゃる方はメールください。<(_ _)> カウンセリングも行っております!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。